ヘルペスと脱毛症

December 17 [Sat], 2016, 16:02
ヘルペスとは?

ヘルペスとはウィルス性の感染症のことです。
感染症というと怖い印象を与えるかもしれませんが、風邪やインフルエンザと同じくらいありふれたウィルスです。
唇にできるヘルペスは「口唇ヘルペス」といい、唇やその周辺に水ぶくれができる病気です。

風邪やストレスや心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激によって、ウイルスが増殖して症状を繰り返す。
口唇ヘルペスは風邪をひいたあとなど免疫力が落ちた時にできやすく、俗に「風邪の華」「熱の華」と呼ばれる。

wikipediaより

口内炎やニキビのような「できもの」が唇にできる、と考えてもらって大丈夫だと思います。
1度感染した後に治っても、ウィルスは体に保持したままになっていて、体力や免疫力が低下した時に、また再発することがあります。
日本人では、10人に1人が口唇ヘルペスのウィルスを保持していると言われています。

私は年に1回はヘルペスが出てきます。
唇がジンジンしてきて、「ああ、もしかしたら。」と思っているとビンゴですよ。
ばばばっと水泡が現れてきて、時には食事に差し支えます。
見た目にも、あまり良くないので、自然に外出も控えます。

今は仕事もしていなくて、ストレスの少ない生活のはずなのに、なぜできたのか…。
そんなにこの前の面接が負担だったのだとしたら、もう、私って本当に駄目なやつですよね(笑)
たった1回きり30分たらずの面接で、こんな疲弊してしまうなんて、そんなんじゃ、普通に働けないもの。
いやきっと面接が原因ではなくて、自分が考えすぎるのが悪いのですよね。
頭の中でぐるぐる考えすぎちゃって、勝手に自分で疲れちゃうのだから。
もっとリラックスしなくちゃ…。

ヘルペスと脱毛症の関係性

これは脱毛症の方にお聞きしたいのですが、私と同じように生まれつきアトピーだったりヘルペスが出てきやすかったり、という方は多いのでしょうか?
私が考えるに、脱毛症もアトピーもヘルペスも免疫に関係している病気で、私は総合的に免疫が弱いのではないかな、と思うのです。

例えば大きなストレスを感じ、それが極限に達した時、耳が聞こえなくなる人がいたり(歌手の方とか)、顔面が麻痺する人(芸能人でもいましたよね)、声が出なくなる人、胃腸炎になる人、色々人それぞれストレスの症状って違うと思うのです。
私の場合は免疫系が弱いというか、いわゆる自己免疫疾患で皮膚に症状が出る体質だったから、ストレスにより毛が抜けたのかな、と思ったのです。

自己免疫疾患

自己免疫疾患とは、異物を認識し排除するための役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまうことで症状を起こす疾患の総称。

wikipediaより

上記のwikipediaにもありますが、脱毛症が、毛根の細胞を自ら攻撃してしまう自己免疫疾患であることは、広く知られていますよね。

えてして、「脱毛症の人=免疫が弱い=ウィルスにかかりやすい=ヘルペスができやすい」という図式が成り立つ?と思ったのですが、どうでしょうか?

どんなに強いストレスを感じても、別に体に何の変化も出ない、健康な人もいるわけです。
そう考えると、脱毛症はたとえ命に関わる病気じゃなくても、将来的に(体質的に)さらに他の自己免疫疾患にかかる可能性を秘めているのかもしれない、と思うのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:稲葉弥生
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる