ネオランプロローグス・レレウピィと福地

April 22 [Fri], 2016, 16:39
一口に介護士といっても、その職場は多種多様で、複数の科を持っている総合介護施設から、地域の町医者まで規模は様々です。他にも、介護施設や保育園に介護士が常駐しているケースがあります。


会社員も会社によって給与が違うように、同じことが介護士にも言えます。大きな総合介護施設と町医者を比較すれば、貰える給与に違いがあるのです。

ですので、介護士だからといって平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。



もし、介護士が外科を勤務先として選択した場合のプラス面とマイナス面について知っておきましょう。
これから手術を受ける患者や術後の患者の看護を実践することで、介護士に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。



良くない面を挙げると、担当患者が短いスパンで変わっていくため、腰を落ち着けて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。勤務や休みをある程度自由にすることができ、興味があってしてみたい、という仕事を割と選べる、といったあたりが派遣という形で働く介護士にとっての、大きな利点ではないでしょうか。


仕事は、単発のものや短期のもの、もちろん長期の募集もあり、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、もしも介護士の仕事を探している最中なら派遣で働いてみることも一応考えてみながら求職活動をしてみてはいかがでしょうか。

介護士は、患者と関わらねばならないため、印象の良いヘアスタイルにも気を付けた方が良いでしょう。
介護士として、患者からどのように見られているかを意識しながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いと思います。

職場の環境によっては、介護士の髪形に対するルールが違うことを理解しておきましょう。介護士の仕事をしていく中でもちろん辞めたくなることも少なからずあることと思います。仕事そのものの失敗のみならず患者さんとのトラブルなどもあるのです。ただ、喜ばしいこと、介護士の仕事をやり続けたいと思うことはいっぱいあります。時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によって日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。

夜勤は介護士にとって避けられるものではありませんが、心身に悪影響が及ぶような場合、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。



でも、ここで気を付けたいことは、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働く介護士と比べて給料の額が減ってしまうことがあります。

今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、街コンへの参加を決める介護士というのは、実は少なからずいるのです。
同僚の大多数が女性、ということも多く、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚相手を見つける目的などのある介護士が、街コンに参戦しています。


街コンでは、介護士という仕事は一種のステータスとなることが多いです。



とは言え、もし、恋人同士になれたとしても、休日が合わないために破局をむかえることが多いと言われています。介護施設で介護士として働いていた知人は、病気を治療するため介護士を辞めました。しかし、完治させた後は、早速現場に戻って、介護施設で介護士としての仕事を続けているのです。数か月間、仕事から離れていても、資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。昼夜を問わず介護施設で働き患者の状態を見る必要のある介護士は夜勤を避けられない職業の一つです。
実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。
一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、また、3交代勤務の場合、勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。


求人に応募しようとする介護施設がどういった交代勤務を採用しているのか調べておきましょう。
介護士資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、つまるところ、もしも離職している期間があっても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。これはなぜかというと、介護士が専門職であることに加え、人手不足であるということが根拠として挙げられます。
どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は時と場合により普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。


特に、介護士の勤務形態と労働時間について言えることですが、結構、融通の利く部分があります。他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、育児中であってもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、きっと介護士という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。

なお他業種同様、8時間勤務が基本です。


働く時間も休みも不規則な介護士の仕事ですが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。



病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、土日を休みにできるでしょう。



何か不測の事態による緊急の出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、土日は休める、と考えてもよさそうです。


あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、多くの場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。

介護士になろうと思っていました。でも、家庭の都合から、企業に就職してしばらくOLとして会社に勤めていました。

でも、夢を諦められませんでした。

資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも出来たのですが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。すると、看護助手として勤務しながら介護士の資格が取れる方法があると分かりました。



子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。みなさんご存知のように、介護士の休日についてはクリニックや介護施設の勤務形態によって違っています。

とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、先にシフトが組まれていますので、休日勤務や平日休みになることが珍しくありません。別の見方をすれば、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。介護士というものは普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、とはいえ、労働者の権利を訴えるような組織がなければ状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。



介護士がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、雇用する側が、ちゃんと考えてくれることが大事なことだと思います。いま日本においては、EPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人介護士候補生の受け入れを実施中です。

とは言え、介護士国家試験の勉強をして3年間のうちに合格し、晴れて介護士、とならなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、国家試験に受かり介護士となるために勉強までしなければならないということで、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。
あまりイメージに無いかもしれませんが、介護士の求人がある勤務先に保育園もあるのです。

保育園を職場にするのは、子どもの世話が好きな方であれば、適任の職場だと言えます。保育園での具体的な仕事の内容は、介護施設とは異なり介護士として子どもたちの健康をケアしながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切な仕事です。正職員やパート、派遣といったように、介護士の働き方も色々ではありますが、大半の介護士は介護施設で働いています。

しかしながら、介護施設における看護業務の他にも、介護士の仕事は色々あります。職場となるのは、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。こうした職場で介護士として腕を振るう人も実際とても多いのです。



つまり介護士であれば、介護施設ではなくても働ける場所は色々あり、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングに働きやすい職場へと、転職することもできるのです。介護士の勤務先は、介護施設以外にもあります。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。


こういったところでも介護士の活躍が期待されています。

こういったグループホームに入所している方は、認知症患者の方であるため、気を付けて接する必要があります。
特に介護関連に興味があるという場合は、職場としてグループホームを選ぶということも考えてみると良いでしょう。



日夜、介護士として厳しい仕事を続けていると、大変な目にあったりもします。


そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて考えるようになってもおかしくありません。他と比べるとまあまあゆったりしている病棟として知られているのは、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。


しかしながら、介護機関の種類や、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。私が介護士になった理由は中学での職業体験でのことでした。体験先の介護施設の介護士の方に心を動かされたのが契機となりました。



将来は、あんな仕事をしたいと感じたのが始まりでそこから看護学校へ進み、介護士になることが出来ました。
確かにつらいこともあります。

しかし、介護士になってよかったです。少子化や高齢化のために、介護職にかかわる人たちもますます必要とされる可能性があります。したがって、今日でさえも介護士が不足していることが指摘されているのですが、今後もそれが継続すると考えられています。

年ごとに多数の介護士が新たに生まれているのにもかかわらず、それでも介護士が足りていないのは働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが一つの理由といえるでしょう。


何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると笑顔で患者一人一人を支えてくれる介護士は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。ですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。覚える必要のある仕事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。
そのため、うつ病を患う介護士も珍しくないのです。中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。


介護士と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、職場においての有用性、必要性は高く、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。入院患者のいる介護施設ではもちろん24時間稼働しますし、介護士も介護施設に24時間いることになり、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代で勤務することになっています。こういった勤務形態ですから、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。
最近では、介護士不足の傾向にあると考えられています。介護士資格を持っているけれども、介護士の職を選択していない人も多いのです。このように介護士が足りなくなるのは何故かというと最終的には、介護士の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。

具体的には、常勤介護士の場合の離職率は、約11%にもなります。女性の割合が多い仕事なので、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん介護士の世界にも存在します。



例えば、エッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。食事のために休憩するということを仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち使用している現場は多いようです。このエッセンという言葉自体には、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。介護の現場においては、介護先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、現在までその習慣が微かに残っていて現在に至っても普通に使用されているようです。介護士は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は大介護施設や個人介護施設など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。退職時につく手当、退職金はどうかというと、国立や公立の介護機関の場合は、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、そうした規定に沿って支払われます。他方で個人介護施設の状況を見てみますと、介護施設によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。
公立介護施設なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。
介護士としての勤務は、他職種と比較して高いお給料をもらえます。
そういったことが起因しているかは定かではありませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。
そうはいっても、介護士といえば大変多忙な仕事でもあります。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」といったケースもよくあるみたいです。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最適なのだろうと感じています。介護士の勤務は交代制ですが、それ故に、申し送りというものが必要になります。


入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を口頭で直接、次の人に伝えることになっています。


患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話すことが大事です。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることもとても大事なことです。
介護施設内での介護士長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、看護部長の仕事をサポートしたり、介護士たちを指導する等、一般的には課長の役職に近いと言えます。



課長職につく人物の収入が企業によって違うように、介護士の収入も、勤めている介護施設の大きさで違ってくるのです。そのほかにも、公立介護施設と民間介護施設ではまた違いますし、介護施設がある地域が年収に影響していることもあります。

例えば、公立介護施設の場合、750万円位だと推測できます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナオキ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wneloenwwdeiov/index1_0.rdf