回復記録。

September 01 [Thu], 2011, 0:04
病に倒れて以来、出かける回数もめっきり減り、出かけたとしても体力や免疫力が低下しているので疲れが出ないよう、極力行動を控えめに過ごしてきた。そんな私と根気よく付き合ってくれた家族と、いよいよ年目にして泊日の夏旅行。距離と環境を考慮し、かかりけ医にも相談し、をもらっての計画。何より、行けるんじゃないか、と思ったこと事態が回復の証なのだろう。連泊し、自由に遊びWIN 出会い系たい、食事も好きなものを好きな量だけ食べたい、と我が家流の過ごし方には、ログハウスはとてもありがたい。毎年、高知県のWIN 出会い系四万十川流域に行っていたのだが、さすがにそれはまだ無理なので、距離を縮めた。でも海も近くて、なんとログハウス内のお風呂は温泉が引いてあり、時間入り放題入湯税は支払います朝はオオルリだと思うのさえずりと、目の前の田んぼからのカエルの合唱で目覚め、幾分涼しい空気に癒されます。早朝から釣りに出かけていく夫と娘を送り出し、早朝の散歩に出て、家族が揃うと、釣果の新鮮なお魚をいただきます。釣果はぶやきに表示してます散歩ではこんな不思議な虫を見けました。蛾は何だか戦闘機のような不思議な形で、蛾の気持ち悪さというより美しい感じです。キョウチクトウスズメという種類に近いですが、ちょっと違う気もします。さらに調べてみるとウンモンスズメという蛾のようです。鮮やかな色のオトシブミかゾウムシといった雰囲気の虫は何だかいまだにわかりませんわかる方、教えWIN 出会い系てください家族でドッジボールをしたり、温泉施設のプールで泳いでみたりまだまだ無理は出来ないものの、病からの確実な回復を実感できた、楽しい楽しい夏休みだった。日々の家事やウォーキングや、当たり前のことすらしんどい日々を我慢強く続けてきた結果が見えるようで嬉しい。また手のかかる私、家族の楽しみに付き合えない私、を根気よく支えてくれた家族の、楽しんでいる笑顔を見るのが、何よりのヨロコビだった。あー楽しかったなぁと夢のような時間を惜しみ帰宅し、現実の心配事ベランダの金魚とお花の鉢たちにまっしぐら。金魚は水を変え、藻を足して、数日分の固形になったエサを沈めて、出て行った。大丈夫、ちゃんと生きてる鉢には、ペットボトルの先端に、市販の水やりキャップを付け、鉢に直接刺したり、バケツから紐をなげて、先端を鉢に差し、じわじわと水が補給されるタイプのものを差し込んだりして出かけた。こちらも、すべて大丈夫、枯れているものはないあー、よかった、よかった。楽しい時間だった。今朝からは高校野球を見ている。旅行も楽しいけれど、我が家もいいなぁ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wqzoyzjl1j
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wqzoyzjl1j/index1_0.rdf