ドローン販売店

August 05 [Wed], 2015, 12:12
無線機の小型化や電子誘導装置が発達したことにより、写真偵察などを目的とする無人偵察機がアメリカやイスラエルで本格的に開発開始された。20世紀末からはさらなる画像電子機器や通信機器、コンピュータの発達により、リアルタイムでの操縦と偵察映像の入手、完全自動操縦などが可能となり、21世紀からは偵察機型から攻撃機型への展開が行われた。

ドローンを一般利用するにあたって一番の障壁ドローン販売店となるのは、法規制です。すでにドローンの利用に関しての制度化を進めている国や地域もありますが、利用そのものがグレーゾーン販売店となっているところがほとんどです。そもそも法が、生活圏におけるドローンの利用を想定しておらず、制度そのものがないためです。

ドローンであるが、消費者向けに商業用に開発され、既に技術的な課題をクリアしていることから、実際にどのようにドローンが今後活用されていくのかが見えてきた。その活用事例を紹介するスポーツの撮影にも使える。GoProによってその人の体験を映した映像が話題になったが、ドローンが見せる映像はまた異なる。通常では届かないだろう高さからの撮影が簡単に可能になり、販売店アクロバットなスポーツを映す事が出来る。

ドローンテクノロジーを組み合わせたNixieの様なデバイスも発表されており、今後スポーツ販売店の撮影が別次元に進化する可能性がある。この点に関しては、今後さらに注目を集めることで、進展が期待されます。
ドローンとは一言で言うと無人で飛行することが可能な航空機のこと。最近ではスマホやインターネットと連動する事により、その利用用途が広がっている注目のテクノロジーデバイスでもある。

大きさは手のひらサイズのものから、軍事用に使われる本格的な航空機サイズのものまで様々で、農業から軍用まで広範囲に渡る分野での活躍が期待されている。またドローンのもたらす経済効果は2025年までにアメリカ国内だけで8兆円を超えると試算されている。

また、数多くのドローンが空を飛ぶことを想定すると、一般道における信号機などの制御を行う「交通管制システム」や、航空機を円滑に飛行させるための「航空管制システム販売店」のような管制システムの整備も必要となります。
これら以外にもプライバシー販売店の問題や、故障時の危険性や責任の問題など、課題は山積していますが、どのような技術であれ、新たに登場し、それが一般で利用されるその過程においては、必ず議論され、利用に際してのルールが決められるというのが世の常とも言えます。

いつの日か、SFのように、空飛ぶ物体が庭先にモノを運んでくる、そんな時代が来るかもしれません。ドーローンは猛暑や放射線などの人間にとって過酷な環境に負けない耐性がある。また、多くの瓦礫によって人がいるのか判断しずらい状況においても、広い視野を持ち捜索を難なく行うことが出来る。
米国防予算案では、4軍合計で無人機への予算を38億ドル要求し、1,297機の購入を見込んでいる。2009年度は販売店機の購入だった。また、高高度を飛行することで通信中継点となる軍用無人航空機の研究も進められている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gergre
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/wpdcg/index1_0.rdf