ライプニッツ

July 24 [Fri], 2015, 10:37
(日常の用語)物体が存在しない、相当に広がりのある部分。
あいている所。「ビル街の空間」「生活空間」のように用いる。月の向こう側の空間には、
そこ独特の性質・法則があると考えられていた。空間というのは、位置によって性質が異なる、
と一般に考えられていたのである。人々は、空間は位置により性質が違うから、地上のものは落下するが、
惑星は落ちないまま円運動を続けている、と考えていた。空間は相対的なものであった(宇宙論を参照)。
空間とは諸物の関係であり、空間の存在は、その中の諸物の関係を、幾何学などにより合理的に
説明できれば証明されるとした。これは、空間の性質を、諸物の位置ならびに位置相互にある距離として
表現するものであった。ニュートン(およびその支持者)とライプニッツ(およびその支持者)の間には、
激しい論争が闘わされ、何度も書簡(第1-5書簡)のやりとりがなされた[2]。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:もりもとあらし
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wowdare2/index1_0.rdf