自己満足 

2005年11月18日(金) 3時52分
人を助ける・・・良い行為ですね。しかし助けることによって自分の自己満足感を
得ているのではないか・・・。
例えば募金をする。そこにはかわいそうだといった感情がある。
その哀れみこそが自分が優位に立っていることから出る感情。
自分がより上に立場に立っているから哀れみが存在するんですよ。
私自身はそれが許せない。自分が偽善・自己満足・優越感の塊・・・
それで今までの人生を生きてきた、故に許せない。

かわいそう?そこには哀れみの感情はないのか?あるだろう。
ない人なんてごくごく一部。
かわいそうっていうのは自分が恵まれた立場にいるから沸いてくる感情。
私にはそれすら許せない。
哀れみ行動することで確かに救われ助かる命もたくさんあるがそれと同時に自分の自己満足のための行動とも言える。

なんで人を助けたい?苦しむのを見たくない。
ではそこには他人をみく出す優越感があるんじゃないか?
助けるという行動に、自己満足がかかわらないことなんてほぼない。
それでも困っている人を見ると助けたくなる。矛盾ですね。

この考え自体が傲慢。他人にとっては不条理であり不快である考え方。
しかし私はこのように考えるんですよ。人はそれぞれ考え方は違う。
故に人の考え方を否定するつもりもないし、そのまま当てはめることもない。
ま、こんな考え方もあるということです。

日常 

2005年10月31日(月) 16時34分
毎日変わった事もなく無為に過ぎていく。
それは自分が変化しようとしないから、見つけようとしないからなんでしょうね。
そして日常に耐え切れず薬を飲む。

リアルもネットも私にとっては同義。リアルだと割り切ることができなくて
結局自分に負担がかかる。ストレスは私を蝕んでゆく。
私は一体何なのか、本当の人格(私)はどれなのか・・・
そして今日も一日を過ごす。

昨日書いたとおり自分と向き合って、怠惰な自分を叱咤して
高校時代に不完全になっていた勉学、やり直しますよ。
集中できるものがないと私は私自身の存在を許すことができませんから。
勉強とネットの両立、比率にして7:3ぐらいで生活かな。

自己考察もどき 

2005年10月29日(土) 23時48分
自分のことについて考えてみた。
自分は何がしたかったのか、何がしたいのか・・・
心の奥をのぞいて建前と本音と対話してみる。
自分の醜さ・汚さ・エゴと真正面から向き合いながら。

結論:人から認めてもらいたいんだろう。
しかし悲しいかな、自分自身が矛盾の中で生きている。
それも複雑に絡み合って自分でもどうしようもないくらい・・・。

友達いわく「考えすぎ!」だそうですwぶっちゃけそうなんですかね
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wrong_path
読者になる
Yapme!一覧
読者になる