December 12 [Sun], 2010, 1:15
かさねあわせていたのは
わたしだけだった




























こわくてこわくて絵なんて描けない




下書きすらもこわいよ




絵が完成されることはもうないのかもしれない


November 27 [Sat], 2010, 1:22

どんどん遠くにいってしまうんだ。あのひとは。









初めからむりだったのかなあ


もう追いつけないのかなあ。













背中をみて

追いつきたい肩を並べたいと思った人はあの人がはじめてじゃない







でもね一度それに失敗してるから。

















一度、追いつく前に転んでしまったから















だから、今度こそしっぱいしたくないんだ。。。

October 19 [Tue], 2010, 0:21
なんでこんなにもやもやしているのか少しわかった気がする








好きだとか 嫌いだとか そういうものの前に自分はあの人にたいして相当の対抗意識を持っている

初めてあの人自身の話を聞いた時
すごいなあ としか思わなかったわけではない

自分は今までいったいなにをやってきたんだろう?

自分があの人と同じ立場で
同じ年齢で
同じ環境だったら

自分もあのひとのように、あの時における現在、なっていたのだろうか?




答えは当然 違う だよ。



周りじゃないんだ あの人は 自分から動いたから
自分がなにか目的を持っていたから


色んな人と出会えて
色んなことを知って
色んなものを見れた











そんな奴にかなうはずがないと



あきらめきれない自分は
まだよくわからないけど








でも


同じ部分があるんだもん



負けたくないんだよ









だけどね、現実は違うんだよ







成績は当然向こうの方が数段上だし
自分が苦手とするもののひとつの弁論も巧みだし
人との意思疎通もうまい 
















そんな人に、人が集まるのは当然なわけで









自分はそれを見て嫉妬に狂うわけだ。






あいつ そんなにすごくなくね?  てね。






みんな あいつのことばっか
他の話題を振っても必ずあいつの名前が出てくる。
気に食わない。
いらいらする。
自分は話しても特別にすごいとも思わない。
雄弁ではあるけども。

実際 自分との共通点も
多い分、
そして、共通点が多いにも関わらず
全ての面で劣ってる自分がいる分、

余計に腹が立った。



だけどね。だけどだよ、



その嫉妬の矛先はあの人だけに向けられるものではなくなった


持てはやす人達にも 嫉妬するようになった






それは 一部ではあの人をなんとかして下げて見たい
肩を並べたい競争したい自分が上に行きたい
あんなやつ気にするほどじゃない

って思う一方で


一番持てはやして
叶わないと思い続けて
誰よりもあの人に関心があるのは
あの人と 違った意味で並んでいたいと思っているのは




自分 この自分自身であった ってね。







情けない。
布団の中では日常茶飯事だけど
電車の中でまで涙が止まらなかった。
電車なのに水の中にいるみたいに
景色が崩れて 身体は重かった

こんな自己矛盾を抱えて
しかもこんな大切な時期にさ。







だけどさ、こんな苦しみ初めてなんだよ。
初めてってことは
自分はひとつ学べる機会に直面しているってわけさ。でしょ。






だったらさ、思いっきり当初の目的を果たそうじゃないか。

あの人を越す。並ぶ。当初の意味で。

それでもやもやするようならそれをぶつけてしまえばいいんだ。
だからね、とりあえずね、こんな文書いてねえで
勉強しろってこった^^

September 30 [Thu], 2010, 1:14
どうしようもなく不安なんだって どうしようもんだいんだって 眠れないんだって 辛いんだって 泣きたいんだって でも泣けないんだって だって止まらなくらるんだもん なんで泣いちゃいけないの なんで逃げちゃいけないの なんで感情を抑えなきゃいけないの なんで生きてなきゃいけないの なんでここにいなきゃいけないの なんできちんとしてなきゃいけないの なんで好きになっちゃいけないの なんで嫌いになっちゃいけないの なんで笑ってなきゃいけないの なんで空気を気にしなくちゃいけないの もうわからない わからない わからない どこへいくの どこへいきたいの どこへいきたかったの わたしは だれ わたしは だれ なにがしたいの なにがしたかったの なにをしてきたの いつからいたの いつからいるの いつまでいるの どうやったの どうやってきたの どうするの 内側から 外側から ぜんぶ  こわれてくんだよ もう もう 何も残らない きえていく それがいちばん今やりたいこと  さようなら さようなら さようなら

September 30 [Thu], 2010, 1:09
めんどくさいめんどくさいめんどくさいめんどくさい










消えてしまえ
最新記事
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31