何益红:私しか知られていない自分がした车の下だった

November 20 [Tue], 2012, 16:30

被乗用車(とも后に自分と李芬の場合、何益红思い出:「私だけを知っていた自分に下敷きになって车底の下だった。李芬、ぼくは、彼女がどこにあるのか分からない。私は知らなミュウミュウバッグいんじゃないかっても下敷き车の下に、知っていることもないんじゃないかって圧が私の体だ」と話した。記者の質問に答えて何益红、当时、彼女は车底の下で、人がいるかどうかをひいきだったのだろうか。答えは「何益红覚醒した」と話した。
救援者チョ淮南、赵丙军:私たちの救出初の女に続き、車の下では1人だった
山東山男赵丙军さんは、「事故の起きた后、私たちには五、六人一绪に駆けてきていただける见つけましたから、2人のうち1人が車の下に下敷きになって。最初は私だけを見てもそのうちの一つ女(李芬)にいたが、この女(李芬)れ、私はやっと発见して、彼女はもう一人でパーシーてきたが、彼女(何益红)の怪我でので、触れて二の足を踏んでいたので、みんなと一绪に力を入れて乗用車は彼セリーヌ ラゲージ女が(何益红)体をそらしただろう」と話した。彼は、「私まるのを、約10分間の車を利用して、無理手も怪我をしました。
別の救援者チョ淮南は「赵丙军かたしに車を担当责任を引きずっ人。彼らは自動車を担ぎ上げ後、は、最初の女(李芬)を引いた车底だんです。彼女を見て短いされるほかの女(何益红)で、腕がさえ骨片が発見された彼は、泥だった」と話した。
目撃者は、2人のうち1人王阿婆圧倒され、车底下
王阿婆事故付近の住民らも出てきて、正を連れて行かれた二人の孫は歩道の上で见て施工車両に水コンクリートだった。彼女は、「车を止めて暴走して最終的に2人が私の目の前で、圧倒され、车底下だ」と話した。
疑问4
「何益红のけ隣人」
のはどこから生じたのだろうか。
「楚天都市報」の記者ら高东起:私は今でもだ。果たして「推しなければならない
11月8日、楚天都市報が1面と内版で「暴走乗用車ジ・ソンハだか、それと云いながら隣人」というタイトルで報道した何益红義挙だ。
著者は高东探し出しからはインタビューで、「最初に読者が我々に何益红舘さんではありませんが、こんな話に報道された。私はこの文章の时はまだ上海には、直接電話であることを知っ何益红があることが明らかになっていた』のストーリー、そして知った直前、重症保つ保育器何益红と李芬が交信したということ。报前連絡李芬8批評を行ったことがあるかどうか確認の時、彼は、「確かに連絡したが、『なかった』李芬押し押しもよくわからない、という印象を曖昧な状態だ。」
李芬を与え、確認されなかった。それならばの一方的な主張だけを聞いては、なぜかは何益红のけ隣人」について、「登を出さなかっただろうか。これと関連して、高东からは「この記事のタイトル私じゃないからだ。
記者たちは思い付かなかったのは、という記者の質問に、「文章で描写の出所にいくつかの際、高东件について多くの细い点の真実性を否定:「私は上海に到着した後、事故現場で3回をまとめており、警察から一部の場合、例えば、当時李芬と何益红二人が一緒にが何十车底しか続かなかったのではなく、何益红一人だ」と話した。
義挙の真正性については、高东何益红学)は、「今もが疑われているかどうかは別にしなければならない。『に押し付けようとしている』と、事件現場のビデオを立証できるようもなエルメスハンドバッグい。それに瞬間の行為にして、ただ本能を立証できないことは何もない。当時、ふたりともに乗れば电気自転车でとなれば、それは実はが后ろの人してみよう、前の人が起こり得るどれほど効果も疑問を抱かざるを得ないのだ」と述べた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wtr198903032
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/wtr198903032/index1_0.rdf