妊婦にとって必要な栄養素はたくさんありま

April 11 [Mon], 2016, 19:38
妊婦にとって必要な栄養素はたくさんありますが、そうしたものをまとめて摂取できる総合サプリの代表的なものは、ピジョンが発売している葉酸サプリです。



こちらの葉酸サプリは数種類の葉酸サプリが売られていますが、大抵の商品が葉酸だけではなくカルシウム・鉄分・ビタミンなど、妊娠期間中に欠乏しやすい成分が詰め込まれていますから、一錠で多くの栄養素を摂取できるんですね。こうした複数の成分を配合した葉酸サプリを使えば、何錠もサプリを飲む必要がなく、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。


管理も楽なので、おススメです。葉酸サプリは、それぞれ他に含有している成分によって特徴が分かれています。
サプリを選ぶときは、ご自身に必要な栄養素を補給できるようなものにして下さい。妊娠が分かった後に葉酸を摂取し初め立という方が多いのではないでしょうか。
ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですね。
赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても良いと思います。でも、葉酸には不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといったはたらきをしています。

ですから出産後も、葉酸の摂取によって身体を健康的に保つことをおススメします。
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜の野菜です。
妊娠した後、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。
葉酸は胎児の先天異常を発症させにくくするという報告があります。


とはいえ、毎日沢山の野菜を摂取する事は大変ですね。そんな時には他の食材で補っても構いません。
たとえば納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをオススメします。

葉酸は多彩な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、適切な量をきちんと摂取することで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられ立というデータがあるのです。
1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。胎児の健康を考えて、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、葉酸を摂った方が良いと思います。妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。細胞分裂がおこなわれる、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高くなるそうなのです。胎児の栄養はすべて母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的なご飯以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取をおこなうと良いでしょう。妊娠に大事な葉酸は国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が妊娠を要望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。
それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿や汗といっしょに体外に出ていくので、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。葉酸を過剰に摂取すると、最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。サプリ等で葉酸を摂取するときには、提示されている規定量を超えないように気を付けてみて下さい。


適切な葉酸の摂取の結果、胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが科学的な研究によって、明らかになっています。

ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が推奨しているんです。

今では補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。
また種類によってはトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦に特に利用されているといったことも多いです。妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液を造る作用があります。さらには妊娠にも効果のある役割を果たし、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠しやすい状態を創り出すという所以です。


葉酸で血液が増産されると、血行が良くなるだけでなく生殖機能そのものが底上げされ、妊娠しやすい体創りができるのです。葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。


ですので、食べ物から摂取する場合、調理にはちょっとしたコツがあります。葉酸摂取を目的としたご飯には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。
とはいえ、生食だけのご飯は現実的ではありません。加熱しなければいけない場合、加熱時間を短時間にしてサッと熱をとおす程度にした方が良いです。

こうした調理がめんどくさい、または自由にご飯したい、と考えるならば、サプリを活用すれば手間がかからず良いと思います。葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。
葉酸を普段の食生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)で賄うために、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーを、意識して摂るようにしている方も少なくないですね。


しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。ですから多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。
葉酸の多い食品を積極的に取り入れ立としても、調理方法によっては、葉酸が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してみて下さい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayane
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wntih412aogatx/index1_0.rdf