湯川と山口憲一

April 06 [Wed], 2016, 19:56
胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、葉酸サプリを飲むのが良いと思っています。
実際に葉酸サプリを飲むにあたって、いつからいつまで飲むのが良いのでしょうか。

正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。
妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。

とはいえ、母体の健康を維持するためにも必要不可欠な栄養素です。なので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み初めて、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的にはたらかせる飲み方だと言えます。
妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。体温が低い状態がつづくと血行が悪くなり、ご飯から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、排卵障害や子宮の機能が低下して妊娠しづらくなるのです。


こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。
血流のわだかまりを解消し、代謝機能を底上げするだけでなく、リラクゼーションも期待できます。

冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。

友達と話していたら、葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。

彼女はベルタの葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いとテレビで見たことがありましたから、彼女に伝えました。友達には悲しんでほしくないですし、げんきな赤ちゃんが生まれるといいなと思っています。今、二人子供がいます。

二人目の子に向けて妊活をしていた時の話ですが、産み分けについてまま友から教えてもらい、本で詳細を知りました。一人目に男の子を産んでいたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。

本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けにチャレンジしました。

妊娠が発覚した後、性別が判明する時までは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。
意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。亜鉛不足に陥らないよう気を付けて下さい。その所以は、亜鉛が卵巣に働聞かけることで、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。


このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。



妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意して下さい。亜鉛は健康的な精子の増加をサポートする効果的であるのです。

妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。

今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を実践してみましょう。



まだ妊娠できないと悩んでいるときは、とりあえず基礎体温をつけることをお薦めします。

基礎体温表をつけていくとその変化で、女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。基礎体温表は5分もあればつけられますが、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という注意点もあるので、それに従って毎日つづけるのが肝心です。

いまはアプリもあるので気軽にできますね。

妊娠を要望する多くの方はご存知だと思っていますが、妊活において最も気を付けて欲しい事は、ご飯ですね。


妊活をしている方ならば、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。ですから、実際に妊娠し立と分かるより先に、健康的なご飯で適切な栄養を摂取するようにしましょう。この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大事な栄養素と言えば、葉酸でしょう。

妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前からおなかの中に新しい命を授かっています。出来るだけ早く胎児に葉酸を与えられるようにしましょう。
一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜系の葉菜が多いようです。
妊娠した後、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。葉酸の適切な摂取は胎児の正常な発達に働聞かけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるらしいのです。



とはいえ、毎日沢山の野菜を摂取するのは大変ですよね。

そんな時には他の食材で補っても構いません。例えば納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのを勧めたいものです。妊婦や妊娠を要望する女性にとって、葉酸は必要不可欠な栄養素です。実際に日本の行政機関である厚生労働省も適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿や汗といっしょに体外に出ていくので、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決して沿うではなく、過剰摂取によって発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。

葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、指示された用法を守って摂取するようにして下さい。



親友の話なのですが、妊活していた頃の話だっ立と思っていますが、よく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聴くと漢方だと教えてくれました。

その子によると、体質改善のために漢方を利用していると言っていました。
妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方だったら安全性が高いのではないかと思っています。
その漢方のおかげなのか、彼女は無事に赤ちゃんを授かることが出来た沿うですから、本当によかっ立と、私も嬉しく思っています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒロシ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wotpemnnse812e/index1_0.rdf