モルモットがマーサ

September 22 [Thu], 2016, 12:26
せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。旧来の入れ歯と比べた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術を欠かすことは出来ません。高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということです。いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクはあります。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。インプラント埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、異常に気付くのも遅くなります。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。全身麻酔になることはほとんどありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。しかし、それは正しくありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。それは、誰にでも適用できる治療法ではないという事実です。糠喜びにならないためにも知っておきましょう。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる可能性は高いといえます。注意してください。例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうので何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる人工歯のことです。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。放置すると炎症が広がるので早急に診察してもらわなければなりません。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。実は、かかる費用は地域や、歯科医によって相当な開きがあります。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。それでも、相場はあると言えます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウタ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wouyenosoebrsr/index1_0.rdf