リノアで盛田

December 09 [Sat], 2017, 17:00
看護師が転職で結果を出すためには、未来の自分のことを考えて早い段階で行動を起こしておくことが大切です。そして、何が大切であるかを思い定めておいた方がいいでしょう。将来どうしたいのかを明白にして、そのイメージに合った転職先のデータを少しずつ寄せ集めてください。
年収、職場環境、勤務形態など、自分には絶対必要な条件も検討しておきましょう。看護師の仕事に就くとすると、単に、知識とか技術だけにとどまらず、「医療界に貢献していくんだ」という強い気持ちが大事だと思います。

やはり、専門職であるから、通常のOLなどよりも収入はよく、勤務先にも困らないでしょう。


しかし、滅多に関わることのない人間の死と向き合うことになるためです。

看護師になるための試験は、年毎に一度あります。看護師の足りないという問題が起きている日本には嬉しい兆候として、この何年かの国家試験の合格率は、9割という高い水準を、持続しています。看護師の資格試験は、合格者数が決まっている試験ではなく、一定の点数を取れれば合格となる試験です。


看護師からしてみれば育児と仕事の両立は難しい課題といえます。



どんなに病院で仕事をしたいと思っても、育児をこなしながら看護師の職責を果たすには、様々な困難が発生してしまいます。

看護師と育児をどちらもこなすのは自分だけの問題としてよりも結局は、医療全般の問題として試していく必要がある思います。

看護師という仕事をしているのは多くが女性ですので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く比較的離職率が高い職業です。
さらに、働く時間が規則的でないこととか、労働環境の大変さによって離婚してしまう人も多いと言われています。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。


看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、片時も気を抜くことはできないでしょうし、そのために大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。



ストレスを和らげ、自らをケアする手段を探し出せるかどうかというのは、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいならかなり重視するべき点ではないでしょうか。
今の職場に不満があって看護師が転職するときの秘訣は、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。それに、3ヶ月ぐらいは使って細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。急いで転職してしまうと、再びやめることになる場合もあるので、希望の条件に合う仕事を注意深く確認し探すようにしましょう。



ですので、自分の中で条件をハッキリとさせておきましょう。
結婚の時に転職をする看護師もかなり多いです。



配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職する方が良い選択でしょう。

いつか子育てをしたいと思っているならば、結婚の際に、時間に融通の利く仕事に転職をしてしまうのが良いと思います。ストレスが蓄積されていると子どもを授かりにくくなるので、気をつけましょう。
看護士になりたい動機は実際、どんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを交えるとイメージが良くなります。
転職の際の志望動機は今までに身につけたスキルを活かしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。前の勤務先に関するネガティブなことは口にしないことが大切です。



看護師の転職しようとする動機としては、人間関係といった人が多くいます。女性がたくさんいる職場ですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。



その時、パワハラやイジメが転職しようと考える発端となる人も少なくありません。厳しい環境の中で無理して働いていると、健康を損ないますから、早く転職することをお勧めします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:咲耶
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる