たまには1人。 

February 09 [Sat], 2008, 2:59
今更ですが、MHPの攻略本を購入しました。
防具とか一覧になっているので分かりやすいですね。
希少種なども載っているので夢が膨らみます。
米倉は今ビストロシリーズを真面目に装備してクシャルダオラとかカッコいいモンスターに挑んでいるわけなんですが、なんでビストロシリーズを延々と着ているのだろうと思い至った。
そんな訳で、カッコいい防具を作りたい!
でも、カタログで目に付くのは集会所★6以上で手に入る素材を使用したものばかり。
どうしろと。
手の届きそうなものを見てみる。

なんだか自分にはビストロシリーズが1番似合う気さえしてきたよ。

美食家ハンターでもいい気がしてきたよ。
もぅ、それでいいか。

とりあえず、集会所クエストでクリア出来そうなものから探していく。
キークエストあと1つで緊急が出る事に気がつく。
今すぐ妻を起こしてディアブロスを倒しに行きたい。
行きたい〜。
行きたい〜。

・・・・・・・ちょっと1人で行ってきます。

結果は後ほど。
いや、目に見えているんですけど。

夫婦 VS キリン 

February 08 [Fri], 2008, 15:34

いい声してそうだよね。
という事で、またも見学気分で見に行きました。
キリン。

これは古龍かと思うほど小さく、ガウシカに紛れてて見つけにくかった。
ただ、神々しく光っていて、なんかこう、強そう。

案の定ぎゃぁぎゃぁ言いながらとりあえず戦ってみる。
光るし雷落ちるしジグザグ突っ込んでくるしもう大変。
これ、絶対ガンランスじゃ追いつけなかった。
弓でよかった。

ことごとく妻が放つ矢にダウンする哀れな古龍。
米倉は武器をしまい、ジャンプ回避ばかり。
飛べ!俺!
当たるんだもん、いろいろ。
そしてガウシカにタックルされた後キリンに雷を落とされる。
瀕死。

弱点の角、狙えず。

めった撃ち。
そりゃもう、嫌ってほど滅多撃ち。
お互い生命の粉塵を使いつつ。
フォローはお互い万全。

「ひひぃん。」
あ、キリン死んだよ?
死ぬんだ、キリン。
逃げ帰るのかと思った。
死んだ。
それに驚いた。

死骸は神々しく、なんかそのまま天に昇って行きそうだったよ。
まぁ、夫婦ではいじゃったんだけどね、色々。

夫婦 VS クシャルダオラ。 

February 08 [Fri], 2008, 0:55
見学に行こう。
というノリでクシャルダオラを見に行く事にした深夜の夫婦。
場所は街。
初体験にわくわくしながら装備を揃えていざ出陣。

2手に分かれて探していると、米倉が発見。
ペイントボールをぶつけに近くに行くが・・・・怖い。
妻が来るまで待機。
というか、逃げ惑う。

妻合流。
お互い会話にならない会話をしながら、恐々攻撃してみるも、跳ね返される。
痛い。
普通に痛い。
いつの間にか生命の粉塵を使い切る。
見学のつもりが少しずつ戦ってみちゃおうか、のノリへ。

それにしても、動きがふわふわ。
「神だ。こいつは神だ。」
を連呼しながら戦う。
途中でもりもり拾ったバリスタの弾の使いどころを発見。
米倉も妻もバリスタ大好き。
そんな訳で撃つ。
相手が怯む。
楽しい。
撃つ。
怯む。
楽しい。
弾無くなる。
拾いに行く。
クシャル様、マップ移動。
バリスタ使えないよ!
夫婦が強気になるのはバリスタのあるところだけ。
米倉は風圧に耐え切れず尻餅つきまくって、妻の生命の粉塵にお世話になるし。

妻「あ、バリスタの方行ったよ!」
米「よっしゃぁ、狩るぞ!」

ほんと、身の程知らずだよね。

無理だ無理だと言いながら楽しいのでバリスタを撃つ。

妻、米「「あ。」」

逃げ帰ったよ。
傷付いて逃げ帰ったよ。

バリスタすげぇ。
すごいね、バリスタ。

もう、この夫婦、古龍倒すにはバリスタがないとやっていけないのが目に見える。

夫婦 VS 歴代の強者。 

February 08 [Fri], 2008, 0:18
久々の更新になってしまいました。
この度、夫婦そろってハンターランク3になりました。
これまで戦ってきたモンスターで、思い出深いモンスターをちょっと思い返してみた。

1.イャンクック。
→夫婦がマジかに見る初めての大きめモンスター。
パニック走りが気持ち悪るく、米倉はまだガンランスをぶんぶん振り回していた頃の記憶。
尻尾をブルンブルン振られると、ガードが追いつかずに後頭部をよくはたかれていました。
そして、耳を壊したい一心で正面から突っ込むという暴挙。
戦略って大事だね、と気がついたのがこの時でした。

2.ガノトトス。
→え、なにこれ。どうすりゃいいの?
米倉が弓使いになった瞬間でした。
音爆弾って何?という次元から入った米倉だったので、夫婦でよく水の中で殺してはぎとれねぇ。
なによりも、ガノトトスよりもヤオザミが厄介だった記憶。

3.ドドブランゴ。
→夫婦の間では「アグレッシブ爺や」と命名。
アクティブに動きすぎなこのジジイに悪戦苦闘。
挙句ペイントボールを当てる事を生きがいにした米倉の苦労を無残に打ち砕く天敵。
ガンランスで攻めまくって3回力尽きて妻を不機嫌にさせていました。
とりあえず、手下を呼ぶのは反則だよね。

4.リオレイヤ。
→命名「じゃじゃ馬」。
落ち着けよ!ちょっとお前止まれ。
もう、ガンランスは捨ててしまいました。
追いつかん。
火吐くし!
雛の餌にはなりたくないな、とぼんやり考えながらよく毒ってました。

5.リオレウス。
→降りて来い。が合言葉。
飛んでばっかりだったので、非常に腹立たしいモンスターでした。
弓矢でばっさんばっさん打つしか解決策が見出せなかった米倉に対し、妻は閃光玉とかいう文明の利器を使用。
アイテムってこうやって使うんだね。
ちなみに、夫婦間の呼び名は「夫」。
なんとなく親近感を覚えた。

6.ラオシャンロン。
→よく、妻が背中に乗って振り落とされていました。
それを見て爆笑する米倉もタックルをされて瀕死になるってよくあるよくある。
バリスタの弾を持てるだけ持って撃てるだけ撃った後に気絶とかさせられると力尽きる。
あと、撃龍槍のタイミングがいつも分からないので、よく「カラカラ」と虚しい音がエリア内に響き渡る。
そして寂しい絵図。
これ、よく撃退出来たよね、と今でも思う。
ただ、BGMがすごいかっこいいのでお気に入り。

こんな感じで。
割とつまずくモンスターが多い夫婦なので、思い入れもばっちりあることが多い。

ご挨拶とモンハン日和。 

January 15 [Tue], 2008, 1:37
はじめまして。
MHP2を始めて10ヶ月にして未だハンターランク2のよねせい。(以下 米倉)です。
後から始めたはずの同居人(以下 妻)に先を越され、うっかりガンランス使いになったが勢いでドスランポスに勝てず挫折の日々を味わっていた米倉が、つい昨日、なんとかティガレックスに勝つ事が出来ました。
しかも武器は弓矢。
ガンランスはどこへ。
へっぽこへたれなハンターの無様なハントぶりを晒してみようと思っているので、暇つぶしにでも見ていただけたら嬉しいなと思います。

思い起こせば10ヶ月前、PSPと同時に購入したMHP2。
これが初めてのモンスターハンターです。
3月にG発売ですね。
それまでにはもう少し上手になっていたいものです。

主にガンランス。

ガンランスを選んだ理由は、武器をしまう様がかっこよかったのと、リロードのアクションがかっこよかったから。
それが1番のネックだとも気がつかずに。
気がつけば3本のガンランスを所持しておりましたが、ここ最近出てくる敵にはガンランスの速度が付いていかないと判明。
ちくしょう。
今は弓矢と使い分けています。
と言うか、弓矢の比率が高い。
もうこうなったらガンランス使いでもなんでもないと思う。
装備がビストロシリーズなのは、絵面が面白いからではなく、着々とレベルアップを図ってしまったから。

計画性のない人間のハント生活、ぜひお付き合いくださいませ。
■Profile■
名前:よねせい。
誕生日:1984/06/26/火
好きなの:メガネ・低音・6歳児・主従・ヘタレ・年下攻め
その他:バイセクシャルで毎日愉快で滑稽に生息中。
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29