陝西省凤翔現在の2千年前武

November 20 [Tue], 2012, 16:49
将汉墓という后汉时出土动兵器など約20件に過ぎなかった
記者がきのう、凤翔县遺物観光局の発表によると、「宝麟鉄道事業凤翔县範社寨段の発見に建っていた。今から2千年余りの古墳だ。墓葬モノグラムヴェルニショルダーバッグで出土し兵器、生活用品、小銭など陪葬品ここ20件だった。墓主によると考古者などから、一人である可能性があると身分の武将。
绍介によると、この墓葬から約7メートル、東西に向いている。墓葬はれんが構造は、墓道、長いや前室、后室と南北の側室で構成されていた十字の中には。墓葬経整理に出土1组の鉄甲)、引っかき鉄满と三柄は約112センチ、110センチと50センチの片刃の剣、互に甑、モノグラムトートバッグ鉄釜・冥かまどがそれぞれ1件、置物を1件、その他に発余り货物泉・五铢金などの金銅貨だ。また、一面が発見された直径約19センチの连休の弧あや銅鏡、銅鏡の裏に饰带纹を鑄洞「長生宜子」という四字銘文だった。
この墓葬年代古くて、それに水が溜まるで墓主の墓と骸をすべてすでに粉化は、墓葬メモリが一カ所に古盗掘の痕跡だったが、墓葬の陪葬品比較的无伤で保管されている。省考古学研究院の研究室主任、秦雍城漢の時代に生息隊長田亚岐」によると、墓葬の規格や出土器物を見れば、この墓葬は一般庶民の墓を生前に墓主しなければならないというのは、社会的地位だ。特に、出土された一部の兵器と推定される可能性がある墓主は一人の身分を汉の武将。
記事送稿まで明らかになった時、墓葬は依然として発掘のなかにあって、様々な疑惑はいまの考古者発掘が终了して解くことはできない。凤翔县遺物観光局副局長董书泰が確認されれば墓主記者に話したところは1名の汉の武将てくれれば、近年凤翔内を初めて発見汉の武将シャネルセールの墓、これを研究し、凤翔は歴史的な軍事的地位抜群の価値がある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:03037
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wtr03037/index1_0.rdf