カニへのこだわり

April 20 [Sat], 2013, 0:30
カニへのこだわりからうまれるその論争もゆでガニが運ばれてくると、あっという間にしぼんでしまう。誰もが幸せそうな顔つきで、黙々と食べ始めるので、論争にならないのだ。
 日本人の先送り性格というものは、カニ料理が促進しているような気がしてならない。どんな論争があっても、カニ料理店内であれば丸く収まってくれる。カニ料理は、世界に広まれば、ひょっとして戦争や紛争も収まるかもしれない。すばらしい食文化じゃないだろうか。

カニ料理店で

April 20 [Sat], 2013, 0:30
カニ料理店で宴会を行なうと、タラバカニ派とズワイガニ派に論争が起きてしまうのは、少しいただけない。
 先週も大論争になってしまった。タラバガニ派は、あの圧倒的なボリューム感こそが、カニ料理の王者と主張する。ズワイガニ派も負けてはいない。ズワイガニと一言で言われても困る。ズワイガニは、一般的な呼称だ。日本海産は違う。日本海産は、越前ガニ、間人ガニ、松葉ガニと地域によってブランドがある。ズワイガニのような一般的な名前とは訳が違うと主張し、延々とうんちくが始まってしまった。どうも日本海側の出身者特に北陸地方の出身者は、越前ガニに対するこだわりがあるように感じる。

カニと聞くと

April 20 [Sat], 2013, 0:29
私は、カニと聞くと思わずよだれがでてしまうほどカニが大好きだ。街中で大きなカニの看板を見ると食べたいとつぶやいてしまう。ゆでカニやカニすきにカニしゃぶ、カニのお造りにカニの甲羅揚げと思い浮かべるだけでよだれが止まらない。いや、それだけではない。カニステーキやカニ雑炊もある。このうち、何が一番好きかといわれたら、もちろん私はゆでカニと答える。堅い甲羅を割ると出てくるプリプリの肉にしゃぶりつくと口の中になんとも形容しがたい幸福感はたまらない。私はこういうおいしいものを食べるために働いているんだと思ってしまう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:works002
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/works002/index1_0.rdf