お知らせ 

October 18 [Sat], 2008, 10:28
☆お知らせ☆


お寄りいただいてありがとうございます。

現在、当ブログは悪戯コメントが入る為、コメント・トラックバックを閉めています。

「続・旦那さんは兼業主夫」でブログを続けていますので、こちらに遊びに来ていただければ嬉しいです。

今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m


woo

引越しのお知らせ 

March 03 [Mon], 2008, 16:50

帰国しました。日本はやっぱり乾燥してますね〜。

唇にヒビが入っちゃいました。



突然ですが、yaplogさんから引っ越すことを決めました!

「続・旦那さんは兼業主夫」で今まで通りに続けていきます。

もしもしも、今後ともお付き合いいただけるのでしたら、

リンクの変更をしていただけますととても嬉しいです!

ではこれからも宜しくお願いいたします。

バンコク 

February 26 [Tue], 2008, 17:53

バンコクからです。





まずはホテルから見える景色をどうぞ。



高層ビルはショッピングモールや超高級ホテルです。

結構すごいです。

手前は雑居ビルです。





ちょちょちょっと角度を変えますと、



これぞ、バンコクった感じの建物です。





望遠で覗き見しますと・・、



屋上が調理場(?)になってます。

こんな排気ガスまみれの調理場で作られた料理を食べたら・・、

とかいうようなことを考えたら、何も食べられなくなちゃうのでやめます。





寝てる人もいます。



もちろん柵なんかありません。

「寝返りうったら落ちちゃわないのかな〜」なんて心配すると、

こっちが眠れなくなるので考えるのはやめときます。





またまた角度を変えて望遠で覗きますと、違うビルの屋上です。



「そこの材木だかなんだか知らないけれど落ちそうじゃん!」

なんてことを言ったところで、誰も気にしないから言いません。

どんなに暑くても建物のそばを通らず、道の真ん中を歩くようにします。





ホテルの窓から覗くだけでもいろんなものが混沌としている、

それがバンコクです。

エレファント・キャンプ遭遇 

February 24 [Sun], 2008, 18:32

色々行きましたけど、殆どの写真は田んぼ、畑、果樹園、灌漑水路、そして牛です。





そんな中、唯一寄り道したところがありました。

Mae Taengのエレファント・キャンプです。

チェンマイ盆地を北上していると、

エレファント・キャンプの看板が出てきたので、ついふらっと左折してしまいました。

左折してから状態の悪い道(カーブと亀裂)を気をつけながら走ること約10km。

やっと象に出会いました!



トレッキングを終えた象





こういう場所では、白人ばかりということも珍しくはありません。


団体はどこの国の人でもパワーがある



象にとったらたいした差じゃないかもしれないけど、

一般的に小っさいアジア人とおっきい白人を乗せるのでは疲労度が違うから

料金を別にしてくれるとうれしいんだけどな。

あと、人力車とかツクツクも。



というと、さも象に乗ったみたいだけど、600バーツ持ってなかったので乗れませんでした。

(持ってるには持ってたけど、それは万が一バイクが故障したときのためのお金だから)



おまけに、入園料(120バーツ)も支払わずに象のショーを見ちゃいました。

象と調教師さんにチップを渡し、お土産にキーホルダーを買ったけどごめんなさいです。

ここのエレファント・キャンプは山中にあるので、一般に観光客はツアーで来るから料金は先払い。

あと、バイクや車で来る人も居るけれど、

女1人ってのはそうそう居ないから誰もお金を払えとは言わなかったのでした。



白人の少年には、謎の物体を「ワッツ ディス?」と聞かれたので

「タイ人じゃないから知らない」と答えたところ妙な顔をしてました。

私からみれば、ここに居た白人はみんなおんなじ国の顔に思えたけど、

耳を澄ませば英語、スペイン語、知らない言語が入り乱れていました。

それとおんなじなのね。

少年もアジアを旅すれば、アジア人にもいろんな顔があるんだってことがわかるようになるさ。

少年よ、旅をしなさい。

ということは、私は欧州旅行をしろということか?





9年前にチェンマイに来たときには別のエレファント・パークに行ったけど、

確かこんなショーは無かったと思うのがこれ。



何をゴチョゴチョ話しているのかなぁ〜





絵を描いてました!



このあと象君は、自分の名前も書くのでした!!



象ってなんて賢い動物なんでしょうね。



この絵は500バーツくらいで販売してたと思います。

実は、12月来たときも別のエレファント・パークに行ったんだけど、

そっちの象の絵は半端なく上手でした。

細かなタッチとか色使いの絵になると1万バーツ越えってのもありましたけど、

一般には1,000-2,000バーツでした。





エレファント・パークを堪能した私は、本来の目的に戻るべく本来の道に戻るのですが、

この寄り道(20km)のせいでガス欠にならないか、マジで心配しながら山中を走らせたのでした。

そういうときに限ってなかなか無いんですよねー。

やっと見つけたときの嬉しさといったらありゃしない(笑)

次からは、ペットボトルにガソリンを入れてから寄り道しようと思ったのでした。

750kmジャーニー 

February 23 [Sat], 2008, 14:43

迷惑かけてんなぁ〜と思いつつ楽しんでます。

時間に余裕があるせいか、最近にはない頻度でブログも更新しているし(笑)。

まぁ、ジジがたまに見ているので近況報告ってのもあるんだけど。








この澪ちゃん号で、チェンマイ盆地を750km強駆け巡りました!




750kmの中でも一番驚いたのが、なんと検問にあったこと。

ふくみみさんならわかるかな?

検問なんてそうそう出会えるものじゃない。



ドデカイ事件かお巡りさんのお小遣いが無くなった時くらいにしか検問なんてないらしいし、

ましてチェンマイ盆地のど田舎で会えるとはすごいというか素晴らしい。

車も止められていたけど、検問内容はバイクのメット着用チェックでした。

いやぁ〜メット被っててよかった。

国際免許もっていてよかった。

(無くても乗れるけど、出発前日に慌てて取りに行ったのでした)





チェンマイ市内、地方関係なくバイク専用道路がほぼあるのでこのレーンを走っていればマル。



たまに路駐や亀裂・段差などがあるので気をつけなきゃいけないけど、

日本もこういう所(専用レーン)は見習うべきだと思ったな。

あと、日本と違う交通ルールは信号が赤でも左折OKってとこ。

渋滞緩和には役立ちます。






市内ではたまにカウントダウン形式の信号にもお目見え。



イライラしなくてすむし、アイドリングストップのためには有効手段だなぁと感じました。

(でも、アイドリングストップをする車はいなかったけど)





もうひとつ驚いたのはこれ。



ただの朝礼とかではありません。

中学校に軍人が来て、銃の練習をしていたのです。

銃が本物かどうかはわからないけど、国が違えば授業も違うんだなぁと実感しました。





日本に戻ったらバイクの免許を取りに行くかもしれないと思っている今日この頃です。

迷惑かけてるな〜 

February 22 [Fri], 2008, 14:42


こっちの牛は耳が長いんだよ!



成長するにしたがって胸の下部が伸び(?)、

肩に大きなコブが出来てくる。




この前の水曜日(20日)、

チャーリーとスクラッフとShinの長い長い留守番は終わりました。

Shinの2月は暇な予定だったので留守番をお願いしたのですが、

結局のところ早朝から夜遅くまで仕事があった様子。

Shinも大変だったけど、チャーリーも大変だったみたい(笑)

どうしてもどうしてもどうしてもUNCHIがしたくってしたくってしたくって

仕様がなかったらしく1回だけ漏らたそうです。

でも、奴は奴なりに頑張ったんだって。



だってね、ジジが出張から戻ってきたら、鼻の先が剥けていて流血してたんですって。

チャーはいつも鼻先で扉を開けるんだけど、

外に出る為に家中のどっかの扉をずーっと鼻でこすってたみたいというのが真相。

奴なりに頑張ったんだなぁ〜と思うといじらしいのと同時に、

これでもう犬飼い以外のお客様を呼びにくくなったことは言うまでもありません。





そういえば、引っ越して以来NTTを休止したままでした。

夫婦共に携帯持ってる、ネットもつながってる、

おまけに友達も少ないときたらNTT要らないんじゃない?という理由で。

ところが、ジジがShinに携帯をかけてもメールをいれても無しのつぶて。

携帯を(わざと)会社に忘れていたらしい。

ジジは心配で心配でたまらなかったようです。

なので、Shinと話すため(?)にNTTに急いで工事に来てもらい10ヶ月ぶりに開通したのでした。

おかげでジジは無事Shinと喋れたそうです♪



本当に2匹と2人には迷惑をかけっぱなしだなぁ〜とシミジミ思ってます。

でも、今日.明日とPC相手にチェンマイで過ごし、

あさってにはバンコクに向かうのだ。

もうちょっとで日本にも向かうから待っててね!





私が帰れば帰るで、ジジはまた食事をつくらなきゃならないんだけど・・。

花盛りということは、実がないということで。 

February 19 [Tue], 2008, 20:15

「富士には月見草が良く似合ふ」と言ったのは太宰治ですが、

私は「チェンマイにはブーゲンビリアが良く似合う」と常々考えています。

だからといって私は偉大な作家にはなれませんが・・。







いろんな場所でみるけれど、チェンマイが一番!

やっぱり、日本の桜が世界中で一番綺麗だって思う感覚と一緒かな。

(すんません主観すぎで)





とはいえ花の都を自負するチェンマイでは、

現在、ブーゲンビリア以外にも数え切れないほどの花が咲き乱れています。






南国でお馴染みのプルメリア。

日本の夏、高速道路に咲き乱れている夾竹桃(白か濃桃)と同じ科だけど、

夾竹桃はどーも存在が薄いというか暗いと感じちゃうのは

高速道路のイメージが強すぎるからか?

子ども時代、トイレの芳香剤に金木犀の香りが氾濫していたとき、

金木犀の匂いが漂ってくると便座を思い出してしまったっけ・・。







これは、よくわからないです。

割と大きな木に咲いているけれど、花は形・大きさともにチェーリップのようです。

この花も好きなので、今度調べてみようと思う。

というか、誰か知ってたら教えて!







これはバナナ(ショウガ目バショウ科)。

タイには極楽鳥花(ストレレリチア科)、ショウガ(ショウガ科)などショウガ目の植物がとても多いです。

ショウガ目の良いところは、花の形が非常にユニークなところ。






これはロンガンの花です。

というかね、ミツバチのホバーリングと脚の受粉がこの写真のすばらしいところだ(笑)

小さくって見えないだろうから、自己申告しておくわ。

花の元に小さく見える球形はロンガンなのよ!

花の写真は歩いていたり、バイクに乗っているときに撮るのでコンパクトデジカメ。

IXY君頑張ってくれているが、私の腕ではこれが限界だ。

(あと、特に花などの写真をブログ用におとすと、どうも画像が荒くなるのはなぜなんでしょうか?)





悲しいかな〜、このロンガンが私の一番の大好物。

この季節、チェンマイは花盛りということは果物が無いということで、

こんなに寂しいことってありゃしない ウゥ (-_\)(/_-)ウゥ

お寺と郵便ポストの関係 

February 16 [Sat], 2008, 20:27

今日から暫くの間、バイクを借ります。

オートマで排気量は、100ccくらいじゃないかな?

日本で乗っているズーマよりもパワーがあり運転しやすいのだ!

もちろん速度は40km程度に抑えてメットして運転をしますが、

みんなは60-70km且つノーヘル、2-3人乗りでブンブン飛ばしていきます!

でも、車の運転は安全運転でクラクションも聞きません。





ヤマハで澪って書いてあります



ジジに心配かけちゃうけど、本日の走行距離は100kmです。

疲れたよぉ(−−;)





ところで、タイは本当にお寺さんが多いです。




私はこのスタイルが好き




でも一般的にはこんな風に金色でピカピカしている




真ん中にあるのは、大きな石のです



この象を見ると、9年前にジジと一緒に来たことを思い出しちゃうな〜。

こういう大きなお寺さんの一角には、

小学生から高校生くらいまでの男子の学校と寄宿舎が併設されています。






この歳になればお願いしたいことも出てくるので、

お寺さんがあちこちにあるのは都合が良いといえば都合がよいです。

そのかわりと言っては何だけど、郵便ポストがものすごく少ないです。



たまには葉書でも書いてみようかなぁ〜と思ってもポストが無い。

そのまま忘れて日本まで持って帰って、出さず仕舞いってこともあったっけ・・。

もちろん葉書を出すお店はちゃんとあるんだけど、

カレーのシミとかつけられたくないし、やっぱりポストに入れたいじゃん!

(こっちの人は常に何か食べている印象があるな)





タイのお寺さんは、日本で見かける郵便ポストのようにたくさんあり、

タイの郵便ポストは、日本で見かけるお寺さんのように少ない、

そんなイメージです。

タイの犬たち 

February 12 [Tue], 2008, 19:48

チェンマイではミニプードルが流行っているみたいだ。

次がシーズ、パグって順番かな。

勿論、雑種がダントツだけど。






これは、usedのTシャツ。日陰を求めて下にはワンコが。

チェンマイでは、usedのTシャツ、靴、パンツ(下着とズボン)など何でも売ってんだよ。






こやつらは、いつも私の通り道にたむろしている。

車が通っても動じない。

だから、私なんか眼中にもないらしい。

写真を撮ろうとしたら、みんなこっちに向かって来た・・。

「来なくていいから〜!」

(タイの農村で咬まれてから、犬の集団には気をつけるようになったのだ)






バンコクでは見ないけど、洋服着ている犬もいる。

朝晩が涼しくなるからだろうけど、どーも汚い。

喧嘩でもしたのかビリビリに破れているのもみる。

つまり、ずーっと着させられたまんまか?

昼間は暑いと思うよっ!!






で、ピックアップの荷台やバイク、自転車に乗っている(乗せられている)のもいる。

なぜか飼い主が自慢げな顔をしているのは、世界各国共通なのか?





ついでに猫も。



タイに限らず、東南アジアで見かける猫はおとなしくて結構かわいい。





どーでもいいんだけど、犬猫関係なく白黒をみるとスクラッフを思い出しちゃう。

今日から4日間留守番なんだよね。

「チャー兄ちゃんと一緒にがんばれよ〜!

Wooが遠い異国から祈っておくからな。」


と、今日はこれが言いたくってソンテオ(ピックアップトラックのタクシーで20バーツ)に乗って、更新しにきちゃったよ。

私もアホだな〜。

タイ人気質 〜遅延と道路と電線〜 

February 11 [Mon], 2008, 18:12

そういえば何回も飛行機に乗っているけれど、飛行機の出発を遅らせたのは初めてだ。

去年、タイ国際空港は場所が移転して、それに伴いシステムが若干変更した。

例えば、バンコクからチェンマイにいく場合、バンコクで入国審査を受けなくてはならない。

その辺りはチェック済みだし、1ヶ月前にも利用しているから油断していた。

バンコクに着いて空港職員に聞いたら、

「入国はここじゃないから、搭乗時刻までそこで待て」と言われた。

でも、タイは適当なところがあるので何人かに聞いたけど同じ事を言われた。

そうしたらチェンマイ便発30分前になって空港職員が慌てて、

私を含む日本人数人にすぐに入国審査を受けろと言ってきた。

「だから、聞いたじゃん」と内心思いつつも、

職員連れられて入国審査場所に行くと

500mも違う場所に連れてこられていた (この時、連れてきた職員は居ない)。

飛行機を遅らせるから猛ダッシュで走ったけど、結局アウト。

出発時間を30分も遅延させちゃった・・。

そんなけで、普段は喋ることもない日本人と話しが弾んだってわけだ。

自分の仕事以外は無関係っていうか「どーでもOKよ〜」ってのがタイ人気質の一つかもしれない。





前回のコメントで「道路も電線もあるんだ」と言ってた人が居たけれど、

そりゃぁあるよ!

でもさ、日本とは違うよ!!




コンガラガッテマス




私でもぶつかるので、常に頭上注意!




足元も常に注意!




コンクリに足跡がくっきり。私も生コンクリにズボッと突っ込んだ経験者




こんな大まかなところもタイ人気質の一つかもね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Woo
読者になる
<家族>
アイコン画像 Woo
頑固でほんのぽっちり優しい妻もどき

アイコン画像 ジジ
とても優しいけれど、実は頑固な一面をもつWooの旦那さん。

アイコン画像 チャーリー君、1999.3.19生まれ、もと♂
ジジとは永遠のライバル。中々素直になれない不器用者。人間だったら、こだわり過ぎる職人タイプ。

アイコン画像 スクラッフ君、2002.12.7生まれ、もと♂
「飼い主を喜ばせるのなんかチョロイもんだぜ〜♪」と思っている。人間だったら、さらっと出世街道まっしぐらタイプ。
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧