意思決定に対処を試してみて、金利の全体的なレベルの要因に影響を与えます

July 22 [Tue], 2014, 14:36
マルクスの金利の決定要因分析資本主義システムの興味の性質に基づいてその理解に基づいています。マルクスと資本主義の利益は、利益の一部である、残留値変換のフォームのです。通常の状況下では、金利の間レベル 0 と利益率の間にする必要があります。マルクスの理論の金利決定については、したがって決定論の平均利益として知られています。音楽教室 中野企業の持続可能性: この要因長い銀行の利子率政策と中国の変化と見なされる基本的な要因の一つとしてされています。中国で銀行の融資の主要なオブジェクトは国有国営企業、したがって、銀行金利決定国有国営企業の統計全体に基づいています。

音楽教室 中野

経済政策など国の産業政策: 銀行の貸出金利と金利マージンの設定のいずれかの規定をサポートするために国の産業政策を。金利政策、中央銀行に金融マクロ制御、内部条件の考慮はまただけでなく、金利システムと金融市場を決定するマクロ経済政策の目標を達成するため国家のマクロ コントロール必要があります提供するためのツールです。音楽教室 中野予想価格変化率: 価格変動と名目金利の変化に直接リンクされています。実質金利、通貨の切り下げ名目金利補償増加の機会コストの上昇を全体的な物価水準が一定に保たするには、増加で、名目金利の低下逆に、名目金利も添付してください。歴史的な金利、国際金利、為替レートも金利の全体的なレベルに影響を与える要因です。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/woyiweininengt/index1_0.rdf