家具で家づくりのイメージが台無しにならないように

January 06 [Mon], 2014, 11:23
冬場は炭酸ガス?臭気がたまりやすくなる場所自動車 オークション でもあります。換気計画をきちんと考えて台所設計をすることです。通風とは室内を流れる空気の速度と経路を言います。日本の夏は高温多湿なので、住まいの中に通風をどう取り入れていくかがとても重要なポイントでした。従って古い家屋は窓の大きさや位置、そして建具、欄間などに工夫をこらしてきました。 しかし、昭和40年代以降冷房機器の発達とともに住まいは壁で小さく区切り個室化へと流れていきました。人によっては冷房は嫌いでやはり自然の風の方が体にもいいし、エネルギーコストの点からも自然の通風を大事にする方も数多くいます。やはり昨今の環境問題と合わせて考えるならばできる限り通風の良いプランニングを考え、どうしても我慢できない場合のみ冷房機器に頼る方法が好ましいでしょう。 通風をより大事に考えるのであればその土地の夏の風向きを調べておく必要があります。 もしこれから家を建てる計画のある人は、今夏何回も現場に足を運び風向きを調べておくことが大切です。 知恵のある家に住む?冬暖かく夏涼しく 日本の気候は春夏秋冬それぞれ。真夏と真冬の気温の差が激しいため、家づくりを工夫しなければいけません。

冬暖かく、夏涼しい家づくり、何がポイントになっ不動産 オークションてくるのでしょう。日本の夏は高温で蒸し暑い 東京は北緯35度で、テヘランやアフリカと同じくらいの緯度に位置します。ちなみにパリやロンドンは北緯45度から50度で、東京よりかなり北にあります。東京の夏の平均気温は27度を超え、温帯モンスーン特有の湿気が多く、雨がよく降る気候です。日本の四季は様々な豊かさをもたらしてくれますが、生活だけを考えると意外と暮らしにくい気象条件をかかえているのです。 現代では、暑い?寒いといってエアコンのスイッチをすぐに入れます。しかし一般家庭にエアコンが普及したのはほんの数十年前のことです。それまで日本人は、家づくりの中でいろいろと工夫をしてきたのです。 ヒントは外に向かって開いた家 ?夏を旨としたつくり 日本の各地にはさまざまな民家が点在していますが、伝統的な日本の民家に共通して見られるのが高温多湿の蒸し暑い夏を乗りきるための工夫です。 それはいかに風通しをよくするかを最優先した外に向かって開いた家づくりです。 ?風向きに合わせて建てる 昔ながらの民家はその地方の夏に吹く風の向きに合わせて建てられています。そうすることで自然に風が流れ涼しく過ごせるからです。東京であれば夏は東京湾から南南東の風、大阪の夏は西風が吹きます。 このように建物の配置は地域ごとに異なり、そこに地域性を考えた家づくりが生まれるのです。 ?開口部を工夫する 昔の日本の家づくりは木造軸組工法です。今は在来工法と言っていますが、この工法は極端にいうと柱4本でも家が成り立つのです。http://ja.wikipedia.org/wiki/ビッダーズつまり東西南北どこでも外に向かって開いた家づくりができます。そして、外部に接するガラス戸、内側の障子、襖など、すべて引戸で戸外からの風を取り入れていました。つまり窓ではなく、間戸(あいだの戸)なのです。魔法ビンのように保温性のある家づくり 昔の日本は夏を中心とした開放的な家づくりをしていましたが、現代の家はそうはいきません。そこで適切な断熱と気密で閉じた家づくりをしなければなりません。つまり、壁?屋根?床などを通して逃げる熱を遮断するわけです。天井?壁?床?窓からの逃げを抑える「断熱化」と隙間からの熱の逃げを抑える「気密化」です。特に冬は窓から40%近くの熱が逃げるので、複層ガラスや樹脂サッシにすると効果的です。 断熱方法には、外断熱、内断熱、さらに断熱材には、繊維系や発砲プラスチック系などの種類があります。それぞれ長所?欠点があり、施工に不具合があると壁内に結露が起こったりするので気をつけましょう。 家も魔法ビンと同じように保温を高め、冷えにくい家にすると快適ですね。断熱?気密?換気の3つがそろって暖かい家に 夏は大きく開く、冬は閉じる。これが家づくりには大切なポイントなのです。しかし、冬は閉じたままではいけません。換気も必要です! 時々、高断熱?高気密住宅に換気計画がないことがありますが、それはとても不安なことです。高断熱?高気密?換気、この3つがそろってはじめて快適な暮らしが出来ます。また、この3つがしっかり計画されていると、小さな暖房でも家全体が暖まり、冷えにくいので、熱効率のよい家ができるのです。 冬と夏のバランスを考えた家づくりを 現代の家はどちらかというと、冬を中心とした家づくりをする傾向があります。真夏と真冬と地震と台風。これらを考えて家づくりをすることが日本の気象条件をふまえた最も基本的で重要な項目なのです。http://auctions4acure.com/genre/


P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/wlwyrlzh/index1_0.rdf