呼吸に気を遣を遣って、お腹から行うだけでも、人はカロリー

April 28 [Thu], 2016, 2:05

ダイエットするにはまず筋肉を付けて基礎代謝をガンガン上げていくこと大切です。







減少するためにはどのような筋トレが求められるのでしょうか?有酸素運動が効力がありますが、やり過ぎはかえって筋肉が増えにくいと言われています。







大した程度でない有酸素運動の後に筋力トレーニングを行い、終わりにまた軽く有酸素運動を行うのが効き目が出やすいようです。







私は痩せようと思った時、自宅で可能なダイエット法として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を行い、筋肉量を増加して体内の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早めのウォーキングを30分以上実行しました。







これをなるべくなら毎日行うことで、2ヶ月で5キロの減量に成功しましたが、続けるのはとても難しかったです。







呼吸に気を遣を遣って、お腹から行うだけでも、人はカロリーを燃焼するそうです。







脂肪を燃焼させるストレッチとしては深く呼吸すると同時に肩甲骨を動かすのが良いのだと伺いました。







肩こりにも有効なのですが、両腕を上の方へまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は空に向けたまま、肘を曲げて体の後方に下げていきます。







この時に息を吐いて肩甲骨を縮めるイメージです。







どうしてもやって来るのがダイエットしても体重が減らなくなってしまう期間です。







こんな場合にはどうしたらいいのかと言うと、その状態でダイエットを切り上げてしまう人もいますが、無理なく続けるのが秘訣です。







もし、運動をしなくなったのなら、食事だけはカロリーをチェックしたり、食事に注意しないのなら、運動オンリーでも続けましょう。







本格的な複式呼吸を習得すれば、基礎代謝を上げられるといいます。







しょうがをすってお湯に溶かして飲んだり、身体をほぐすストレッチをしたり、半身浴でリラックスしたり、代謝を上げるのも努力がいると感じていた矢先だったので、まずは呼吸法を習得して、常時手軽に代謝を上げられるようになりたいと希望します。







若い頃は基礎代謝力がしっかりとしているため、少し食べ過ぎてしまい体重が増加してしまってもしばらく経てば元に戻ることが多くあるものです。







でも、歳をとるにつれて基礎代謝力が衰え、エネルギー消費量も落ちてしまうので、何の行動もしなければ太ってしまいます。







出産を終えて、増加した体重とたるんだおなかを元にもどすために、減量と合わせて人生初体験の筋力トレーニングをしました。







母乳のみで育児をしていたので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。







おかげさまで約半年でほぼ以前のような体型に返り咲くことができました。







ダイエットには有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の区別というか、境界線がわかりません。







一般的に言われるのは、息が上がるが汗をかくほどではないくらいというのが、違いのようです。







しかし、汗のかき方は外気温などによっても変わりますよね。







もっとはっきりとした基準があればダイエットする気になると思います。







基礎代謝の数値を知ることは必要です。







なぜなら、自分の基礎代謝量がわかっていない状態で、自分に必要な摂取カロリーの量を知ることはできないのが理由です。







若かったあの時のような無理してダイエットするのが体に無理ができなくなった分、常時冷静に数値の事を気にしていたいと思う日々です。







年齢と共に次第に体がたゆんできました。







痩せるためには運動と食事のコントロールが一番だとは思いつつなかなか時間が設けられずに実施に移せませんでしたが、長い時間を隔てて体重計にのってみてはっとしたんです。







第一に無理なく運動をするために、日々の交通手段を歩きに変えることから始めてみました。







これで僅かでも痩せると嬉しいです。







体型の変化はすぐに表れるわけではないと思います。







急激に痩せるということは身体に影響が出てしまいますので、段階的に痩せる方法を選び、それを何度も行い、少しずつ体重を減らしていくのがいいでしょう。







体重が少なくなったからとやめてしまうと、元の体重にすぐに戻ってしまうことがありますので、短くとも3ケ月は継続していきましょう。







人は、年を取っていくにつれて、体を動かしていく機会も減り、ほっておいたら、基礎代謝が低下していく気がします。







そのせいか、時間をかけてダイエットをしても、中々思ったように体重が減りません。







やはり、体質改善を先にやらないとやらないとダメですね。







始めに、体を温かくするために、生姜湯から、行いたいと思います。







寒いときにはもってこいの飲み物ですし、代謝がアップすることでしょう。







痩せることが出来る食事と言われたときのイメージは脂肪分や糖分が少ないものが浮かぶと思いますが、私の個人的な経験をふまえると、塩分を控えめにした食事がかなり効果的だと思います。







特に下半身のお肉が気になっているという方には、まずは減塩からはじめることを勧めます。







ダイエットをずっとやってると、カロリーを計らなくても、大まかですが、摂取カロリーが計算できるようになります。







主食と主菜、副菜をこのくらい摂取したので、今日の昼食に摂取したカロリーはいくらくらいというように見当がつくのです。







私にもデブだった時があるので、仕方ないのですが、少しおセンチな気分になります。







自分の生命をいじするための最低限のエネルギーを測ることは必須ですよね。







なぜなら、自分自身の代謝量がわからずに、どのくらいカロリーを摂取すべきなのか把握することは不可能だからです。







若かったあの時のようなダイエットに無茶をするのが体に無理ができなくなった分、常日頃から静かに数値を気にかけていたいと思うこの頃です。







痩せたい!と思うなら、まずは無理をし過ぎないことです。







食事制限をするダイエットは確実に痩せるのですが、悪影響もあるのです。







私は生理が来なくなってしまいました。







このときは、排卵が無くなり、産婦人科で薬をもらい治療しました。







あまり頑張りすぎると続かないし危険なのでは?というのが持論です。







常日頃、歩くときにお尻に力を入れて、多少、大またで歩くだけでも違いが出てきます。







ひと口にダイエットといっても方法は様々ですが、基本となるのはやはり運動と食事のバランスだと思います。







食事制限を行うとともに運動を行うと一段と効果的なので、毎日ストレッチやトレーニングをすればいいかもしれないですね。







スポーツジムといったところに通うのも良いと思われますし、それができないといった方はご自分でジョギングなどのトレーニングをできるだけ行うように心がけていきましょう。







ダイエットには有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の判断基準というか、境界線がわかりません。







普通、息は上がるけれど、汗をかくほどではないというのが区別できるようです。







でも、汗のかき方は気候によっても変わりますよね。







もっとはっきりとした違いがわかるとダイエットも成功すると思います。







若い頃は基礎代謝力がしっかりとしているので、多少の食べすぎで体重が増えたとしてもしばらくしたら元に戻るという事が多いと思います。







けれども、歳をとっていくと基礎代謝が衰えてしまい、それと共にエネルギー消費量も減少するので、何もしなかったとしたら太りやすい体になります。







痩せたいとは思ってるのですが、食事制限はあまりしたくないし、運動する時間も取れません。







そんな感じで悩んでいた時、いい物を見つけました。







それが痩せるお茶です。







食事量を減らすダイエットは肌にも髪にも良くないので、出来るだけ必要なカロリーを摂取しつつ、その痩せるお茶を飲むことにより、リバウンドなしでダイエットできました!。








愛してるが止まらない
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wopii1f
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wopii1f/index1_0.rdf