日本での京劇復興にかける魯大鳴さん−内助の功で第一人者に

July 18 [Fri], 2014, 15:28
中国を代表する古典芸能、京劇の俳優、魯大鳴さんが初めて来日したのは28歳のときだった。「独学で勉強した日本語が通じるかどうかを確かめたかった」という軽い気持ちでの来日だった。ピアノ教室 当初は、「(魯さんが所属する)劇団からは2年間は籍を空けて置く」といわれたそうだが、日本での生活は実に27年にも及ぶ。



ピアノ教室



しかし、この間、魯さんが北京で学んだ京劇への熱い思いは変わらず、「京劇の素晴らしさを日本の方々にも知って欲しい」と、東京で「京劇教室」を開催したり、日本の古典芸能である能との共演を果たしたり、ピアノ教室 日本での京劇の普及に尽力してきた。ちなみに、魯さんの妻、圭代(たまよ)さんは最初の「教室」の生徒の一人だった。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/woyiweininethw/index1_0.rdf