女性の薄毛

2015年03月20日(金) 21時52分
ここ最近、50歳以上の年配の女性をターゲットにしたウィッグ(かつら)のテレビCMを多く見るようになりました。また、美容健康関連の雑誌でも、洗髪のやり方や育毛剤の紹介、頭皮マッサージのやり方、髪の毛が増える食べ物など、特集記事で紹介されていたりします。

休日に買い物に行ったときなど、エスカレーターの上から見下ろすと、頭のてっぺんの分け目がパカっと割れて地肌が見える女性がとても多いのに驚きます。30代くらいなら、細い線で地肌が見えていて、40歳を超えるとその線がかなり広がって見えます。

これらを見ていると、雑誌やテレビの特集で美容外科の先生が言っている加齢やホルモンバランスの崩れは、どの女性にもあることで、かつ30年前40年前にも、30代の女性、40代の女性、50代の女性はたくさんいました。現代のように、あらゆる世代の女性の薄毛が増えているのは、何かおかしいと考えるのが普通だと思います。

45歳頃から育毛ケアを始めた女性がいます。更年期に入っていく年齢です。すでに更年期に入っていたかもしれません。この人の場合はストレスが大きな問題で、かつ育毛剤を使った経験もなく、カラーもほとんどしたことがなかったのが幸いしたのでしょう。

シャンプーを替えて、時折頭皮のケアをしただけで、ストレスが解消されると50歳のときには、髪の毛にコシが出て透けている部分は無くなってしまいました。こんなケースを見ると、加齢やホルモンのバランスの崩れが大きな問題だとは思えなくなります。男性の薄毛対策とは
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:workman
読者になる
2015年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる