ジェネリックのメリット

October 09 [Tue], 2012, 9:06

医療関係者の中にはジェネリック医薬品を使用することを躊躇している人たちがいます。
このような人たちは新薬とジェネリックが同じものだと信用できないでいるのです。


一方で、医師が率先してジェネリック医薬品を使用することを宣言している病院もあります。
抗がん剤のタキソールの例です。

抗がん剤として静脈注射されるタキソールにはジェネリック医薬品が販売されています。
抗がん剤はがん治療の中で重要な役割を果たす薬ですから、本当に薬効があるものでなければ使用できません。
ジェネリック医薬品を使用しない理由はそこにあるのです。


ジェネリック医薬品であるバクリタキセルを使用することのメリットを考えてみましょう。
一つ目は一番のメリットとも言えますが、患者の薬剤費負担が低減できることです。

ジェネリックの薬価は半額以下になりますから、単純に考えても薬代が半分となるのです


抗がん剤の医薬品は通常の薬と違って、価格が非常に高くなっています。
1回の使用で4万円程度の薬剤費が必要なのです。


これが半額になるのですから、大きなメリットとなります。

それから、品質は新薬と変わらないと言うメリットです。

厚生労働省の品質基準をクリアしたものがジェネリックとして販売されているのですから、ジェネリックを信用できないと言うのは、根拠のないことなのです。



最後にバクリタキセルは世界で広く使用されていることです。
ジェネリックを使用する時でも、多くの実績があるものが使用される傾向にあります。

使用実績が信頼性となるのですね。

保険
保険は保障という面で大切な道具です。生命保険や医療保険などいろいろな種類がありますが自分のライフスタイルにあった保険医加入するのが大事ですよね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wsx
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wsx743/index1_0.rdf