【 更新情報 】

スポンサードリンク

女性向け転職サイト

転職サイトで女性向けに作られているサイトが増えてきましたよね。
女性の転職サイトと言えばリクルートが運営する「とらばーゆ」というイメージがありますが、調べてみると他にもたくさんあることに驚きました。

転職サイトが女性向けに、または専門に作られるようになったのには、女性の社会進出が大きな影響を受けているわけですが、どうやらそれだけの理由ではないようです。

総合転職サイトを利用した場合、現在男女の区別なく求人する会社が多く、女性でも正社員として雇ってもらえる時代になりました。
ですが、働く女性を理解してくれている会社ばかりではなく、産休を快く思っていない会社もあれば、女性だからと勝手に短期扱いされたりということもあるようです。

女性の転職サイトを活用するメリットと言えば、結婚・妊娠・出産・育児と大きく生活が変化する女性にも安心して仕事ができる職場の提供があるということです。
転職サイトを利用する女性が、働くことだけに意欲があるというのは間違いで、女性は家庭も仕事も充実させたいと考えている人が多いです。
女性の社会進出とは、キャリアウーマンだけに当てはめられる言葉ではありませんよね。

女性の転職サイトでよく利用されているのは「とらばーゆ」「女性の転職@type」「ウーマンウィル」「フォーダブル」「ウーマンキャリア」「トレンダーズキャリア」などがあげられます。
転職サイト内では、家庭と仕事の両立のコツや女性の収入アップ方法などのコラムも充実していて、是非参考にしてもらいたいです。

人気の転職サイト

転職サイトで人気の5サイト「リクナビNEXT」「DODA」「マイナビ転職」「@type」「[en]社会人の転職情報」を比較してみたいと思います。

転職サイトで求人数を比較した場合、リクナビNEXTとDODAはトップクラスです。
DODAでは非公開求人に力を入れおり、実際の求人数はダントツDODAだと口コミでは評判です。
ただ、転職サイトの求人数を比較参考する場合、多すぎない方がいいという人もいます。
ある程度の数があり、自分に合った職を見つけることが出来るという意味では、[en]社会人の転職情報は口コミでも満足度が高いサイトです。

転職サイトでスカウトサービスを比較した場合、やはり積極性では草分け的存在のリクナビNEXTは圧倒しています。
転職サイト内では、大手企業の今月のスカウトマンが紹介されており、スカウト実績も公開されているので期待が高いですよね。
比較されることが多いDODAでは、内容は別にして数は多いとのことです。

転職サイトでコンテンツを比較した場合、コラムやメルマガの面白さや役立ち度は、口コミによればマイナビ転職で求人は利用しないがコンテンツは読んでいるという人の数が多いサイトです。

転職サイトでIT企業・外資系の強さを比較した場合、@typeが最も優秀で逆に言えば求人に偏りがありますが、目指す人には有効かつ効率的に利用できるサイトです。

転職サイトでデメリットを比較した場合、リクナビNEXTでは求人が多すぎることYahoo!ログインが手間、DODAではエージェントへの誘導に不満、マイナビ転職では求人数が少ない、@typeでは求人に偏りがあり、[en]社会人の転職情報では求人が若者向けであるとの不満の声が聞こえます。
数や内容、サービスでどこのサイトを利用すればいいか、結論は転職サイトの掛けもちに限りますね。
各サイトのメリットを十分に利用活用してくださいね。

転職サイトのランキング

転職サイトのランキングは、口コミの評判をもとに作られているため転職時には参考になります。
転職サイトのランキングが、転職しやすいに直結するわけではありませんが、みんながどんなサイトを利用しているのかという目安になればと思います。

転職サイトのランキングで、1位はリクルートが運営する「リクルートエージェント」で他に「リクナビNEXT」や女性には「とらばーゆ」なども口コミでは評判です。
転職サイトだけでなく、就職・派遣ランキングでもリクルートは評判で、さすが日本最大級の求人情報サイトだなと思いますね。

転職サイトのランキング2位は、リクルートと並ぶ大手転職サイトの「DODA(デューダ)」です。
求人数はリクルートより圧倒的に多く、両方を使いこなすという人がほとんどです。
口コミを見てみると、相談などの支援対応が良いと評判で利用者数も多いのですが、エージェント誘導などのサイト構成に不満を持っている人も多いですね。

転職サイトのランキングの続きは、統計を取っているサイトによりけりで順位は入れ替わりますが「@type」「イーキャリア」「green」「マイナビ転職」「[en]社会人の転職情報」「Q-JiN」などがあげられます。
また、転職サイトの口コミランキングに含まれていることがある、ロボット型サイトも便利で「ジョブダイレクト」「ジョブエンジン」「仁王」など、サイト上にある求人を一括検索することが可能なサイトも皆さん効率的に利用しているようですよ。

転職サイトの就職求人

転職サイトの就職求人を見ていると、最近では「第二新卒募集」というものが目立ちます。
転職サイトに多い第二新卒とは、新卒と中途採用の中間にあたる人のことを指します。
具体的には、就職の有無に関わらず、社会人1〜3年目の若者が対象です。
転職サイトで第二新卒の就職支援に力を入れているのが、リクルートが運営する各転職サイトで、特集もあり該当者は必見です。

転職サイトでは第二新卒の就職は、人材ニーズの高まりでチャンスだと言っています。
新卒で就職できなかった人、就職したけれど自分には合わなかった人、仕事の経験はなくても社会経験とポテンシャルが期待されていますので、積極的に応募したいですよね。

転職サイトで第二新卒の就職支援を行っている大きな理由は、団塊世代の退職にあり新卒に社会の常識を教えるより社会経験のある第二新卒を採用し、できるだけ早く戦力となる人を期待しているわけですね。
転職サイトで第二新卒の就職支援を行っている理由を、ニート増加の歯止めであるという人もいます。
社会人3年目というのは、就職活動の失敗や職種の選択ミスなどでニートになってしまう人が多いそうです。
転職サイトでは、就職活動などで自信を失ってしまった若者たちに、再び働く意欲を湧かせていると言います。

アルバイトでいいやと思う若者も多いのですが、正社員となって働くやりがいを得るチャンスに第二新卒求人で仕事を探してみましょう。
未経験でも社会経験のある人なら歓迎してくれる企業はたくさんありますよ。

転職サイトでほしい情報は口コミで

転職サイトで欲しい情報は、求人情報だけではありませんよね。
転職サイトでは、求人情報以外にも履歴書の書き方や面接の受け方、家事・育児との両立などのノウハウも充実しています。
転職サイトを求人情報としてではなく、転職を成功させるための情報収集源として活用している人も多く、数社登録している人がとても多いです。

転職サイト自体の情報は、やはり口コミに限ります。
転職口コミサイトで欲しい情報と言えば、評判で特に悪評は頭に入れておきたい情報です。
転職サイトの口コミ情報に多いのは、求人内容と実際の仕事内容が異なる点です。
各転職サイトで実際に起こっているトラブルなのですが、悪い条件が記載されていないことが多いそうです。
口コミ情報では、そう言った会社はすぐに求人を再度出すようでチェックが必要とのことです。

また、転職サイトに登録している人は転職希望者だけでなく、転職する予定がない人も登録していることが多いようです。
欲しい情報は人それぞれですが、スカウトで「自分が求められている職」「知らなかった職」を知ることができ、いざ転職しようという時に焦らずに済むという意見が見られます。
常にチェックしていると会社の動向がわかるなんて人もいて、情報収集は早め早めが良いようですね。
P R