探偵カメラの周波数

February 12 [Thu], 2015, 0:51
録音式の物や電池で駆動する種類の盗聴器は、一定期間ごとに回収や電池交換を必要とするが、それらは身近な物品に仕掛けられている事も多々ある。
小型の物では目にカメラ付きにくく、発見されにくい。例えば、電卓や筆記用具、小型家電製品や置物といった調度品などである。
この他、音がしないと電波を発信しない探偵タイプもあり、これは常時発信タイプよりも電池寿命が長く、また発信元の探知も難しい。
http://www.jp-security.net/
隣の部屋から発せられる声や物音を盗聴するカメラ場合はコンクリート探偵マイクが用いられ、これはテープレコーダーやICレコーダーに接続して録音することができる。
記録媒体として写真フィルムが普及し、コンパクトで手軽に写真が撮影できるカメラが大衆化する。1950年代まではイギリスやドイツ、アメリカ合衆国が世界市場を牽引していたが、1970年代以降は、日本製のカメラが世界市場を席巻する。
1963年(昭和38年)には、露出を自動化したAEカメラが現れた。
市販の盗聴器は概ね使用されている周波数が決まっているため、その周波数にのみ反応する比較的安価な電波受信機も市販されており、その機器の反応の強弱で位置を特定、発見する事も可能である。ラジオの放送帯域を利用するタイプでは、屋内で音を出したまま、家の外でラジオ放送の選曲をしてみるなどの方法で発見も可能である。
さらに1977年(昭和52年)には、オートフォーカス機構が実用化され、構図を決めて探偵シャッターを押すだけで写真が撮れるのが当たり前の時代になった。
http://squarepeggame.com/
2000年(平成12年)ごろから、撮影した画像を従来の銀塩フィルムによる化学反応ではなく、デジタルデータとして記憶素子に記録するデジタルカメラが一般に登場する。
その後、デジタルカメラは徐々に勢力を伸ばし、ついには従来のフィルムカメラを駆逐する勢いとなっており、カメラメーカやフィルムメーカの事業縮小が起こっている。
高度な物では、それ専用のカメラ技術者が設計・開発から製作までを行っており、電子技術の発達にも伴い、小型軽量・低消費電力化が進んでいる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さんよう
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/wonbzx/index1_0.rdf