今二人コドモがいますね。二人目の子に向けて妊活をし

January 03 [Tue], 2017, 2:26
今、二人コドモがいますね。二人目の子に向けて妊活をしていた時の話ですが、本を買って「産み分け」について学びました。
長男を出産した後でしたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。



排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けに挑戦してみました。妊娠が発覚した後、性別が確認されるまでは期待と不安でドキドキしていました。
結果は女の子でしたから、主人持とても喜びました。



産み分けをして良かったと思っていますね。

冷え性の人は妊娠しにくいといわれているのですね。


体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、正常なホルモン分泌ができず卵巣・子宮の機能が低下することが知られていますね。こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。血行を良くして、代謝機能を底上げするだけでなく、ツボ刺激による癒し効果もあります。
赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。

いまの不妊状態から脱出するのに、普段の食生活の見直しも一つの手かも知れません。

卵子はもちろん精子だって、親の体内でつくられるのですから、食生活が乱れていては妊娠しやすい元気な卵子、精子は、期待できませんよね。
妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。バランス良く健康的な食習慣を心がけ、体を造る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。

葉酸は加熱によって失われやすいため、葉酸摂取を目的とした調理において、ちょっとしたコツがあります。具体的には、なるべく火を使わずその通り食べられる方が良いのですが、食材の種類(それぞれに違いがあるものです)によって加熱しなければいけない場合、加熱時間を短時間にしてサッと熱をとおす程度にした方が良いです。こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリを利用するのが簡単ですから、おススメです。
妊娠しやすい体を造る食べ物は、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。


ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。

妊娠に欠かせない栄養素を含むので、摂取が推奨されます。ただ、総合的に言えば、偏らない食事にするのが理想(他人に要求してばかりだと、どんどんかけ離れてしまうことが多いものです)的な食生活というのに変わりはありません。
そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、避けたほうが無難です。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。



そのため、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高くなる沿うなのです。

もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うと沿うではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、日常的な食事以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお奨めです。

大聞くなってきたおなかを見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。

結婚して3年目くらいまでは、健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、授かることができず、ユウジン知人が妊娠したという話を聞くたびに、焦ったり悲しかったりでした。
検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに沿う時間をおかず妊娠することができました。薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。
妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。あまり馴染みのないお茶かも知れませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方に結構、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想(他人に要求してばかりだと、どんどんかけ離れてしまうことが多いものです)的なお茶なのです。
中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという話もありますから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。
葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって必要不可欠な栄養素であることはエラーありません。


では、仮に葉酸が欠乏してしまうと、どのようなリスクがあるのでしょうか。

実は、葉酸には細胞分裂を促すというはたらきがあります。
そのため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害を発症する要因になると報告されていますね。また、ダウン症予防の有効性も認められているので、是非、葉酸の摂取を意識してみて頂戴。葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できるのですが、妊娠が発覚してから葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思いますね。
では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。たとえば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも構いません。


とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決して沿うではありません。

葉酸は体に有益ないろいろなはたらきをしてくれます。


中でも身体のバランスを整えるといったはたらきに葉酸は欠かせませんから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思いますね。

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり食事で無理なく摂取できるというのが理想(他人に要求してばかりだと、どんどんかけ離れてしまうことが多いものです)的かと思いますね。
葉酸はビタミンの一種で、さまざまな食べ物に入っている栄養素です。その中でも含有量が多いものは、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれていますね。



ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが難しい方は、是非、サプリメントを利用してみて頂戴。サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いといわれているのですねし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに済ますことが出来ます。
妊娠してから産婦人科等で行なわれる栄養指導を受ける方や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。


実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。
あるいは、野菜も代表の一つですね。
食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が熱に弱く分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、摂取するようにしましょう。適切な葉酸の摂取の結果、赤ちゃんの先天性神経管異常の発症リスクが減少することが明らかになりました。そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけていますね。

実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。
また、こうした食品の中には特定保健用食品指定のものがあります。こうした食品は妊婦に特に利用されているといったことも少なくありません。



友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、サプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。



一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが気になっているようでした。
葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと母から聞いたことがありましたから、その友達に教えてあげました。


友達には悲しんで欲しくないですし、元気で健康的な赤ちゃんを授かって欲しいと思っているんです。

妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、積極的な葉酸の摂取がもとめられていますね。
赤ちゃんが健やかに育つように、たとえばサプリメントなどを活用しながら日々の生活に葉酸を取り入れることをお奨めします。
厚生労働省が発表した、理想(他人に要求してばかりだと、どんどんかけ離れてしまうことが多いものです)的な摂取値は一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとするととても大変ですから、葉酸サプリを利用することをお奨めします。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽菜
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる