否定や嫉妬と、憧れや好き。

January 31 [Tue], 2017, 22:43



※この記事は、恐らく偏見を持たれるようなことばかりを描いています。
それでもよければ…。




ずっとね、
母親の方から私のことを一人の女として見てくる→嫌だ。変えて欲しい。
って思ってたけど、
私だって、母親のことを一人の女として見てる。


ここまでは確か、昨日か一昨日に書いた気がするけど、『一人の女として見る』の中にも色々な感情があることに気づいた。


女として、だったら
・私よりも可愛くてずるい(嫉妬)
・親よりも可愛くなりたい(憧れ、自己否定)
・あんな女にはなりたくない(親を否定)
・めっちゃ可愛い。惚れる…(私には同性愛の気があると感じているのでそういう意味で)(最高級の矛盾)


親として、だったら
・彼氏ばっかりじゃなくて私にも構ってよ、私とも遊んでよ。
・あんな親にはなりたくない→とはいえ、同じ血が流れてるわけだから、きっと私も同じことをしてしまう→だったら死んでも結婚したくない、子どもいらない→結婚なんて気持ち悪い。


また、同じ相手を好きになった過去に関しては、一応私の初彼だったので、私の方から振ったとは言え、その後親と付き合うなんて…。男なんてわからんねえ。→男とは付き合いたくない→女の子がいいな♪


こんなのきっと、おかしいよね。
割り切れよ、って思うよね。
せめて、その男に関してはさ。
でも割り切れない。
まだ好き、とかそういうわけではない。


そして、親より可愛くなりたいと思うことに関して。
私のフィルター補正で、より可愛く見えている部分もあるかもしれないけど、母親は第三者から見ても可愛いと思う。


私が小さい頃はどっちかといえば「美人系」だったけど、私が入院している間に、風邪を引いて、治ったら何故か二重になってたらしく。
そのせいなのか、今はどっちかといえば「可愛い系」だと思う。
流行りの美魔女とか、そういうタイプでも無くて、私と同世代の十代の女の子に近い可愛さ。


嫉妬したり、されたり。
これでいいか、と納得したり諦める時もある反面、やっぱりただの親子になりたくて。


相手を変えるよりは、自分が変わる方が簡単だ。
とは言うけれど、もう親を一人の女として見ないようにするなんて、どうしたら出来るのだろう?


否定や嫉妬と、憧れや好き。
矛盾している感情。


でも何より変えられないなと思うのは、同性愛っぽい目で見ていること。


ごめんね。
私はどうしたらいい?