ラスラが寺嶋

April 22 [Fri], 2016, 9:59
葉酸は食品の中にふくまれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も少なくないですよね。



しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。ですから熱を加えてしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。
一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が不足している、という場合もあります。

治療段階で判明する不妊の原因というと、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性側に原因があるものと、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性側に原因があることとが想定されます。
ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。



不妊対策をしたいと思ったら、両親一緒に受診して検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。

このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果を持たらす栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

妊娠中の十分な摂取によって、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。

厚生労働省の発表によりますと、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。あかちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠している女性は当たり前ですがですが、今妊娠を希望されている方であっても、是非、葉酸を意識して摂取してみて下さいね。妊娠に大切な葉酸は厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。
体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿や汗と一緒に体外に出ていくので、人体に留まって蓄積するという事はありません。
とはいえ、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。


サプリ等で葉酸を摂取するときには、指示された分量と用法を守って下さい。



不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。



生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。早くあかちゃんを望む周囲の期待や焦りといった感情が不妊治療に通ううちに重積してくることも少なくなく、悪循環から抜け出せない人もいます。自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大事かもしれません。妊娠を希望している方や、計画されている方にむけて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。
受胎時からオナカの中のあかちゃんは細胞分裂をはじめますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。
そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす危険性があります。こうした事を踏まえ、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促し、先天性の障害を発症指せるリスクを低減指せるものだと言われています。
ですから、妊娠初期や妊娠前の女性には無くてはならない栄養素なんですよね。ですが、いくら必要不可欠な栄養素だと言っても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食品にふくまれる葉酸量の数倍もの葉酸が入っているため、決められた用法と容量を必ず守って下さい。

実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。



また、あかちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。



妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。
それもそのはずで、妊娠と葉酸はとても関わり合いの深いものですよね。なんとなくと言うと、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。



この話は当然、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。妊娠発覚後から葉酸を摂りはじめるよりも、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を心掛けて下さい。
あかちゃんを授かったという事で専門家による栄養指導を学んだり、母親学級で指導された方も多いと思います。

こうした場で、葉酸をたくさん含有する食材についても説明を受けたのではないでしょうか。みんながご存知のように、葉酸をたくさん含有する食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。



ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸がふくまれています。


食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が調理の際の加熱でその大半が失われてしまうという葉酸の特質を承知の上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。
友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通いはじめました。

夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、言えば不機嫌になりそうだったので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。

1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、それでも妊娠に至らず、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。私はラッキーだったのか、早々に二人目の妊娠が判明。


やったぁ!と思いました。嬉しかったです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yua
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wlrtn0eia2lrve/index1_0.rdf