ビゴーレは 

October 11 [Mon], 2004, 8:57
快調ですか?
きっともうすぐ葬儀ですよね?謹んでお悔やみ申し上げます。
私、身近な人はおじいさん、おばあさんが亡くなったくらいですが、身体は亡くなってしまっても覚えている私たちがいる限り心で生き続けているように思います。海のそばのあの角を曲がって…「おじーちゃん!おばあちゃん!」引き戸を開けながら呼びかけるとまだそこに居るような気がして、しょっちゅう親戚の女の子と懐かしんでいます。(おじーちゃんを先の呼ぶのが私のコダワリです)
子供が産まれるまでおくるみを編んだりしていたのですが、分からないトコロがあるとおばあちゃんに聞きたくて、でも居ないのが不思議で。故人の知識とか雰囲気が無くなるってことがすごくもったいないことだと思いました。
誰かが亡くなると生と死について考えさせられますね…心穏やかに天国で過ごされてたらいいなぁと思います。
長々とごめんなさい。またメールしますね。では

愛情 

October 06 [Wed], 2004, 12:28

愛情の反対語は、暴力ではなく、無関心なこと

まだ誰かに期待して不満を抱いてたりしてるときの方が愛があるってことね
じゃあ、あのとき、私はまだ彼を愛していたのかもしれない
そう考えるとコワイ
でももう時は戻らない
今できるすべてのことを子供にしてあげられたらいいな

血と骨 

October 05 [Tue], 2004, 22:42
エロスとタナトスが表裏一体であることが、素直に解ってしまう彼
お鮨と茶そばのち、ライオンコーヒー
美味しいランチで契約成立
モチベーションを上げてくれるオトコとの時間
私にとってプラス?
それとも胃が痛くなる原因のひとつ?

血と骨

エロスとタナトスへの衝動 

October 05 [Tue], 2004, 22:24
 タナトスという言葉は、ギリシャ神話でいうと「死」である。ここで言うタナトスは「死へ向かう衝動」、または「破壊的本能」のことで、これにたいするエロスは、従って「生へ向かう衝動」となる。このタナトスとエロスは、表裏一体となって存在しており、エロスの裏側には必ずタナトスがあるそうだ。

後で読む
2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:works
読者になる
Yapme!一覧
読者になる