伝統の技、新しい美の世界・4

April 18 [Sat], 2009, 8:05
私の美の世界

MMP・Sさんのお気に入りは・・・

「唐草模様が私も好き!」で、中村宗哲さんが収蔵庫から選んだ「タイル」に納得。タイルの模様を簡略化して作った職家の感性に共感しました。

今回の特展では職家の方がみんぱく収蔵庫から選んだ「もの」と職家の方が触発されて作った「新作」が並んで展示されています。みんぱくの「もの」にとっても新しい試みです。

伝統の技、新しい美の世界・3

April 16 [Thu], 2009, 8:01
千家十職の技にふれる

表具師奥村吉兵衛さんは世界の珍しい紙を使って、風呂先屏風を作られました。未知なる紙への挑戦でいろいろ苦労があったとか。でも、作品はすっかり和風の装いです。

使われた紙はメキシコの「アマテ紙」とインドネシアの「金の繭の紙」。
アマテ紙はイチジク科の木の皮を叩いて作った紙で、金の繭の紙は野生種の珍しい金の繭で作った紙です・・・・。なんていわれてもわかりませんよね。ご安心ください。展示場にはちゃんとサンプルがあり、自由にさわっていただけます。和紙とは全く違う手触りに職家の技の凄さをかんじます。
ぜひ会場で触れてください。

新規メンバー募集中

April 15 [Wed], 2009, 8:11
MMP新規メンバー募集のお知らせ

4月1日より、みんぱくミュージアムパートナーズの第5期新規メンバーの募集が始まっています。
みんぱくミュージアムパートナーズ(略称MMP)は、国立民族学博物館(みんぱく)で、博物館と博物館を訪れる人々との間で、みんぱくが、みんなの博物館になるような活動をしています。このかわら版で紹介した事の他にも、いろいろな事をやっています。

今回は、平成21年度9月より一緒に活動してくれる、新しい仲間を募集します。

受付期間は平成21年4月1日(水)〜30日(木)。メールまたはFAXでMMP事務局迄
また、5月5日(火・祝)の、恒例「遊びの広場」会場でも受付をします。

MMPは、自主企画を中心として活動しています。自分の特技やアイディアを活かして、やりがいのある活動が出来ると思います。MMPに、みんぱくでのボランティア活動に興味のある方、一緒にみんぱくで楽しみましょう!私達は新しい仲間を歓迎します。

詳しい募集要項はこちら↓のリンクから。
平成21年度第5期メンバー募集のお知らせ(みんぱくウェブサイト内みんぱくミュージアムパートナーズコーナー)

「茶室起こし絵図を作ろう!」・2

April 14 [Tue], 2009, 8:50
茶室の起こし絵図を作ろう!

2回目(14時30分〜15時30分)
2回目の参加者は定員オーバーの6人です。
午前中にほとんどいっぱいになってしまいました。参加できなかった方ごめんなさいね。
さて、記念写真には3人しか写っていませんが、3人はスケジュールの関係で撮影の前に帰られました。お忙しい中参加くださってありがとう!
皆さん満足の笑顔。楽しんでいただけたようで、何よりです。

次回は4月26日(日)に行います。ぜひ、この記事をみて興味を持った方!お待ちしています。

「茶室起こし絵図を作ろう!」・1

April 13 [Mon], 2009, 8:39
MMPワークショップ「茶室起こし絵図を作ろう!」が始まる。

4月5日(日)特別展「千家十職×みんぱく」会場において、ワークショップ「茶室の起こし絵図を作ろう!」が開催されました。
覚えていますか?前にこのブログでもご紹介しました。
ワークショップの参加者はお茶に興味のある方ばかり、熱心に起こし絵図に取り組んでくださいました。
大盛況の様子を(2回にわけて)紹介いたします。

1回目(11時〜12時)
参加者は定員いっぱいの5人です。皆さん「今日庵」と万博日本庭園の「万里庵」を作ってくれました。
茶室の構造がよく分かると好評!企画したMMPも一安心です。
皆さんご参加ありがとう!

只今製作中。気持ちは建築家?

伝統の技、新しい美の世界・2

April 12 [Sun], 2009, 8:02
「千家十職の技を味わう」

写真の皆さんは子育て仲間、子供を連れて庭のように万博公園を利用してきたけど、みんぱくへはあまり来た事がないとか・・・。子育ても一段落、興味のあるお茶関連の展示に惹かれて、みんぱくへいらっしゃいました。

飛来一閑さんのコーナーにて一枚。
「歴代のお道具の実物を拝見し、身近に感じました。」

「伝統だけでなく、常に新しいものを取り入れている、だから、後世に伝わるのでしょうね。」

みんぱくとであった職家のかたの意欲に「職家の伝統」をかんじられたようでした。
これからはみんぱくにも遊びに来てくださいね。

伝統の技、新しい美の世界

April 11 [Sat], 2009, 20:11
「千家十職×みんぱく」

みんぱくのおとなり、自然文化園では桜を堪能された方も多いのではないでしょうか。今年は早かったですね(^-^*)。この春、みんぱくは模様替え、桜はもちろん、季節の花々が次々と咲き、私達を楽しませてくれる自然文化園からみんぱくへのプロムナードが完成しました。少し近道になるかな?

みんぱくでは 3月12日から特別展「千家十職×みんぱく 茶の湯のものづくりと世界のわざ」が、好評開催中です。

400年近く茶道家元「千家」に出入りし、世代を重ね、お茶道具を造ってきた十職の方々が、世界中の人たちが作り、使ってきた道具と出会い、何が生まれるのでしょうか?
膨大なみんぱくの持つ資料の新しい可能性を探る画期的な企画です。
特別展会場には十職の方々の職人魂が、芸術家としての創造性が溢れています。みんぱくの収蔵品・道具類も使い込まれた端正な姿、茶目っ気のある遊び心で十職の方々に「新しい美」を見つけてもらって、ちょっと得意そうに並んでいます。

お茶道具に興味がある方も、みんぱくファンのあなたも楽しめる特別展です。ぜひお越しください。
「MMPかわら版」ではこれから、特別展をご紹介していきます。お楽しみにね。

「茶室起こし絵図を作ろう」が開催されます

April 04 [Sat], 2009, 10:02
みんぱくでは、3月12日(木)から特別展「千家十職×みんぱく:茶の湯のものづくりと世界のわざ」が、開催されています(〜6月2日(火)迄)。多くの関連イベントも行われており、関連した内容のみんぱくゼミナールもいくつもあります。MMPも「茶室起こし絵図を作ろう!」というワークショップを企画しました。

江戸時代に作られた茶室の起こし絵図をご存じですか?和紙で作られた茶室の立体模型です。
今回はペーパークラフトで「今日庵」と万博日本庭園の中にある「万里庵」を作ります。
お茶室のつくりが良くわかりますよ。ご参加をお待ちしております。

日時:2009年4月5日(日)、4月26日(日)、5月17日(日) 
   1回目11:00〜12:00/2回目14:30〜15:30
場所:特別展示会場2階 エレベーター前
詳しくはこちら↓
「茶室の起こし絵図を作ろう!」(みんぱくウエブサイト内)で、確認して下さいね。

今日庵の起こし絵図。今回のワークショップで製作するものの見本です。


4月26日(日)、5月17日(日)にも開催予定です。
好評開催中「点字教室」や、千家十職展に関連した、MMPの「茶道教室」もあります、こちらもよろしくね!
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ