紫外線を浴びると光老化する 

2016年05月05日(木) 14時37分
以前はガングロで日焼けしている方が健康的で男らしいと好意的に解釈する風潮があり、わざわざ日焼けサロンに通って肌を焼く男性もいました。

でも紫外線を浴びて光老化が加速するとシミやシワが確実に増えて老け込むだけです。アンチエイジングの観点からすると日焼けサロンは百害あって一利なしです。

レーザーなどで、できたシミやシワをとることもできますが、まずは紫外線をシャットアウトして光老化から皮膚を守る工夫をするのが先決です。

1日の紫外線量は太陽がいちばん高く上がった正午前後に最大値に近づきます。ですから、その前後の午前10時から午後2時は紫外線が多いと覚悟してください。

ただし、真皮に悪影響を与えるUVAの量には変動が少ないので、日差しが弱まったように感じられる朝方や夕方でも長時間太陽を浴びることは避けるようにします。

晴れた日はもちろん、曇った日でも雲を突き抜けて晴天時とさほど変わらない量の紫外線がやってきています。

四季がある日本では季節で紫外線量が変わります。日本で紫外線量がマックスに達するのは7−8月ですが、その前後2ヶ月、つまり5月から10月にかけては紫外線がたっぷり降り注いでいます。

UVBは冬場になると夏場の5分の1ほどに減りますが、UVAはおよそ2分の1までしか減らないので要注意です。

紫外線が多いのは日差しが強くて暑い季節に限られると誤解している人も多いようですが、紫外線は1年中降り注いでいます。暑さを左右しているのは紫外線ではなくて赤外線の量ですから、暑さを感じない季節でも紫外線は多いことがあるようです。

場所によっても光老化の危険度は変わってきます。紫外線は反射、散乱しやすいという性質があります。日陰にいてもアスファルトなどから反射、散乱した紫外線が届いているのです。紫外線の反射率がもっとも高いのは真っ白な新雪です。およそ80%にも達します。

水面や砂浜は10−20%くらいなので、反射と散乱に関しては夏のビーチ以上に冬のゲレンデが危険というわけです。

また、UVBはガラスを通過しませんが、UVAはガラスを通過するので室内にいても日焼けが起こります。
育毛と健康と対策を見る

赤ワインは食後の脂肪吸収を抑える? 

2016年04月02日(土) 10時13分
フランス人は、他の訪米諸国同様に脂肪摂取量が多いのに心臓病脂肪率が低いことで知られています。
いわゆる「フレンチ・パラドックス」と呼ばれているこの原因が赤ワインにあることを突き止めたのが、フランス国立衛生研究所のルノー博士の研究結果です。

ルノー博士の説によれば、フランス料理のような肉中心の高脂肪食を摂っていても、適量(1日2-3杯)のワインを飲んでいれば、心臓病による死亡リスクは低くなり、さらに、ガンやアルツハイマーのリスクを下げてくれるといいます。

つまり、赤ワインを毎日、適量飲むとポリフェノールがLDL(悪玉コレステロール)にくっつき、動脈硬化の原因となる酸化LDLになるのを防いでくれるのです。すなわち、赤ワインには抗酸化作用があるということです。

さらに赤ワインは、食後の脂肪吸収を抑え、中性脂肪の増加を抑制する働きがあることが分かりました。LDLというのは、それ自体では無害ですが、酸化すると動脈硬化を引き起こす原因になります。

一般的に赤ワインには、白の10倍のポリフェノールが含まれており、LDLの酸化を抑える食品として政界の注目を浴びています。

より多くのポリフェノールが含まれているのは、日照時間の長い南の地域のもので、濃い赤色をした赤ワインがよいでしょう。

フランスと並び、世界のワイン大国と呼ばれるイタリアでは、昔から南部を中心に野菜料理にオリーブオイルを使い、魚介類中心に食べる伝統の地中海食が健康食とされており、この地中海食と赤ワインとの併用で、ワインで3‐4割減らせる心臓病リスクがさらに7割も減らせることが分かっています。

日本でも赤ワインの健康効果についての研究が進んでいます。最近では、赤ワインの長寿効果を疑問視する研究結果が発表されて議論を呼んでいますが、目下のところポリフェノールは、ブドウの皮と種に豊富に含まれており、それらを大量に使っている赤ワインは、フィトケミカルの代表的成分であるポリフェノールを豊富に含む毎日の食事に欠かせない健康薬となります。

シミは消せる! 

2015年08月21日(金) 1時07分
シミには主に老人性色素班、雀卵班、肝班、炎症性色素沈着などがあり、それぞれ原因が違うためケアや治療法も異なっていきます。

そのうち、レーザー治療が効果的なのは、雀卵班いわゆるソバカスと呼ばれるシミや日焼けでできた老人性色素班のシミなどです。レーザー治療は真皮にあるメラニンを持つ細胞まで破壊することができるため、生まれつき持っているソバカスなどに有効な方法といえます。

また、日焼けによるシミが進んで形がはっきりしていたものや、盛り上がっているようなシミもレーザー治療でないと取れにくいでしょう。

一方、炎症やニキビの跡にできた炎症性色素沈着と呼ばれるシミや女性ホルモンが関係しているというシミ、肝班などはレーザーを当てることでかえって濃くなる場合もあります。

レーザー治療を受けたいときは皮膚科で自分のシミはどのような種類なのかをみてもらってからにすることが大切です。さらに、治療法についてもきちんと説明してくれて場合によっては、他の医院を紹介するくらいの両親的なところを選んだ方が懸命でしょう。

レーザー治療とはエネルギーの強い光線で、色素細胞をピンポイントに照射して健康な皮膚には影響を与えず、メラニン色素を持った細胞だけを破壊するというものです。とくに紫外線が原因のシミや遺伝性のソバカスには有効です。

レーザーは黒い色に反応する光なので、ぼやけているシミよりも濃くはっきりとしたシミの方が効果が高いといえます。医療用レーザーにはさまざまな種類があり、肌質や症状によって使い分けます。

シミやソバカスにはメラニン色素を吸収する作用がある「ルビーレーザー」や「ヤグレーザー」などを使います。レーザーを当てる時間はほんの一瞬ですが、照射のときに輪ゴムではじかれたような傷みを感じることがあります。しかし、瞬時のことですし、がまんできないような痛みではありません。

レーザー照射した後は、軽い火傷のような状態になり、5〜6日でかさぶたとなって剥がれ落ちます。料金の目安は一カ所につき5000円程度からでしょう。治療後は色素沈着を起こす場合があるので、医師の指示に従いアフターケアをしっかりとおこないましょう。

また紫外線から肌をしっかりガードすることを忘れないようにしましょう。

女性の薄毛の原因 

2015年08月19日(水) 20時27分
妊娠出産が薄毛のきっかけいになることがあります。女性は妊娠すると抜け毛が減る傾向にありますが、出産をすると減っていた抜け毛が一気に増えて一時薄毛になります。ホルモンバランスが大きく変わるからで、通常はホルモンバランスが元に戻り、1年のすれば髪の毛の生え替わりが正常になり始めると同時に髪の毛も元に戻るのです。

ところが最近は妊娠出産がきっかけになって薄毛になってしまい、元に戻らない人が増えてきました。理由はヘアケアの習慣(皮脂をとる、カラーや縮毛矯正)によって頭皮を弱らせている人が多いからです。

妊娠出産は女性の体にはかなりの負担をかけます。現代は医学の進歩で少なくなりましたが、出産によりお亡くなりになる人もいらっしゃるくらいなのです。それだけの負担が伴うので、髪の毛の育ちにも大きく影響が及びます。負担をかけるのだから、出産前後の食習慣や心の平穏がとても大切だと思って男性も協力しないといけません。

また、脂を取る作用の強いシャンプーで毎日よく洗っていると、頭皮の皮膚常在菌のバランスが崩れるうえに、頭皮が痛み弱ってしまうので自分の頭皮の力で毛を巡らせなくなってしまったりします。
界面活性剤には薄い膜をつくる作用があるので、髪をキレイに魅せたり艶やかに魅せたり洗い上がりをよくしたり、クシ通りをよくしたりするのにとても役に立ちます。反面、それに応じるように浸透力やタンパク質変性作用もあります。

キレイに魅せたり、艶やかに魅せたり、洗い上がりをよくしたり、クシ通りをよくすればするほど脂分を取り過ぎる作用の強い界面活性剤が必要になり、同時に浸透力やタンパク質変性作用も強くなるといえます。

怖いのは、脂分を取り過ぎる洗浄成分としての界面活性剤は浸透力とタンパク質変性作用も強いので、脂分を取り去りきれいになった毛穴にも浸透しやすくなるということです。生える育毛剤とはどんなものなのか

女性の薄毛 

2015年03月20日(金) 21時52分
ここ最近、50歳以上の年配の女性をターゲットにしたウィッグ(かつら)のテレビCMを多く見るようになりました。また、美容健康関連の雑誌でも、洗髪のやり方や育毛剤の紹介、頭皮マッサージのやり方、髪の毛が増える食べ物など、特集記事で紹介されていたりします。

休日に買い物に行ったときなど、エスカレーターの上から見下ろすと、頭のてっぺんの分け目がパカっと割れて地肌が見える女性がとても多いのに驚きます。30代くらいなら、細い線で地肌が見えていて、40歳を超えるとその線がかなり広がって見えます。

これらを見ていると、雑誌やテレビの特集で美容外科の先生が言っている加齢やホルモンバランスの崩れは、どの女性にもあることで、かつ30年前40年前にも、30代の女性、40代の女性、50代の女性はたくさんいました。現代のように、あらゆる世代の女性の薄毛が増えているのは、何かおかしいと考えるのが普通だと思います。

45歳頃から育毛ケアを始めた女性がいます。更年期に入っていく年齢です。すでに更年期に入っていたかもしれません。この人の場合はストレスが大きな問題で、かつ育毛剤を使った経験もなく、カラーもほとんどしたことがなかったのが幸いしたのでしょう。

シャンプーを替えて、時折頭皮のケアをしただけで、ストレスが解消されると50歳のときには、髪の毛にコシが出て透けている部分は無くなってしまいました。こんなケースを見ると、加齢やホルモンのバランスの崩れが大きな問題だとは思えなくなります。男性の薄毛対策とは

帽子ってハゲるの? 

2011年01月05日(水) 16時19分
帽子被ると頭皮がムレて良くないって言いますよね

これほんとなんですかねー??

ホントだったら困るので今のうちから禿げないように

育毛基礎知識を知っておきたい

ってことでネットで検索開始

・・・ネットで様々な情報を調べてみるとハゲないようにするには

結局、まずは頭皮を健康にしていることが一番大切みたいですね

頭皮の状態が良くない時にどんな育毛剤とかを使おうが効果はないらしく

何をしてもダメみたい。

なのでまずは頭皮をきれいにしてからマッサージってのが効果的とのこと

そこでも正しいシャンプーの仕方ってのがあるようで。


プラス普段の生活リズムとか食生活とかストレスとか全部が髪の健康と

関係があると言われているとのこと

って全般的に規則正しく健康的で清潔にってことですね

簡単なようでかなり難しそうですなこれは
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:workman
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる