れおんでヨタカ

March 26 [Sat], 2016, 10:01
外来の看護師の業務は、病院を一度でも利用したことがある方なら知っているように、問診や注射、点滴、血圧測定等をしたり、患者に医師の指示で処置をしたりします。さらに、検査や手術時の移送も看護師が行っていきます。

患者と過ごす時間も多いため、病気を治すだけでなく精神面での気配りも必要です。
少産長寿が進んでいる日本で深刻視され続けているのが、医師や看護師が少ないことです。
社会的媒体でも深刻な問題として話題にされることが急激に増加しています。ナースに憧れて難関試験を受験し、せっかく国家資格を取得したのに、辞職する人が後を絶ちません。

その理由には、考えていたこととの差が厳しいということがあるのでしょう。


看護師として働きたいと憧れるようになったきっかけは、病院内であらゆる病気、怪我、体調不良などと戦っている患者さんの補佐をする事に、この職業のやりがいを感じたためです。私もその昔入院中に、看護師さんには、とてもお世話になり、この先は私も一人の看護師として、患者さんに支援をしたいと考えているのです。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといった単純な業務とは言えませんから、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。
人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として別の仕事先を探す人も一定数います。
様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って技術を吸収したいと希望する、チャレンジ精神からきた動機です。看護師を辞めたいと思っている人は、実際、とても多い数になるようです。大きな訳としては、きつすぎる労働で体調を崩したり、給与について不満に思っていたり、仕事場のややこしい人間関係で精神的に悩んでしまったりという事が大半です。

残業をした場合、ちゃんと残業代が出るというのは普通のことです。ですが、看護師の場合、その状況によっては、残業代が十分に出ないことがあります。

特に少し前に転職をしたばかりで新しい医療現場に慣れていない場合には、残業を申請しにくい雰囲気があるものです。

看護師の労働の環境改善をするためにも、きちんと残業手当がもらえるようにする必要があります。

看護師が外科に勤務する時のいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、知っておきましょう。

手術を受ける前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、とても勉強になります。



残念なことは、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長期間じっくりと患者のケアを行えないことが挙げられます。
医療従事者という意味では、看護師には煙草を吸う人が多くない印象がありますが、その印象は間違っておらず、平均的な禁煙率よりも、看護師の喫煙率は少ないそうです。病院で勤める以上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識的に禁煙している人が多い状況だと想像できますね。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、二つの間には大きな違いがあります。はっきりした違いは、医師は患者さんの診察と治療、予防のためのアドバイス、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。その一方、看護師さんの行うことはといえば、お医者さんに従い、医師が行う診療の補助を行い、医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。看護師にとって仕事が簡単な病棟としては、採血室が例として挙げられます。

透析、採血、献血などの限られた業務のみを行う科といえます。

献血センターなどもこの科に当てはまります。

ベースは同じ作業の繰り返しで採血がうまくできるようになりますし、人の命にかかわるような仕事もあまりありません。採血は、どの科でも必要となるので、その後、どの科に替わっても役に立つ技術です。


一口に看護師と言っても、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術や処置もまた違います。ローテーション研修はひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、看護師として全体的なものの見方が出来るようになり、知識を深められるでしょう。


看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、新人看護師の意欲も上げられると言われています。



看護師といったら、昔はほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。
ですが、近年は看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性の看護師も多いです。実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、看護師に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。本来女性が持っているような優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、これからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。どういった場合に、看護師がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、回復した患者さんが退院していき、その上、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。そしてまた、患者さんのご家族に何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、看護師になって良かった、と実感します。
世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。

ですから、やりがいを覚えなくなったら、退職したいと願ってしまうでしょう。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。



けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。

なお、看護師という職についていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、人の身体がどんな具合か、だけではなく、そのうち、自身の身体や健康のことなどもわかるようになったりするようです。
看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。

日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。


そして、病棟勤務とは違って、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。


勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、特に大病院や、人気の診療科などがあると待合室に患者があふれるようなことにもなって、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。
身につけたいスキルについてもどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:紗希
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wn55dzeoluroln/index1_0.rdf