蛙始鳴

May 05 [Thu], 2016, 9:58


かえるが恋しがり鳴き始めるころ 
暦の上ではもう夏
5月の「4時からサロン」のごあんない

5月10日(火)16時から21時
by 孫右エ門

Longhollday明け
休みボケから復活できず
気合いが入らないなら
仕切り直し
明るいうちからビールといきませんか
コーヒーにケーキもご用意してます
そんなに早く仕事が終われない・・・という方も
ほどほどにさっさとお片付けして
お気軽にお越しいただければ幸いです

蕗冬花咲

January 14 [Wed], 2015, 23:05
数十年ぶりの大雪で歳が明けた京都ですが
水木庵会の皆さんはどのような松の内をお過ごしでしょうか。
寒中御見舞申しあげます。
昨年9月から4ヵ月振りとなりますが
大寒を迎える20日の火曜日が今年初の水木庵会です。
正月七日、十一日、十五日と正月終いの行事はいろいろありますが
二十日正月、この日をさいごにお正月もお仕舞い。
新たな志も必要のない、年中お正月気分の皆さん
正月の祝納めです。未歳初めての水木庵の会にぜひお集まりください。

岩T2014できました

June 19 [Thu], 2014, 10:28
今年の岩戸山Tシャツは、
江戸時代前期の岩戸山を、ゆるカワのイラストでデザインしました。
佐賀出身で東京で活躍中のイラストレータ・ミヤタチカさんによるものです。

その頃から囃子はおこなわれていましたが、大屋根はありませんでした。
ご神体である岩戸神話の「アマテラス」と「タヂカラオ」は櫓の上に、
日本国創世の男神「イザナギ」が山洞の上に鎮座されていました。
現在の岩戸山のような形になったのは江戸中期、天明の頃だとか。

祇園祭の13日夕刻から16日宵山まで、岩戸山にて2000円(税込)で販売しています。
この岩戸山Tシャツをご購入いただいた方、
またご着用の方は岩戸山へ上り拝観できますので是非お買い求めください。

さて、岩戸山のご神体「イザナギ」「アマテラス」「タヂカラオ」、
実際に安置されているお姿はどんな様子なのかといいますと、
まず「イザナギ」は陣羽織姿で大きな金色の眼、大きな獅子鼻に紫黒色の顔。
威厳ある姿ながらどこかしら親しげに感じられます。
「アマテラス」はなぜか男装姿。白い衣の前に鏡をかけています。
古い文献のなかには、ときおりアマテラスが男神として描かれているものもあるそうです。
そしてもうひとつが「タヂカラオ」。
褐色の肌に少しとぼけた長顔で人の良い笑みを浮かべています。
こんなところに古人のおおらかさや、祭を愉しんだ様子が感じられますので、
祇園祭に来られた際は、ご神体含め拝観に、岩戸山へお越しください。

立夏

May 12 [Mon], 2014, 10:05
鴨川の床も始まりました。
立夏…暦の上では夏の始まり。
梅雨になる前の一番過ごしやすい時期。
日差し、気温が高くなったこの頃は、空豆がおいしい。
マメに働くよりも、マメはビールのアテ、という皆さん。
各月毎になった水木庵の会、今月の20日火曜日開催です。
夏の扉が開いたということで、まずはビールで乾杯といきましょう。

弥生の会

March 11 [Tue], 2014, 11:48
暑さ寒さも彼岸まで…と言いますが、
その彼岸の入り、18日(火)が今月の水木庵の会です。
七十二候でいえば「雀始巣」、雀のお宿じゃなく、
雀が巣を作り始める頃、ということでしょう。
次候は「桜始開」、そろそろ桜前線の話題もでてくる頃。
今年の京都での開花予想は28日頃だとか。
ということで、そろそろ春ということです。
春の陽気に誘われなくても、年中ふらふらしている皆さん、
開花より一足早く、粋な話で一花咲かせましょう。

睦月の会

January 21 [Tue], 2014, 9:53
寒の入り半ば、厳しい寒さが続きますね。
松の内も過ぎたところで、改めまして皆さん明けましておめでとうございます。
新年初めての水木庵の会は、28日の火曜日。
その翌週は立春、暦の上ではスプリング。
大寒過ぎれば、これからは暖かくなるということ。
アベノミクスも消費税アップも都知事選も、お酒の上ではノープロブレムの皆さん、
「水沢腹堅」さわみずこおりつめる季節、
さわみずのこおりと寒の水で乾杯といきましょう。

霜月の会

November 06 [Wed], 2013, 15:35
いつまでつづくんざんしょという残暑も終わり、
空も青く澄み、乾いた風が心地よく感じるようになりました。
これからは秋も深まり、写真の桜松の見頃ももう間近。
サクラでもトラでもなく、皆さんのお越しをお待ちしております、水木庵の会。
11月19日の火曜日が今回の開催日です。
各月ごとの開催になったこの会、一回欠席すると次に顔を会わすのは4ヵ月先。
お忙しいとは思いますが、忙中閑見つけて是非ご参加ください。

仲秋

September 09 [Mon], 2013, 8:41
最近は各月ごとの開催となりました水木庵の会。
今月は開催月です。
仲秋の名月二日前の17日の火曜日。
七十二候では「玄鳥去」つばめ去る。暦の上では秋半ば。
ススキのかんざしも、熱燗徳利で一杯も、頃合いの季節。
17日はい〜なでいなり寿司の日らしいです。
水木庵の会も今回でい〜な、い〜なで50回。
ということで団子ではなく、いなり寿司で、
やや満月に近い一夜、一足早い月見といきましょう。

夏越し

July 23 [Tue], 2013, 11:30
ひと月ぶりの水木庵の会は29日の月曜日です。
還幸祭が終れば、一カ月続く祇園祭も残すは31日の夏越しの祭だけ。
八坂さん境内の疫神社でおこなわれ、茅の輪をくぐり疫病防除を祈ります。
その茅の輪の茅萱を抜いて持ち帰る人がおられますが、
それぞれの穢れを吸い取った茅の輪。ご利益があるのかかどうか…?。
山鉾巡行も賑やかなお囃子と風流な装飾で怨霊を呼び寄せるという説あり。
町内に戻ってきた山鉾の懸装品をすぐに取り外すのは、
取りついた怨霊をいち早く取り払うためなのでしょうか。
そんな土着ならではの祭談義でもしながらお祭りの余韻を楽しみましょう。

寒中御見舞

January 21 [Mon], 2013, 17:11
例年十月下旬頃から咲き始める山茶花が、年が明けてようやく開き出しました。
やっぱり「赤く咲いても冬の花」なんですね、さざんかは。
おっつけ椿が開きだしそうな気配です。
まだまだ寒さが厳しい28日月曜日が今月の水木庵の日。満月の次の日です。
熱燗もいいですが、寒の水での水割りも体には良いのだそうで…。
寒の内が過ぎ、節分が来れば春。
冷静な皆さんのこと、世間の景気の良さげな浮いた話には踊らされずに、
一足早い春の日溜まりのようなあたたかい粋なお話しで一杯といきましょう。

P R
プロフィール
w4
Wood Four
*Planning&Graphic Design
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像hikomaro
» 岩T2010 (2010年05月16日)
アイコン画像ひこまろ
» 案内状 (2008年03月10日)
アイコン画像風の便り
» 年の瀬 (2008年01月22日)
アイコン画像hikomaro
» ふく (2007年12月01日)
アイコン画像hikomaro
» しらかわ (2007年09月29日)