あそびの広場 2016

May 19 [Thu], 2016, 21:09
5月5日 「あそびの広場2016

今年のあそびの広場は「世界のあそびであそぼ!
お馴染みの独楽・あやとり・けん玉・すごろくで楽しみました。
おっと、パネルシアターで昔話「桃太郎」と「ねずみのよめ入り」もしましたよ。

まずはすごろくから親子2題です。
ヨーロッパのすごろく「ガチョウゲーム」
親子で対決中!負けそうになって、チョッピリ機嫌の悪い息子の手です。大丈夫!がんばれ!

「100ます へびとはしご」インドのすごろく「ヘビとはしご」は本来100ますあります。が、普段は時間がかかるので50ますの簡単版で遊んでいます。今回、「50ます版」で遊んだ親子が「100ます」に挑戦してくれました。
何度もヘビの背中を滑り落ちては大笑い!いつ終わるのかな??蛇は悪行なんだって!なんか悪いことした?横でこのすごろくを作ったMMPは「おっ、ひっかかっているな!」とニヤニヤ!

次にご紹介するのはアフリカの「あやとり」です。
おや!アフリカにもあやとりがあるの!とびっくりしたあなた!
あやとりは世界各地にあるのです。また、このブログでもご紹介しますね。
さて、あやとりを楽しんでいる二人もアフリカのあやとりは初めて!とのこと。
「バトカ渓谷」が出来ました。「はい、チーズ」と記念写真!

最後はむつかしいけん玉です。5枚の輪っかを全て棒で受け取ります。
小学5年生の少年です。2回も続けて成功!そこをパチッと撮影しました。
さすが、運動神経が抜群!と感心していたら、続けて3回目も成功しました。
いや〜〜若さには勝てません。かく言う私は・・10回に1回も成功すればばんざ〜〜いです。

パネルシアターではみんぱくの言語展示にあたらしく入った手話の「桃太郎」も紹介しました。早速、言語展示に見に行ってくれた方もたくさんいて、うれしい!
やっぱり、「桃太郎」は偉大だなぁ。

今年も楽しい、「あそびの広場」さてさて、来年はどうなりますか?お楽しみに!!

「絵本の世界を みんぱくで探そう」4

May 12 [Thu], 2016, 20:17
絵本の世界を みんぱくで探そう」4
 
絵本には、世界の様々な地域が舞台になっています。 その中で描かれている絵と一致する、さまざまなみんぱくの展示物を結びつけたワークシート「絵本の中の本物を見よう」があります。 南アジアのものが新しくアップされました。↓
絵本の中の本物を見よう(みんぱくサイト内)

今回はメキシコの絵本を紹介しましょう。残念ながら、この絵本は重版未定ですが図書館などで手にすることはできます。
   
おばあちゃんのちょうちょ
バーバラ・M・ヨース:文 ジゼル・ポター:絵 ふくもとゆきこ:訳
BL出版

★『おばあちゃんのちょうちょ』

 わたしのいちばんのなかよしだったおばあちゃん。トルティーヤを作ったり、いっしょにちょうちょのマジックサークルであそんでくれたり、バラとトウモロコシの香りがしたおばあちゃんがしんでしまった。その日はたくさんの金色のちょうちょが北に向かって飛んで行った日だった。亡くなった人を思い出す「死者のお祭り」の日、わたしとママは、トウモロコシで作ったパンや、どくろのかたちをしたおかしをかって、おばあちゃんをおもいだす。そしておはかまいりにいったとき、あの金色のちょうちょたちが空いっぱいにもどってきた。
ちょっぴりかなしくて、とても美しいお話です。

この本で見たトウモロコシや、その粉で作ったトルティーヤ、死者をおまつりする日のどくろのおかしのような「骸骨人形」は みんぱく展示場にあります。ぜひ見に来てね!






2016年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ