無理に役を狙う

August 06 [Mon], 2012, 16:05
このブログでは、麻雀において無理に役を狙って打ったら
どうなるか?を試してみて、その実践記録を書いていきます。


なぜそのような事をするのかと言いますと、確立麻雀がいかに
有利かを確かめたいからです。


より早い確立でテンパイに向かった方が、当然たくさん上がれると
思いますが、高い得点でそのアガリ回数を凌駕できないものかと
日々考えていました。

それならばやってみようというワケです。


やる前から言わせていただけば、おそらく凌駕出来ないでしょう。

確立を重視したスピード麻雀の方が優れているというのは、おそらく
間違いないと思います。

それならば、マンガン以上の得点をもっと高くすればいいのではないかなと
いつも考えてしまいます。

マンガン16000点、ハネマン18000点位が丁度いいかな。

これならば、一撃必殺の要素が大きいので、3900点を4回あがっても
マンガン1回にはかなわないので、スピードをとるか役を狙うかは
微妙に悩めて面白いと思うのです。

確立麻雀は確かに勝てると思いますが、つまらなくなるのです。

慣れてくると切るパイは考える事なく決まってくるので、機械的な打牌しか
出来なくなってきます。

リーチをかけられた時に相手の手の内を読んだりして回し打ちをするくらいしか
楽しむ事がなくなってしまうのです。

麻雀必勝法を極めるにはどうしたら近道なのでしょうか?

まあそんな考えを持ちながら、とりあえず通常よりも役を狙った打ち方を
していこうと思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:麻雀必勝法
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
高橋名人