子供の頃の記憶。

November 27 [Tue], 2012, 20:40
先日から、うちの子に、囲碁を教えている。
教える、と声だけで感じるいっても、私は中学の一週間に一度、授業に組み込まれたクラブ活動で習ったきりだけど、ルールはわかるので、こっちもネットの中の、囲碁入門なんかのページを観て、子供のほうに、10石くらい先に置かせて、簡単に陣取り風でやってる。
この囲碁のルール教えの基本に、シチョウを知らずして囲碁打つなっていう符丁がある。
シチョウというのは、階段状に逃げる手でつながってる石は取られない、というのを教えるんだけど、その符丁だけをうちの子は覚えて、その言葉を口ずさんだりで、こういうのも、またこの子が大きくなったときに覚えてたりするんだろうかな、と考えたりする。
自分も小さなころに覚えた歌なんかを、記憶の奥底からたまに出てくることがある。
うちの母方の実家は、岡山市内にある秤ニだけど、そこに子供の頃、盆正月に遊びに行っていて、祖父が唄っていた歌を今でも覚えてるどうしてこれだけを覚えてるのかわからないが、いっちょうめの、いすけさん、一の字が嫌いで、いちまんいっせんいっひゃくおくいといと、いくらにおさめて、2丁目に、わーたした、あれはどこのどういう歌だったんだろうと歌詞の一部を先日ネットで検索してみたら簡単に見つかった。
開くと音が出ますので、仕事場でみてらっしゃる方は、お気を付けください歌詞はちょっと違ってたが、メロディは同じ。
いや、ネットはすごい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wnlp2pk7wu
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wnlp2pk7wu/index1_0.rdf