2015年06月23日のつぶやき

June 24 [Wed], 2015, 0:00

上海に最新ブティックがオープン

June 23 [Tue], 2015, 18:59
ヴァシュロン・コンスタンタンブランドコピーは、浦東新区の上海証券取引所がある地域の中心地に位置する上海国金中心商場(IFC)に最新ブティックをオープンさせました。この機会に、メゾンで今もなお綴られているメティエ・ダールコレクションの伝説のページに、新たに"The Legend of the Chinese Zodiac – Horse"(中国干支の伝説―2014午年)が加わりました。

ヴァシュロン・コンスタンタンは初めて上海の浦東地域に入り、中国でのマニュファクチュールとしての存在感をさらに高めるという世界で展開するもう一つのマイルストーンを設定しました。ウブロブランドコピー激安販売最新のブティックは、上海IFCモールの1階にある150平方メートルの販売スペース内に設けられ、腕時計の愛好家やコレクターを温かくお迎えする空間となっています。ヴァシュロン・コンスタンタンアジア太平洋地域マネージングディレクターのジュリアン・トルナーレは、「新しいブティックは、浦東地区で名高いランドマークの上海国金中心商場にあり、当ブランドの長い歴史の中でひとつのマイルストーンとなっています。精巧な高級腕時計を愛するコレクターや鑑定家の皆様に大いにお楽しみいただける新たなスペースとしてご用意しました」とコメントしています。

このグランドオープンを記念し、ヴァシュロン・コンスタンタンで今もなお綴られているメティエ・ダールコレクションの伝説のページに、新たに"The Legend of the Chinese Zodiac – Horse"(中国干支の伝説―2014年午年)が加わり、インスピレーションを求める方向は東洋の文化に向けられています。ロレックスコピーブランドN級品文字盤の中央には、サファイアクリスタルの上を駆け抜けんばかりの馬(午)が美しくあしらわれています。切り紙細工、すなわち剪紙の原則に従って象られた中国の黄道帯の動物たちは、紙を残した部分とカットした部分を活かして見事な芸術性を打ち出しています。これは非常に難しい技術ですが、ヴァシュロン・コンスタンタンは経験豊かな職人のスキルによって時計製造分野に取り入れることができました。なお、キャリバー2460 G4は、針を使わずに時刻を表示します。代わりに4つの窓があり、それぞれが時、分、曜日、日付を示す構造で、装飾的なアートを存分に施すことができるというメリットがあります。

スーパーコピー 新作腕時計:http://wshopjp34.269g.net

2015年06月22日のつぶやき

June 23 [Tue], 2015, 0:00

復活の象徴

June 22 [Mon], 2015, 17:11
ランゲ1は1994年10月24日に初披露されて以来、名門ブランド「 A.ランゲ&ゾーネブランドコピー」の再生を体現するモデルとして現在に至っています。伝統的な懐中時計の要素と革新技術を巧みに融合したこの時計は、ドイツのザクセン州で世界最高の時計を製作するという気概を象徴するものです。発表されてから現在までの20年間、ランゲ1シリーズは常にブランドの顔として根強い支持を受けています。

ドイツ製品のデザインの特徴を端的に表わす言葉と言えば、直線的、機能的、効率的の三語に尽きます。しかし、完璧なフォルムを追求するうえでそれ以上に大切なのは、情熱です。それ以外に、バルセロナチェア、ブラウン製ラジオ、あるいはポルシェ911のような時代を先取りしたデザインが、何十年を経た今もなお人々の心を惹きつけて止まないという事実を説明する言葉はありません。ブルガリスーパーコピー専門店これらのデザインの多くは発表当時、評価が賛否両論に分かれましたが、最終的には新しいスタイルとして受容され定着していきました。ランゲ1もそんなデザインの一つです。ランゲ1が1994年10月24日に発表されるや否や、オフセンターのダイヤル、72時間のパワーリザーブおよび世界初のアウトサイズデイトを標準搭載した腕時計として注目を集めました。その斬新なデザインゆえに、まずは外観を見慣れることが必要であったにも関わらず、高度なメカニズムと職人の技でコニサーやコレクターをも魅了することになったのです。

それから20年後の今、ランゲ1は他の追随を許さない印象的なデザインで、時代を超越した新しいスタイルを提案する時計の模範的存在となっています。ランゲ1の仕様は現在でもほぼ当時のままですが、ランゲ1の世界にこの20年間まったく変化がなかったという訳ではありません。IWCスーパーコピー激安販売それどころかランゲ1は根強い人気に支えられ、多様なケース直径と手巻き式あるいは自動巻き式の15モデルを擁するランゲ1シリーズを率いる筆頭モデルとして定着しています。さらにムーンフェイズ表示、第二時間帯あるいはトゥールビヨンと永久カレンダーのコンビネーションなど魅力的な機能を搭載したモデルも登場し、ますます多様になる一方です。特別モデルや限定モデルは稀少モデルとしてコレクターの羨望の的となり、オークションでは常に最高値で落札されています。
発表20周年を機に、これからも心躍るページを追加していくであろうランゲ1のサクセスストーリーを振り返ります。

スーパーコピーブランド激安販売専門店:http://blog.goo.ne.jp/wshopjp

2015年06月20日のつぶやき

June 21 [Sun], 2015, 0:00

メキシコ ブティックが華々しくオープン

June 20 [Sat], 2015, 20:13
11月17日、ジャガー・ルクルトはメキシコシティの高級地区ポランコでの新ブティックオープンを祝して、華やかなパーティーを開催しました。
オープニングセレモニーでは、ブティックのファサードにスペシャル3Dムービーを映写。この映像は、1833年のブランド創設以降、高級時計業界でジャガールクルトコピー時計の存在感を際立たせてきたその発明力とクリエイティビティのスピリットを忠実に再現したもので、創設以降マニュファクチュールの本拠地であり続けているジュウ渓谷の雪深い景色へとゲストの皆様をいざないました。 映像の旅はアントワーヌ・ルクルトによるブランド創設から始まり、アイコン的レベルソをはじめ、デュオメトル、マスター・グランド・トラディション・グランド・コンプリケーション、そして驚異的なジャイロトゥールビヨンといった一部のハイコンプリケーションなど、ブランドを象徴する作品を次々と紹介。 また、エクストリーム・ラボ2やアストンマーティンとのパートナーシップで設計された魅力的な腕時計AMVOX DBSなど、よりスポーティーでハイテクノロジーを誇る時計を通じて、ジャガー・ルクルトの発明性を披露しました。 時間と歴史を巡るこの旅は、ジャガー・ルクルトのクリエーションを長く愛用しているダイアン・クルーガーやクライヴ・オーウェンといった世界的に高く評価されているアーティストが、ブティックのファサードに登場するという演出で幕を閉じました。

石段を1つ1つ上がっていくように、こうしたすべての要素と175年以上を誇る伝統と発明の歴史により、ジャガー・ルクルトの名は高級時計のなかでも最も評価の高いブランドのひとつとして確立されました。 その歴史が今、メキシコでも受け継がれます。この日のためにスイスのル・サンティエから駆けつけたジャガー・ルクルトCEO、ジェローム・ランベールはゲストの皆様をお迎えし、こう述べました。オメガコピーブランド専門店 「このメキシコのブティックは、偶然生まれたのではありません。 メキシコでは、ジャガー・ルクルトを愛用してくださるお客様が年々増えており、私たちのブランドがこの国で成功を遂げていることからも、メキシコシティのこの場所にブティックをオープンすることはごく自然なことです。 そして、常に一歩先を進んでいるジャガー・ルクルトが、高級時計ブランドとして初めてメキシコに店舗を構えることは、別段驚くことでもありません。」

そして、テープカットにはジェローム・ランベールとともに、メキシコ人女優ハルディ・ミッチェルとその夫であり国際的なサッカー選手であるラファ・マルケス、そして、ジャガー・ルクルトのラテンアメリカ及びカリブ海地域のマネジング・ディレクターのフランク・フヘル氏によって行われました。ハルディ・ミッチェルはスノーセッティングがふんだんに施されたレベルソを身につけ、ラファ・マルケスはマスター・コンプレッサー・クロノグラフを身につけての登場となりました。その後、ゲストの皆様をブティック内にお招きし、マニュファクチュールの卓越したノウハウを堪能していただきました。 ブルガリスーパーコピー販売ブティック内では、マニュファクチュールのチャレンジ精神を投影し単独で開発したジャイロトゥールビヨン 1、力強くピュアな音が美しいハイブリス・メカニカ・グラン・ソヌリ、そしてジュワイアリー・リヴィエール 101、 マスター・トゥールビヨン・シャイニー・ナイト、マスター・トゥインクリング・ダイヤモンド、優美なハイジュエリーモデルの数々など、ジャガー・ルクルトが誇る類まれなるタイムピースのコレクションをご覧いただきました。
また、熟練の時計技師がこうしたマスターピースの複雑なメカニズムについて詳細を披露しました。 ジャガー・ルクルトの妥協しないクオリティーとクラフトマンシップを間近でご覧頂き、ゲストの皆様には最高の時間をお過ごしいただけたことと思います。

スーパーコピー 新作腕時計専門店:http://wshopjp.seesaa.net

2015年06月19日のつぶやき

June 20 [Sat], 2015, 0:00

ゴルフアンバサダーのイアン・ポールターが オーデマ ピゲ マニュファクチュールを訪問

June 19 [Fri], 2015, 18:17
細部にまでこだわりを持ち、一切の妥協を許さないゴルフスタイルで知られるイアン・ポールターは、小さなパーツ類を根気よく丹念に組み立てていく時計職人の高い技術力と情熱を目の当たりにし感動していました。ル・ブラッシュ、2015年1月28日‐オーデマピゲブランドコピー腕時計のゴルフアンバサダーであり、機械式時計を愛するイアン・ポールターが1月上旬、オーデマ ピゲ誕生の地、スイスのル・ブラッシュを訪れました。

140年前、オーデマ ピゲの創業者たちがジュウ渓谷にマニュファクチュールを創設した時に経験した厳しい気候を想わせるような雪の降る日、イアン・ポールターははじめて、このブランドの豊かな歴史と伝統に直接触れる機会を得ました。ジェイコブスーパーコピー時計彼はオーデマ ピゲが達成した世界初のさまざまな機構やコンプリケーションウォッチについて知識を深めただけではなく、プライベートミュージアム(オーデマ ピゲ博物館)や修復アトリエも訪問し、数々の資料が世紀を超えて大切に守られ、保存されてきたことにポールターは大きな感銘を受けていました。

細部にまでこだわりを持ち、一切の妥協を許さないゴルフスタイルで知られるイアン・ポールターは、小さなパーツ類を根気よく丹念に組み立てていく時計職人の高い技術力と情熱を目の当たりにし感動していました。リシャールミルコピー専売店彼はまた今年のSIHHで紹介されたニューモデルを身に着けて楽しむ一方で、ムーブメントの組立にも挑戦し、信じられないほどの集中力を発揮してそれを見事に成功させました。オーデマ ピゲは、ブランド哲学である「To break the rules, you must first master them」を具現するイアン・ポールターをゴルフアンバサダーのドリームチームに迎え入れたことを誇りに思っています。自由で独立した精神をごく自然に持ったイアン・ポールターは、独特なファッションセンスでも知られ、出会う人に常に強い印象を与えます。スイスに滞在中、彼は直径44mm、フォージドカーボン製ケースのロイヤル オーク オフショア・クロノグラフを愛用していました。

スーパーコピーブランド販売:https://plaza.rakuten.co.jp/wshopjp

2015年06月18日のつぶやき

June 19 [Fri], 2015, 0:00

セバスチャン・オジェがタグ・ホイヤーと共にモナコでのポルシェ・スーパーカップに登場

June 18 [Thu], 2015, 18:25
現在、世界ラリー選手権(WRC)でトップに立つ、タグホイヤースーパーコピーのアンバサダー、セバスチャン・オジェがF1モナコ・グランプリの間に開催されるポルシェ・スーパーカップのモナコ・ラウンドに出場します。このフランス人ドライバーは、今回のレースのために特別なカラーリングが施されたカップカーを駆り、「タグ・ホイヤー カレラ」のタイムピースとクロノグラフのコレクション誕生50周年を祝います。当時すでにタグ・ホイヤーがスポンサーとなっていた同じレースでミカ・ハッキネンが戦った20年後、今度はラリードライバーのオジェが、2011年からアンバサダーを務める長年のパートナー、タグ・ホイヤーの支援を受けて、モナコでのレースに挑みます。

「サーキットでのレースを走るためにモナコに来れたことを嬉しく思います。WRCシーズン中のいい気分転換になります。この私に、60年代、そしてポップアートにインスパイアされた、とても個性的なカラーリングが施されたポルシェのアイコン「カレラ」で50周年を祝う機会を与えてくれるなんて!今回のプロジェクトで私を支えてくれているパートナーのタグ・ホイヤーとレッドブルに感謝の気持ちでいっぱいです」とセバスチャン・オジェは語っています。カルティエコピーN級品販売2013年を通して、タグ・ホイヤーは、伝説のレース、ラ・カレラ・パンアメリカーナへのトリビュートとして1963年に誕生したタイムピース、「カレラ」の節目を祝っています。そして、タグ・ホイヤーが、現在、サポートを行っているモナコ・グランプリも伝説的カーレースという点では決して引けを取りません!2011年からこのグランプリとモナコ自動車クラブのオフィシャルパートナーを務めるタグ・ホイヤーは、レースコースで際立つ存在感を示すだけでなく、そのロゴがボーダフォン・マクラーレン・メルセデス チームのマシン、ドライバーのジェンソン・バトンやセルジオ・ペレス、さらにはF1ロータス チームのドライバーでフランスとスイスの二重国籍を持つロマン・グロージャンのレーシングスーツを飾っています。

「2013年のモナコ・グランプリは、私たちにとって、スタイリッシュな「カレラ」の50周年を祝う素晴らしい機会になり、ポルシェ・スーパーカップにセバスチャン・オジェを迎えることができたことを大変嬉しく思っています。シャネルコピー通販専門店私たちは今年のコミュニケーションテーマが確実に伝わるよう彼のカップカーのカラーリングに共同で取り組みました」と語るのは、タグ・ホイヤーの代表取締役兼CEOジャン-クリストフ・ババンです。モナコ・グランプリのそれぞれのカテゴリーで少なくとも1名のドライバー(フォーミュラ・ルノー3.5はケビン・マグヌッセン、GP2はフェリペ・ネイサール)が出走することになり、タグ・ホイヤーは、1969年にジョー・シフェールと契約を交わして以来、ドライバーやチームのパートナーであり続けてきたウォッチブランドとして、カーレースにおけるその存在が歴史的に正統であることを今回もまた示すことができます。

超人気スーパーコピーブランド販売:http://blog.livedoor.jp/wshopjp
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wshopjp/index1_0.rdf