プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wrveccywjrfcub
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
銘柄パトロール(3):グリー、KOA、関西ペイント、日本ペイントなど / 2010年07月23日(金)
 グリー <3632> 6900 +500
 反発。モルガン・スタンレーMUFG証券は、同社の投資判断を従来の「Equal−weight」から「Overweight」へ、目標株価は5600円を1万円へ、それぞれ引き上げた。10年6月期の業績は日経新聞の観測記事と大きく乖離しない営業利益195億円程度での着地を予想するという。実績面でのサプライズは期待できないそうだ。しかし、6月に導入された新ゲームとオープン・プラットフォーム化によって4−5月に250−260億だったPVは6月に300億、7月には400億、その後数ヶ月以内に750億程度まで拡大する可能性を見込めると指摘。

 KOA <6999> 904 +55
 反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティングを従来の「2」から「1」へ、今後6〜12ヶ月の目標株価は1180円を1200円へ、それぞれ引き上げた。7月21日に会社側がリリースした11年3月期1Q業績予想修正の内容を踏まえ、11年3月期以降の利益予想を上方修正するという。プロダクトミックスの改善に加え、生産性改善効果が計画以上に進んでいる可能性があるそうだ。

 関西ペイント <4613> 733 +19
 6日ぶりに反発。みずほ証券は、同社の投資判断「アウトパフォーム」、目標株価980円で新規カバレッジを開始。同社はインドにおける建築塗料と自動車塗料で高収益を挙げており、インドでの成功は化学セクターの中でも出色であるという。また、インド以外のアジア各国においても自動車塗料で高シェアを獲得しているとも。みずほは、同社がアジア各国の自動車市場発展の恩恵を享受できるとみており、アジア、とりわけインドでの高い成長性を評価しているという。

 日本ペイント <4612> 510 +5
 6日ぶりに反発。みずほ証券は、同社の投資判断「アウトパフォーム」、目標株価670円で新規カバレッジを開始した。同社は中国でもっとも成功した塗料メーカーのひとつで、とりわけ建築用塗料では、ブランド力確立により高い利益率を確保しているという。今後の中国の経済成長を業績拡大に結び付けられる企業として、みずほでは注目しているそうだ。

 鹿島建設 <1812> 207 +3
 小幅続伸。ドイツ証券は、同社の投資評価「Hold」、目標株価 200 円でカバレッジを開始。同社には、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ地下鉄工事の損失支払いをスポンサー会社の大林組 <1802> に対し拒否していることやアルジェリア高速道路の問題などが残っているという。従って、同社は優良な賃貸不動産を数多く保有しているが、その価値を目標株価に織り込むことが困難であるため投資評価は「Hold」とするそうだ。

 清水建設 <1803> 331 +8
 続伸。ドイツ証券は、同社の新規カバレッジを投資評価「Hold」、目標株価 340円で開始。前期に海外工事における損失処理を行い、今期以降利益レベルは正常化するとみているという。アラブ首長国連邦(UAE)のナキール社からの未収入金に対しては回収リスクがあるが、同社にとって大きな問題とは考えられないため「Hold」とするそうだ。

 大林組 <1802> 381 +15
 続伸。ドイツ証券は、同社の新規カバレッジを投資評価「Buy」、目標株価 500円で開始。同社は前期にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ交通局から受注した地下鉄工事で巨額損失を計上。しかし、今後の大幅な損失計上リスクは小さいと考えるという。短期業績も安定期に入るとみられ、通常の経済環境下であれば、最低でも 200億円レベルの営業利益が期待できることに加え、多額の有価証券および賃貸用不動産の価値を考慮し、投資評価を「Buy」とするそうだ。

 大成建設 <1801> 176 +3
 6日ぶりに反発。ドイツ証券は、同社の新規カバレッジを投資評価「Hold」、目標株価 165 円で開始した。民間設備投資の底打ちにより、同社業績は回復局面にあると考えているそうだ。しかし、アルジェリアの高速道路工事における追加損失の可能性およびアラブ首長国連邦(UAE)の不動産大手ナキール社からの未収入金の回収などの懸念要因があるため「Hold」とするという。

 理ビタミン <4526> 2540 ±0
 23日9時、乾燥カットわかめ商品の一部について、自主回収すると発表。鳴門産わかめ原料納入業者の一社が提出していた原材料加工に関する加工履歴書の内容の真実性について事実確認ができず、又同社の鳴門産わかめ原料の原産地についても確認ができない事実が判明したという。(編集担当:佐藤弘)

【7月23日17時2分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100723-00000064-scn-biz
 
   
Posted at 17:44/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!