斎藤だけど境

December 09 [Fri], 2016, 10:56
全国において、看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。公務員看護師は給料のアップ率も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しているのです。準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。



看護師が上手く転職するためには、未来のことを考えて迅速に行動を起こす必要があります。

そして、どんな条件を重要視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。



将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに合致した転職先の情報をちょっとずつ集めてください。年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件もピックアップしておきましょう。

現代は高齢化が進んで、福祉施設であっても看護師のニーズは増してきているのです。

それだけでなく、大きな会社になると看護師は医務室にもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを手がけています。こういったケースは、その企業の社員として入社するといったこともあるようです。看護師の夜勤は、16時間などの長時間勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。月に8回までと国の指針では定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。勤めている病院の勤務シフトによっては、規則的な生活ができなくなったり、過労になりやすいのも、看護師が長続きしない理由の一部と思われます。



修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。

結婚していて、子供がいたりする人は土日に休むことができたり、夜勤がない職場を希望しているものです。
病院ではないところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。


看護師となるための国家試験は、年に1度催されます。看護師の人数の不足が問題視されているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を持ち続けています。看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格できる国家試験です。看護師の勤め先といえば、病院という考えが一般的でしょう。

しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院の他にも色々とあります。

保健所において保健師と連携し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の役目です。

それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。

看護士を目指す理由は本当にどんなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを交えるとイメージが良くなります。
転職の理由は今までに培ったスキルを活かしたい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。



前の職場の批判や陰口は言わないようにしましょう。


看護士の求人情報は何件もありますが、希望と一致する条件の求人があるとは限らないものです。看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。なるべく給料が高くて、職場環境が良く、夜勤の必要がない勤務先に就職したいとほとんどの方が思っています。希望に合う勤め先に転職するためには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。
看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊である上に職場によっても異なってきます。一般に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているという病院が大半です。

約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を取り入れている病院が多いです。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方が人気があります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リョウタ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる