日本のTV事情。

May 26 [Sat], 2012, 0:04
最近BCASカード周辺がアツいBCASカードっていうのは、デジタル放送を受信するためにデジタル受像機に入れるクレジットカードサイズ大のカードの事。
もともとは、BSやCSなど有料放送を受信するための喧埴アct管理の為に作られたものだったが大人の事情下記リンク参照のため、著作権保護というもっともらしい大義名分をひっさげ無料視聴できる地上デジタル放送受信にも必要なものとなった。
無料放送にも著作権保護がかけられているのって日本だけらしい。
そのBCASカードのプロテクトがやぶられて誰でも不正に視聴できるようになっちゃったというのが今回のニュースの概要。
方法は記載しないがネットで探せばすぐに出てくるし、PCの知識がそんなになくても出来ちゃうレベル。
有料のものを不正にタで視聴出来てしまうというのは、確かに犯罪の匂いがプンプンする。
けど、地上波は本来無料放送のはず。
普段購入する商品の価格にCM等の広告料が含まれてその広告料で番組が作られているわけだけど、まぁ、わざわざBSやCSの有料放送のように視聴の制限をうける筋合いはそもそもないはず。
で、このBCASカードを管理する会社がかなーりアレな会社で、NHKだの関連官庁の天下り先というのは以前から指摘されていた唐ナ、さらに最近知ったのは、この出張ホスト会社ちょっとまえまで住所などを明かしていなかったというんだから呆れてしまう。
一億総地上デジタル化を迎える時期に、その根幹のシステムをつかさどっているカードの管理会社がそんなお化け会社みたいな事やってるなんて。
個人的にはこの一件でTV放送の著作権保護の在り方についてもう一度考え直す機会が設けられることを切に望む。
コピーワンスとかビング10とかケチケチ言ってねぇで、アナログ放送とおんなじようにしやがれ。
TV局は複製による損害なんかに怯えてないで、視聴者やスポンサーが十分納得するコンテンツを提供しやがれ。
と、前から思ってます。
参考になるリンクjapaninternetcombusnews2008032617htmlasciijpelem000000136136458BCAS、有料テレビを不正視聴mediaid2
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wlv0tfusxf
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wlv0tfusxf/index1_0.rdf