坊さんがみずほ

April 02 [Sat], 2016, 12:27
近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、不妊との関係も指摘されている鉄分は、得てして不足しやすいという特徴があります。
普通の食生活で推定される摂取量では、摂取量が足りません。
ですので食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。
最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも売られていますので、葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。
葉酸は、胎児の正常な発達に働きかけるため、妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素なんですよね。
とはいえ、つわりや体調によっては、食事で葉酸を補給するのも難しい時もありますよね。
そんな時には、無理に食べ物から摂取せず、サプリメントなどの栄養補助食品を飲めば適切な量の葉酸を補給することが出来ます。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。
細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれるリスクが高くなるという話があります。
胎児の栄養は全て母体から賄われています。
胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的な食事以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。
サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。
妊活を行う場合、意識して欲しい事と言えば、やはり食事の内容です。
妊活をしている方ならば、いつでも妊娠する可能性があるわけです。
妊娠したと発覚する以前から、健康的な食事を心がけるようにしてください。
この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。
妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。
受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、食事やサプリ等に気を配ってみてください。
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった青菜と呼ばれるものが該当します。
妊娠が発覚してから、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。
葉酸はお腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があると知られています。
とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。
そんな時には他の食材で補っても構いません。
例えば納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをお勧めします。
葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。
葉酸の摂取によって胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的な研究によって、明らかになっています。
そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が勧告しているのです。
例えば葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品指定のものがあります。
こうした食品は妊婦が利用する場合もあるようです。
葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。
体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿などに混じって排出されています。
ですから、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。
しかし、葉酸の過剰摂取によって最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。
葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、指示された分量と用法を守ってください。
妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。
この期間は葉酸の十分な摂取が必須です。
では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。
お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を減少させるという有効性に限った話では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が注意が必要な期間ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。
いわゆる不妊症の原因というと、排卵障害や着床障害といった女性由来の場合と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性側の原因とが想定されます。
原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。
不妊対策をしたいと思ったら、女性のみならず男性も検査を受けると解決への糸口となるでしょう。
クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。
赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。
基礎体温でタイミングを見計らっても、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。
でも、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。
ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。
原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:遥香
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wogira93hjt0fe/index1_0.rdf