これは美と真あるいは善とのかかわり

July 16 [Wed], 2014, 17:58
有性生殖を行う生物の内、ある生物集団に属する性成熟した個体が相対的に小さな配偶子もしくは配偶体を生産する場合を「雄」(オス)、大きな配偶子もしくは配偶体を生産する場合を「雌」(メス)、大小双方を同一個体が生産する場合を雌雄同体という。
http://try-records.com/myBloggie/files/menscare/biyakunoseyibunn.html
13世紀以降のイスラム王朝支配の時代(アラビア語、ペルシア語の時代)からヒンドゥスターニー語(→ウルドゥー語、ヒンディー語)の時代、大英帝国支配による英語の時代を経てその地位は相当に低下するが、実は今でも女性用媚薬において習得する人も多く、学問や宗教の場で現代まで生き続けている。
http://try-records.com/myBloggie/files/menscare/
この区別が性別である。詳しくは性 (生物学)および有性生殖を参照。 性別の決定要因は、遺伝的に決定している種(ほ乳類一般)、発生時の環境によって決定する種(カメ、ワニなどは虫類の多く)、個体の大きさによって決定する種(ウラシマソウ、テンナンショウなど)、齢によって決定する種(メロン、キュウリなど)、周りに存在する同種異個体との相互関係により決定する種(クマノミ、ホソメワケベラ)など様々である。

サンスクリットの女性用媚薬には、時代・地域によって多様な文字が使用された。
ちなみに歴史的には大変古いが食用となる野菜や果物、獣肉等の産地効果、知識が偏っていた前近代においては、刺激性物質の入っている食材が媚薬とされることがすくなからずあり、タマネギなど現代では一般的な食材も過去には媚薬扱いされていた。

美がよいものとされる限りにおいて、他のよいものとの関係が問われる。感情面の個性は気質 という先天的傾向に基づくといい、気質から作られる行動や意欲の傾向が性格とよばれる。性格とよく似た言葉に人格があるが、人格には社会的もしくは論理的な内容が含まれており、性格より範囲が広い。なおこの気質はヒッポクラテスの医学における四体液説に由来する。

古代より、これは美と真あるいは善とのかかわり、あるいは美と快すなわち何かあるよいものによってもたらされる感覚とのかかわりとして問題化されてきた。
例えば日本では伝統的に悉曇文字(シッダマートリカー文字の一種、いわゆる「梵字」)が使われてきたし、南インドではグランタ文字による筆記が、その使用者は少なくなったものの現在も伝えられている。

解剖学的な見解だと、「出生時に男性型の生殖器(陰茎など)を有する」と判断された場合は、男性とみなす。但し、「胎児の段階を経て、徐々に発達した物である」との関係から、形成や状態に色々な個人差が生じる。
現在でも、デーヴァナーガリーを中心とするさまざまなインド系文字で表記される他、ラテン文字による転写方式としても、 IAST方式や京都・ハーバード方式、ITRANS方式(英語版)など、複数の方式が用いられている。
http://maracine.be/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lhfsdl
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/wqrpoq/index1_0.rdf