君へ。 

2005年03月26日(土) 22時08分
「コミュニケーション」をテーマに37名の作家が短編を綴った『ダ・ヴィンチ』の連載の文庫。お目当ては、重松清先生。心に深く響いた作品は3つ。
1つは勿論重松先生の【朝日が向かっています】ほろりと心地よい気持ちになれますね。流石重松先生。人間味溢れる暖かい作品。
次に松尾スズキ先生の【『自分』は『自分』で充分です】この先生の作品は初めてで、エッセイが多い中、SFっぽいお話。軽快な書き方に親近感が湧き、また、読み易い。あははと大声で笑った後、びしっと締める。うーん、お見事。一体普段はどのような作品を書かれているのでしょうか?是非読んでみたい!
そして、最後は高橋源一郎先生の【白紙】号泣。大号泣です。先生のお母様の事が書かれたエッセイなのですが、心にぐっときました。こちらの先生の作品も初めて読んだのですが、書き方に非常に貫禄があるというか、落ち着きを感じますね。安心して読み進められます。最後の一行が後を引き、胸がぎゅっとなります。実家の母や祖母を思い出し電話を掛けたくなりました。素晴らしい作品です。

ル・ディウォーズ 

2005年03月24日(木) 0時00分
ア・イ・ラ・ヴ・ケイトという事で、ケイト第2弾!今度のケイトは知的なアメリカ女性。お洒落なパリに魅了されるけども、そこからまた、自分を見つけるという・・・?フランス語とか英語とかぐちゃぐちゃで、話自体、伝えたい事がはっきりしなくてつまらなかった。アメリカ目線のフランスという国が見えた気がする。この映画の中では【アメリカ人=自由でおおらか、フランス人=金や欲、上辺ばかり】そんな位置づけ。小難しかった。

彼氏彼女の事情(20) 

2005年03月23日(水) 0時00分
またまた漫画!エヴァンゲリオンの庵野監督がTVアニメを手がけた事で一躍有名になったカレカノ☆もう、ホントーに大好き。ガリ勉時代の雪野ちゃんと学生時代の自分は似てて、中学時代に「そっくりな女の子が漫画になってるよ!」と言われて見始めたのが最初。あ、懐かしい(笑)内面はというか、自分の背景が有馬くんと似ているのもあって、(いえ、あそこまで壮絶ではないですが。ならば、芝姫や一馬くんとの方が?)闇から抜け出す有馬くんに自分を重ねてすっかり感情移入している作品。やっと全てが片付いて、次の21巻でラスト!2人には幸せになって欲しいなぁ!久々のほのぼのな話が多く、ほっとしました。 すっかり津田雅美さんのファンで、この人は、内面豊かで、賢い人だなぁと、柱のコメントや、漫画の中のふとした所から感じます。 むしろ、こんな巧みな話を漫画に出来るという事がその証!アシスタントとしてお側に置いて欲しいなぁ・・・はぅ。

あなたにも書ける恋愛小説 

2005年03月22日(火) 0時06分
大大大大大大だーーーーーーーーーい好き皆様こんにちはvケイト・ハドソンの虜です。彼女の好きな所は、女性らしさの中にある愛らしさや知的さ、気取らない素っぽさ。挙げたらきりがない!今回の作品もケイトらしいキュートな役柄だったけど、もっともっとケイトの出番が欲しかった!と思うのは私だけじゃないハズ。ケイトの一番好きなシーンは原稿を駄目にした時。困ったケイトと泣き出すケイトは本当にかわいいにゃ〜〜ほわ〜んでした。
お話の内容は微妙。安直なお話で、始まって直ぐ結末が読めました。小説世界の妄想が練り直すたびに変わって、時々訳が分からなかった。お金持ちな女の人役の女優さん美人だったわぁ。大した山も谷も無い、フラットなラブストーリー。

NANA(12) 

2005年03月22日(火) 0時05分
ご存知大人気少女漫画NANA!最初の本の紹介が漫画になっちゃったけど、普通の小説のがよく読みます。買ってまで読む漫画は、NANAとカレカノくらい。それはさておき、NANAは今や社会現象!映画になるわ、CDは出るわ。漫画家の矢沢あいさん自身、昔バンドをやっていたということで、出来過ぎな所も有るけど、普通に読めます。バンドの音楽傾向が微妙なのがあたしは引っかかるけど。因に、好みのタイプはヤス!絶対にヤス!今回も素敵vv 苦手なのはタクミ・・・一緒に居れば居るほど不安になるタイプというか。あ、はい。これ以上は何もコメントできにゃい!!(滝汗)突っ込み禁止!「え、ハッピーエンドじゃないの?」と思いつつ、続きが気になります!

フォーチュン・クッキー 

2005年03月21日(月) 0時03分
主人公の女の子がキュート!バンドをやってるっていうのも自分的には 見るからに活発そうな女の子だったから、入れ替わっちゃったのが、少し惜しい気も。そして、彼女も、ママ役も入れ替わった後の演技が微妙・・・。話は良くて、是非、家族と楽しく観たい!おかしな中国人とか、可愛い弟、「アースクエイク!」ばっかりなおじいちゃんが笑えた(笑)
ちなみに続きはクリック

Rie fu 

2005年03月21日(月) 0時00分
ロンドンの大学に通う20の女の子リエフー。感性が素敵すぎ!どの曲も透明感溢れていて、とても力強い。あたしは【笑って恵みのもとへ】【Life is Like a Boat】【deicy(English ver.)】が好き!宗教的な詩や、彼女のキレイな英語の発音や日本語の発声の仕方が、独特でいいですね。すっかりファンですライブ楽しみだぁ

アイデン&ティティ 

2005年03月20日(日) 13時26分
バンドマン必見!音楽とは、ロックとは。一見コメディに見えるかも知れないけど、実はストイック。流されがちな人間へに観て欲しい。みんなの避けたい物事の本質が露にされているから。流されるのは楽ちんだし、向かい合うのは辛い。覚悟してみて欲しい。あたしはすっかり衝撃を受けてしまった。これから音楽をやるのに、とてもとても大切な映画になったよ。
出演者もスゴくいい!峯田さんと、彼女役の人とディランが一番ぐっと来た。峯田さんとディランの絡みは絶妙!あそこだけは時々笑える。笑 ディラン渋い!最高!

決意表明 

2005年03月20日(日) 12時50分
ニュープログです☆このプログでは自分の趣味である映画・音楽・本などを取り上げてゆきます! モノの捉え方も感じ方も人それぞれだし、あたし自身文章力が有る訳じゃないから上手くできるか解らないけど、感じた事をなるべくそのままに、文字を使って表現できたらと思います。
PLOFILE
NAME*博美
21歳の大学生
夢はインディーズのバンドをやる事。ボーカルだけど、最近はギターやドラムの練習をして、作曲作詞出来る様頑張ってます!
映画、本、音楽は人の内面を豊かにしてくれます。少しずつですが、自分の触れた物をアップしていくので、初めての方も遠慮せず『自分も読んだよ!』『自分はこう思ったよ!』などなどコメントしてもらえると嬉しいです('-'*)!
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:world-peaces
読者になる
Yapme!一覧
読者になる