腹筋でどれくらいカロリーは消費できるのか? 

September 18 [Thu], 2014, 8:23
腹筋でどれくらいカロリーは消費できるのか?

ワンダーコアを使った筋トレでどれくらいカロリーが消費できるのか、
ダイエットしている方はおおいに気になるところだと思います。


公式の発表はないのであくまで目安ですが、
参考になる数値を書いておきたいと思います。


一般的に腹筋運動により消費するカロリーは
体重1kg、1分間につき0.1485キロカロリーと言われています。

この数値に男性、女性、年代別の補正係数をかけて算出します。


補正係数は以下のとおり

男性(20〜29歳):1.00
男性(30〜39歳):0.95
男性(40〜49歳):0.94

女性(20〜29歳):0.95
女性(30〜39歳):0.87
女性(40〜49歳):0.85


例えば30歳で体重50kgの女性が腹筋を20回行った場合は

1分間に6〜7回として20回行うのに3分間かかったとします。

50(体重)×0.1485×3(分)×0.87=19.37925

ということで約20キロカロリーを消費できます。




筋トレよりもジョギングの方がいい!?

もし腹筋を1時間やり続けることができればもっとカロリーを消費できるのですが、
それって現実的には無理ですよね。

カロリーの消費にこだわるのであれば、ジョギングの方がいいかもしれません。

ちなみにジョギングの場合、1分間に120メートル走ったとして、
体重60kgの成人女性の場合、1時間で290キロカロリーを消費できます


だったら筋トレは効果がなくてジョギングの方がいいのか?
と言われればそれは違うと思います。

筋トレの効果で筋肉量が増えればそれだけ基礎代謝量もアップします。

筋肉が増えれば身体は引き締まるし、脂肪をより燃焼させることができるので、
やはり筋トレの効果はあると思います。


かと言って、何も筋肉モリモリにする必要はありません。

女性の場合、筋肉がつくのを嫌がりますが、普通に筋トレしても
筋肉を発達させるのにはけっこう苦労します。

女性の場合、本気で鍛えたとしても脚が太くなることなんてないので
その点は心配しなくても大丈夫だと思います。




おすすめは筋トレで筋肉量を増やしながら、
有酸素運動で皮下脂肪を燃やすことです。

筋トレの後に有酸素運動の順番で行います。

両方をうまく併用することでより効果な体づくりができますよ♪

ワンダーコアはお腹回りや下半身の引き締めに効果があり、
短時間で効率的に鍛えることができるので私はおすすめだと思います。


詳しい使い方については専用のワークアウトDVDがついているので
すぐに分かると思います。

付属のワークアウトチャートに写真入りで解説があるので
見ながら行うこともできます。

詳しくはワンダーコアの公式サイトをご覧ください


<a href="http://fukkin-machine.com/" target="_blank"><span style="font-size: large;"><b>>>ワンダーコアの詳細はこちら</b></span></a>
















脂肪は内蔵脂肪→皮下脂肪の順に燃焼する 

April 17 [Thu], 2014, 23:22
一般的に有酸素運動を20分以上続けると内蔵脂肪や皮下脂肪が燃焼します。

そして、これは私も知らなかったのですが、先に内蔵脂肪が燃焼して、それから皮下脂肪が燃焼します。

肥満の方は皮下脂肪だけでなく内蔵脂肪もたっぷりついています。

ダイエットするとたしかに体重は減るのですが、それは内蔵脂肪が燃焼して減ったから。

でも見かけ上は皮下脂肪が燃焼していない以上、ダイエットする前とあまり変わりません。

これを知らないでいると、せっかくダイエットに励んで体重が痩せたのに自分の身体を見てみたら前と全然変わっていなくて、心が折れてしまいます。

ダイエットして順調に体重が落ちているのなら内蔵脂肪がよく燃えた証拠です。そのまま引き続きダイエットすることで皮下脂肪も燃えてぐんぐん痩せて見えるようになりますよ。

有酸素運動するなら空腹時の朝が狙い目!? 

April 17 [Thu], 2014, 23:20
ジョギングやウォーキングなど有酸素運動をする上で一つ大事なポイントがあります。

それは食事の前後で体脂肪の燃焼効果がかなり変わってしまうことです。これにはインスリンが関係しています。

実は食事をするごとにインスリンの濃度は高まるのですが、インスリンは脂肪利用を抑制するホルモンであるため、食事後はせっかく運動しても体脂肪をあまり燃焼してくれないのです。

つまり有酸素運動するなら食事する前の空腹時の方が体脂肪をよく燃焼させてくれるということです。

もっと言うなら、食事した時間から遠ざかるほどよく体脂肪を燃やしてくれます。1日のうちでもっとも食事から遠い時間、それは朝ごはんのタイミングです。

夜寝て朝起きるまでの間はかなりの時間が経過しています。この時間こそがもっともインスリンの濃度が低くダイエット効果が表れるのです。

もしジョギングやウォーキングするならとにかく朝ごはんの前というのが鉄則ですね。