名目gdp

February 19 [Thu], 2009, 0:08
日本の2008年10-12月期GDPが-12.7%と大きな落ち込み
一昨日の2月16日(月)に日本の2008年10-12月期GDPが発表された。年率で-12.7%と大きな落ち込みであった。この数値は1974年1-3月期の第一次オイルショック時の-13.1%に次ぐもので、35年ぶりの悪い数値だ。事前に予想されていたこととはいえ、2桁の ...(続きを読む)


GDP−12.7%、戦後最大の経済危機というのに、阿呆総理に酔いどれ財務相 ...
2008年10─12月期の国内総生産(GDP)が前期比年率マイナス12.7%と1974年1─3月期以来の大幅な落ち込みになったことについて、米欧経済の急速な冷え込みにより、輸出に経済成長を大きく依存する日本がまさに直撃を受けた。 ...(続きを読む)


[マイナス12.7%……輸出大国日本GDP激減・迫る3月危機の足音]
先日、最新のGDP統計発表がされた。 その内容は、輸出大国日本が突出した打撃を受けていることを示していた。 2008年10月〜12月(第3四半期)の実質GDPが、前期(2008年7月〜9月)と比較して3.3%の減少だったのだ。 ...(続きを読む)


GDPマイナス12.7%
今では遠い昔の話題のようになってしまいましたが、2002年2月より2008年8月まで戦後最長の景気拡大が続いておりました。 今度は戦後最大の経済危機。 気候変動が人為的要因ならば、. 経済変動はその反動でしょうか ...(続きを読む)



外為12時 円、続落し91円台半ば GDPで一時円買い 対ユーロ反発
日本経済新聞
朝方に発表された国内総生産(GDP)で年率換算の成長率が12.7%減に大きく落ち込んだことを受け、発表直後には株安を警戒した円買い・ドル売りを誘発。円は91円43銭近辺まで下げ渋る場面があった。ただ、株価の下げが限られたため、円買いの動きは限られた。 ...(続きを読む)


GDP:年率12.7%減 財政出動、圧力強まる
毎日新聞
08年10〜12月期の国内総生産(GDP)の実質成長率が歴史的な落ち込みとなり、政府・与党は景気底割れ回避に新たな追加経済対策の策定を迫られることになった。日本経済の成長基盤だった輸出が総崩れとなり、外需頼みの経済構造を転換することが求められている格好 ...(続きを読む)


台湾株17日、続落 GDP発表前に売り優勢、米経済への懸念も
日本経済新聞
終値は前日比99.48ポイント(2.16%)安の4491.78となり、12日以来3営業日ぶりに節目の4500を下回った。18日に発表予定の2008年10―12月期の国内総生産(GDP)が弱い結果になるとの警戒が強く、売りが優勢になった。米自動車大手の救済策の先行き不透明感も重し ...(続きを読む)


再送:〔アングル〕GDPの足引っ張る自動車産業、13月期はさらに下押しの公算大
ロイター
[東京 16日 ロイター] 10─12月期GDP(国内総生産)の大幅下落の一因となった自動車産業は、1─3月期も足を引っ張る存在となりそうだ。完成車メーカー各社が生産調整を本格化し始めたのは年明け以降で、前年比2割以下でとどまった10─12月期の減産規模 ...(続きを読む)



『彼女のマスターキー2009』

◆女の欲望を覚醒させる唯一の手段


「口説かない」ことが大前提

「女が勝手に擦り寄ってくる」 ⇒⇒ 【 詳細 】



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wpwokqqo
読者になる
2009年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる