結婚準備で大事なのは家探しと結婚式の準備

May 31 [Wed], 2017, 15:10
結婚する相手が決まり、いよいよ結婚準備を始めるのは
人生の中でも最も楽しい時期です。

ただ、二人の生活を始める上で
お互いの思い描いているモノが余りに異なると、いざ具体的な話になると、とんでもない行き違いが起こることもあります。

そんなトラブルが起こらないように、事前によく話し合っておきたいことがあります。

そのひとつが新居の問題!

いよいよ新婚生活を始めると言うとき、
どこに住むのかは非常に重要な問題です。

どちらかの親元に住むのか
二人だけの新居にするのか

新居に住むなら、場所はどこにするのか

新居の場所は、夫の通勤を優先するのか
妻の生活や子育てを優先するのか

などなど、非常に複雑で難しい問題がでてきます。

まあ、予算の問題もあるので、
駅や地域を決めたら、じっくり不動産会社などを回って気に入った物件を探すことになります。

新居の問題とは別に結婚式そのものの準備もあります
最近は手作り感を高めた結婚式をしたいと
新郎、新婦がカードを作ったり、デコレーションを考えたり、馴れそめのビデオを作ったりと、準備に手をかける人も増えています。

また、花嫁は自分自身の花嫁支度でてんてこ舞いかもしれません。
美肌に磨きをかけるためブライダルエステ通いは必須のようですから、費用やスケジュールを考えてサロン選びも始めないといけません。

8月9月10月に挙式を予定しているなら
お勧めのサロンがあります。

6月中に新規来店する花嫁にすてきなプレゼントがあるのが

ブライダルエステ専門店の「美4サロン」

美4サロン横浜 ブライダルエステ専門店」

6月1日〜6月末に来店すると
美白美容パックがプレゼントされる
花嫁応援キャンペーンを実施中

今がチャンスですね

低金利の今は住宅ローンを借り換えると総支払額を減らせるかも

November 22 [Fri], 2013, 21:58
自分の住み処を探しておられる方や、既に住宅を購入され住宅ローンを支払っておられる方には、現在の住宅ローン金利が気になっているのではありませんか。

と言うのもここ最近の長期金利がかなり下がっているからです。

住宅ローン金利は長期国債などの長期金利に連動することから、長期金利の低下で住宅ローン金利もかつて無いほどの低金利が提示されています。

さらに来年には実施される消費税の引き上げも住宅ローン金利の低下を促していると思われます。

消費税引き上げ前に大きな買い物をしてしまおうという消費者心理から、不動産購入が活発になっており、そんな利用者を取り込もうと住宅ローンを提供している金融機関が低金利競争に走っていることもその理由の一つです。


かつて無いこの住宅ローン金利の低下は既に住宅ローンを利用されている方にもメリットがあります。

住宅ローンの支払い途中でも金利の低い別の住宅ローンに借り換えをすることで、毎月の支払額を減らしたり、総支払額を少なくすることができるのです。

特に現在の超低金利を活かすなら長期固定型の住宅ローンに借り換えるのがお得!

そんな事情から今「フラット35」に借り換える方が増えています。
特にフラット35のシェアが3年連続第一位となっている「SBIモーゲージ」は、2013年9月に借り換え件数が過去最高になったと発表しました。

フラット35を提供している金融機関はたくさんあるのに、なぜ「SBIモーゲージ」がシェアNo.1なのか!?

それは、金利が業界最低水準であることと、保険料や繰り上げ返済手数料が無料であることがあるようです。

−>SBIモーゲージ フラット35 住宅ローン

あなたも住宅ローンを支払っているなら、低金利の今、長期固定型に借り換えることで総支払額を減らせるのはありませんか!

増税前に慌てて住宅購入して良いですか?

September 20 [Fri], 2013, 19:59
安倍首相はまだ10月1日に消費税アップするかどうかの意向を表明すると言われています。

大方の予想では当初予定通り来年4月から消費税を8%に増税すると見られています。

先の参議院議員選挙で自民党が圧勝したことや、2020年に東京オリンピックの開催が決まったことで、増税への環境はほぼ整ったと言えるでしょう。

消費税が引き上げられると日用品の買い物にも大きな負担があると言われますが、負担感を考えると数百円の買い物より高額商品の買い物の方が影響は大きいのです。

中でも一番影響を受けそうなのが住宅購入です。

なにしろ新築マンションや戸建て住宅なら数千万円という購入金額となるため、消費税だけで数十万円から百万円以上の負担となります。

5%から8%に引き上げられるだけで数十万円の差が出てきます。

それなら増税される前に購入してしまおうと考える人が多いようで、
いまマンションの契約数が急激に増えているそうです。

気持はわかりますが、本当に今購入するのが良いのか
ちょっと考えてみませんか。

参考になるサイトがありました。

−>増税時の《住宅購入》消費税アップに負けない〜賢い不動産探し

上記サイトでは、慌てて増税前に住宅購入するより、
本当に自分の希望する物件が見つかるまで、じっくり探した方が良いと訴えています。

その理由は、消費税アップ後に政府がいろいろな緩和策を用意しているからだと言います。

確かに住宅ローン減税が拡充されたり、すまい給付金の支給もあるそうです。

いま住宅購入を検討している人は参考になりそうです。

住宅購入の好機到来か

September 02 [Mon], 2013, 16:18
いろんな意味で住宅購入の好機が到来していると言われます

一つ目は住宅ローンの金利が低下していること
安倍首相によるアベノミクス政策でインフレが起こり、金利上昇圧力が掛かっています。

ところが長期金利はなぜか低下しており、住宅ローン金利も低下しています。

そしてもう一つが来年にも実施される見込みの消費税の増税です。
予定通りだと来年には3%上昇し、8%となります。

購入金額の高い不動産は3%の消費税増税でも出費金額はバカに出来ません。

そんな影響で増税前に住宅を購入してしまおうと一種の駆け込み需要が起こっているのです。



さて、住宅購入の好機が訪れてきたわけですが、今が買い時だとしても、明確な購入基準を設けずに住宅を購入するのはお勧めできません。

まずは自分が住宅に何を求めているのか、明確に確認し、住宅選定の基準を作成しましょう。
その上で、住宅をピックアップする作業を始めましょう。

何となくよさそうだとか、値段が安そうだからというだけで選んでしまうと、実際に住んでみると思わぬ不便を被ることがあります。


そんなあなたの住宅選びをサポートしてくれるのが、リクルートの住宅ナビ「スーモ」です。

スーモ(SUUMO)は
全国の住宅検索に対応住宅探しサイト
にも紹介されています。

もう少し地区をしぼって住宅を探すにも、スーモは役立ちます。たとえば、
首都圏で住宅探す検索サイト
なら、関東地区で自分の条件にあった住まいを見つけるサポートをしてくれます。

もちろん、新築一戸建てだけでなく、新築マンション、賃貸住宅、中古マンション、土地などあなたの希望条件にそって目的の住まいを簡単に見つけ出すことが出来ます。

リフォーム会社を探す機能もあるので住まいのどんな悩みにも答えてくれます♪

なぜか低下する住宅ローン金利

August 26 [Mon], 2013, 16:35
アベノミクス効果でデフレからインフレに物価の上昇が定着してきました。

インフレになると将来の物価上昇を見越して長期金利が上昇するのが常です。
実際、安倍首相がアベノミクス政策を打ち出してから日本の長期金利は上昇傾向を示しています。

通常、長期金利が上昇すると住宅ローン金利も上昇するもの
ところが、直近の大手金融機関の住宅ローン金利を見ると、短期の変動金利住宅ローンを中心に、金利を低下させている住宅ローンがあります。

これらの金融機関は思い切ったユーザー取り込み作戦に出ているのでしょう。
ちょうど、消費税増税前で駆け込み住宅購入を考えている施主にとってはうれしい取り組みでしょう。

良いこと尽くめですが、施主になるには注意も必要です
家を建てるのは一生に一度の一大事業。ほとんどの施主は初めてのことだらけ、百戦錬磨のハウスメーカー営業マンにかかれば、意に沿わない契約をしてしまったということにもなりかねません。

まずは、こんなページで営業マンの口車に乗らないように事前に勉強しておきましょう

参照:間違いだらけのハウスメーカー選び

さて、住宅を建てるのに、ハウスメーカーを選ぶ必要がありますが、あなたの住宅をどこに建てるのかによってメーカーもしぼられてきます。

大手のハウスメーカーから選ぶなら、全国に展開している
全国展開ハウスメーカーから選ぶのもいいでしょう。

また、地域別に
首都圏近畿東海
それぞれの地区で地元に密着しているハウスメーカーを選ぶもの悪くありません。

これらページで紹介している住宅検索サイトも上手く使うと便利です。

たとえば、リクルートのSUUMO(スーモ)では、住宅ローンのシュミレーションも出来、自分の年収や用意できる頭金から無理のないローン額が計算できます。

価格競争時代に入ったソーラーハウスはどう選ぶ

August 22 [Thu], 2013, 17:34
家を増改築する方や新築を考えている方にとって、いまやソーラーハウスを導入するかどうかは
第一に検討する項目になりました!!

すこし前までは、太陽光発電システムは導入価格が高すぎて
システムの初期投資価格を回収するのに、何十年もかかり、結局高い買い物になっていました。

ところが、政府による経済支援策と省エネ政策のおかげで、
ソーラーハウス(太陽光発電システム)の導入に対して、補助金や減税などが行われ
投資価格の回収も短期間に行えるようになりました。

太陽光発電システムへの補助金は、政府による補助金だけでなく地方自治体が実施していることも多く、東京のある区域では導入コストの約半分が補助金でまかなわれるところもあると言います

太陽光発電システムへの追い風はこれだけではありません!
政府は、電力会社の太陽光発電システムによって作られた電力の買い取り価格を、これまでよりも大幅に引き上げることを検討しています。

これにより、太陽光発電システムで昼間余った電力を電力会社に売って得られるお金が従来よりも倍増し、ソーラーハウスの導入コストをさらに早期に回収できることになりそうです!!

ますます、人気が高まりそうなソーラーハウスですが、
ハウスメーカーの中にはさらに、魅力的なキャンペーンを実施している会社があります
アイフルホームでは、
時期によりキャンペーンでかなり割引が実施されることがあります。

公的補助金などを含めるとソーラーハウス導入コストは浮いてしまいそうです♪

光熱費を削減できるエコ住宅はもう当たり前になってきた

August 19 [Mon], 2013, 17:16
日本では産業部門の二酸化炭素(CO2)排出は削減が進んでいるのに、民間部門の削減は進んでいません。環境省などが「チームマイナス5%」などの二酸化炭素排出削減キャンペーンを実施しているのは、そんな民間部門のCO2排出削減を狙っているんですね( ゚ー゚)

そうはいっても、普通に生活していると簡単に省エネができるわけではありません
暗くなれば照明はつけるし、寒くなれば暖房したくなります。また寒いときは洗面所でお湯を使いますし、夜になればお風呂に入ります。
日本人が普通に生活しているとどんどんエネルギーを消費してしまいます...ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!

こんな普通に生活していても、省エネできるという創エネハウスが研究されています

現在住宅用に開発されている多くの省エネ設備を組み合わせた住宅のようで、家庭用燃料電池システム『エネファーム』、太陽光発電システム、蓄電池システムなどの最先端システムが設置されていると言います。

この住宅、実際に人が住んでみて快適性を確認したり、どれくらい省エネになるのか実証実験するといいます。

これは、実証実験なので実用化はこれからですが、
既に販売されている住宅でも、省エネ性能が高いものあります。
たとえば、セキスイハイムの太陽光発電システムもその一つでしょう

すでに6万件の販売実績があるおひさまハイムは、太陽光発電搭載住宅の中でももっとも信頼できる住宅ですね
詳しくは積水化学工業(セキスイハイム)をご覧ください
太陽光発電システムを導入すると経済産業省の補助金が出るのもうれしい制度です。

真夏の今から冬のことを考えた住宅を考える

August 16 [Fri], 2013, 16:51
毎日うだるような暑さが続きますが、半年先には冷たい冬がやってきます。

住宅を探すときは真夏だけでなく、寒い冬のことも考えなければいけません。

省エネを考えると、なるべくエネルギーを消費しない暖房器具を選びたいですね
暖房器具の熱効率を比較すると、ヒートポンプを利用しているエアコンが最も効率が高いと言われています。
(参照:快適冬の暮らし

ところが、エアコンよりもさらに省エネな暖房設備があるのです。
それが、セキスイハイムが提供している「ウォームファクトリー」です。
ウォームファクトリーとは、深夜電力を利用した床下暖房機と床下空間と高気密住宅を一体化した住宅構造の暖房設備です。

省エネ性能が高いだけでなく、暖かさもエアコンや床暖房よりも高性能です。
一般にエアコンや床暖房は、一部の部屋を暖めるだけですが、ウォームファクトリーは住宅の床下全体に組み込まれた暖房設備のため、家全体が暖かくなります。

冬も暖かいセキスイハイムの詳細は
積水化学工業(セキスイハイム)をご覧ください。

住宅ローン金利が下がる時期は不動産購入には良い時期!

August 14 [Wed], 2013, 10:14
家探しにいい時期はあるのでしょうか!?

最近の金融不況で、会社の業績に不安がある人も多いでしょう
自分の給料も上がらないのに、大きな額の住宅ローンを抱えるのに不安を覚えるものです

しかしものは考えようです、こんな時期に住宅を購入する人は少なくなっています。逆にいえば、有利な条件で優良物件を入手できるチャンスでもあるのです。
今、不動産業界は住宅不況で青息吐息です、そのためマンションや戸建て住宅を大幅に値引きして何とか販売を確保しようとしています。

今まで手に入らなかった都心物件や優良物件が、お手頃な価格で購入できるチャンスでもあるのです。
何なら試しにチェックしてください、このページは日本全国に不動産ネットワークを持つ住宅県債サイトが紹介されています
  住宅検索全国対応リスト

さらに、これから販売予定の人気物件を予めチェックすることもできます
競争の激しい首都圏で優良物件を見つけるなら、このサイトで最新情報をゲットしてください
  首都圏中心住宅検索サイト

さて、住宅ローンに悩んでいるなら、長期固定ローンを基本に考えましょう。
詳しくはこのサイトで研究してください。
住宅ローン徹底比較

新築住宅でも在来工法で建てても良いはず

August 13 [Tue], 2013, 12:26
家を建てるとき、あまり考慮されないのですが
建築構造にも関心を持ちましょう。

日本では、在来工法と呼ばれる木造軸組工法があります。
この建築工法が、古くから使われ現在でも採用されるにはそれなりの理由があるからです。

日本の伝統的建築物である寺社仏閣は、木造建築です
地震大国の日本で、木造建築でこれだけ長期間、原形を留めているのは

伝統的建築工法の確かさを示しています。

その木造日本建築の良さを受け継いでいるのが、木造軸組工法です
在来工法を採用している大手ハウスメーカーには、次の通り
(参照:ハウスメーカー木造在来ランキング

さて、最新の建築基準法では地震対策にいろんな規制が出てきました
そんな、最新の耐震基準を満たすため、木造軸組工法を基本に
新たな工夫を施したハイブリッド工法を多くのハウスメーカーが開発しています。

アイフルホームは、木造軸組工法の良さを活かしながら接合強度の強化を図った、接合金物により構造材継手・仕口を構成するグランドスクラム構法を採用しています。

低価格で安定した品質を提供する、アイフルホームの詳細は
アイフルホーム評価に詳しいです