M-1エントリー開始

June 29 [Mon], 2015, 14:02
今日から始まったM-1エントリー。
5年ぶりの復活となる今大会では、プロ・アマ問わず2人以上で結成15年以内のコンビが出場可能。
8月17日から一回戦がスタートとなります。
リズムネタで話題の8.6秒バズーカもエントリーしたとのこと。



M-1というだけに漫才ですからね。
昔のM-1のレベルは本当に高かったですよ。
腹を抱えるほどの笑いってこういうことかって感じでしたね。
笑い飯、チュートリアル、フットボールアワー、アンタッチャブル、
この人達の漫才は本当に最高でした。

果たして8.6に漫才はできるんでしょうか。
最近は漫才だといっても、コントのような形で出場するコンビも増えてきています。
M-1ファンは正統派の漫才を期待しているのです。
以前ほど、M-1の価値はないような気もしますが、
それでもやはり復活は嬉しいものです。

飲酒運転

June 18 [Thu], 2015, 10:33
飲酒運転はどうしてなくならないのでしょうか。
つい先日も、運転前に飲酒をして、一家4人が死亡するという交通事故が起きたばかりだというのに・・・。

大阪でも市職員が飲酒運転で逮捕されたようです
以下ヤフーニュースより↓

酒を飲んで車を運転したとして、兵庫県警川西署は17日、
道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、大阪府茨木市職員の男(60)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、17日午前0時25分ごろ、
同県川西市の市道で酒気帯びの状態で乗用車を運転したとしている。

 同署によると、署員が現場で飲酒検査をしたところ、男の呼気から基準を上回るアルコールを検出。
「焼酎を3杯ぐらい飲んで自宅に帰るところだった」と認めたという。

 茨木市によると、男は今年3月に市を定年退職。4月に再任用され、
市子育て支援総合センターに勤務している。

これくらいなら大丈夫、と思ってしまうのでしょうか。
きっと今までも繰り返していて、今回がたまたま、というだけなような気がします。
事故が起きなかったのが幸いですが、一歩間違えば、交通事故 弁護士の出番となるような、
大きな交通事故を起こす可能性は十分にあります。
どうして平気でお酒を飲んで運転できてしまうのでしょうね。
自分の運転によほど自信があるのでしょうか。
これほど世間でも騒がれているのに、まだルールを守れないなんて、
大人として本当に恥ずかしいことだと思いますよ。

事故を起こしてから自分のしたことの重大性に気づくのでしょうが、
それでは一生取り返しのつかないことになってしまいますからね。

自転車の交通事故

June 10 [Wed], 2015, 11:27
自転車に対する罰則が厳しくなった2015年6月。
普段、自転車にのらないので、それを実感するまでにはいたっていませんが、
多くの人が注意や摘発などされているようですね。

たしかに、危険な自転車運転をしている人はとても多くなったと思います。
圧倒的に多いのが、スマホを見ながらの運転ですね。
自転車に乗るときぐらい見るのをやめられないのか?と不思議ではありますが、
これは自動車に乗っている人にも言えることですね。
信号待ちなどで停止中、スマホを操作している人の多さには驚きます。
クラクションを鳴らして初めて青に変わったことに気づく、なんてことも日常茶飯事。
ちょっとしたスキマ時間に、ついついスマホに触ってしまうのは、
もう立派なスマホ依存症なのでしょうね。

もちろん、家などでスマホを見て楽しむのはおおいに結構です。
それが生活の一部になってしまっているのであれば、なかなかやめられないですよね。
でも、車の運転や自転車の運転の時は、絶対にダメです。
自転車だから、と軽く考えてはいけません。

以前、私の友人が、自転車運転中にカーブでおばあさんとぶつかってしまい、
大怪我をさせてしまうという交通事故を起こしました。
高齢だったということもあり、一時は命の危険もあったほどでしたが、
なんとか今では以前の日常生活を取り戻しているということです。
たかが自転車だなんて絶対に思ってはいけません。
場合によっては、人を殺してしまう凶器になることだってあるのです。

相手のいる交通事故では、その慰謝料などをめぐって争いになることも少なくありません。
交通事故 弁護士はそういう時に活躍するのですが、
弁護士にお願いすることにならないよう、気を引き締めて運転をしたいものですね。

道交法6月改正

June 08 [Mon], 2015, 10:36
スマホを使いながら自転車、なんていう光景をよく目にしますが、
6月以降は、そんな危険運転は容赦なく規制されます。
道交法改正で、講習が必要となる運転行為は、「携帯を使いながら」「ブレーキのない自転車」なども
ありますので、安易な気持ちで運転していると、講習に呼ばれるはめになりそうです。



このような改正となったのには、自転車による重大事故が増加しているという背景があります。
自転車ならば、という考えでは、今後厳しく罰せられますし、
自転車も車同様、安全運転への意識を強く持つよう義務付けられるのです。

ただ、この改正、知っている人がどれだけいるのでしょうか。
大々的に広告やCMなどはあるのでしょうか?
たしかに危険運転だと思う人は山ほどいます。
信号無視は普通にする、イヤホンをしていてクラクションにまったく気づかない、
スマホ操作しながら片手運転など、本当にきりがありません。
今回の厳罰化で、自転車の正しいルールがより浸透することを祈っています。
便利な乗り物だからこそ、正しく乗らなければなりませんね。

自転車の危険運転

June 03 [Wed], 2015, 10:39
6月に入りましたね。もう一年も半分かと思うと早いものです。
すっかり梅雨のような悪天候の関東では、今日は少し肌寒いくらいですが、
連日の真夏日に体も疲れがピークに達していましたので、湿気はあるものの比較的過ごしやすいですね。

さて6月に入り、自転車の法規制が以前よりもかなり厳しくなりました。
スマホを見ながら運転、信号無視、特別な場合を除く歩道の運転など、
普通に考えればどれもダメなことではあるのですが、今はそんな危険運転をしている人ばかりです。
これからは、そういった危険運転をしている人には、講習が義務付けられ、
もし講習に出ない場合には、罰金が課せられます。
たかが自転車などと軽く考えていては痛い目を見ることになるでしょう。

今日のような雨の時の傘さし運転も規制の対象になるのでしょうか?
今まで当たり前のようにしてきたことがいかに危険な行為かがよく分かると思います。
自転車での重大事故、年々増える一方ですから、今回のこうした罰則化はおおいに歓迎ですね。
特に若者の危険運転が非常に多いように思います。
昔は、そんな運転をしていたらまったく知らない大人でも厳しく叱っていたと思いますが、
今はそんなふうに他人を叱れる大人が少なくなってしまいましたもんね。
みんな見てみぬふり、そんな私もたぶんその類だと思います。

もし、自分が注意したことで、逆に自分の身に危険が及んだらどうしよう・・・そう思ってしまうのです。
社会的に注目を浴びるような少年犯罪が増えているからかもしれませんね。
子供におびえて大人は何もできないなんて、本来あるべき姿ではないのですが・・・。
他人は他人、自分は自分。
事なかれ主義がこうした危険運転をする若者を増やしてしまったのかもしれません。

自転車との事故でも相手を巻き込み大きな賠償問題になるケースもあります。
三吉法律事務所でも、そのような相談がよくあるそうです。
自転車だからと安易に考えず、安全運転を心がけましょうね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wowo0527
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる