新年のご挨拶と……。 

January 03 [Tue], 2006, 3:19
↓年末に打ち終わってた日記をUPするのが今日になってしまいました。
もう『あけましておめでとうございます』ですね;;
今年も、ほとんど更新のない状態が続きそうですが、お暇がありましたら覗いて見てくださいましm(_ _)m

KH2は、オリンポスコロシアムに進みました。
アーロンさんが仲間になったところで止まってます。
未だに△の必殺技の出すタイミングを飲み込めません。
私としては相当に珍しく、攻略本や攻略サイト様のお世話にならずにプレイしているのですが、
今回は、キーブレードのキーホルダーの種類が前作よりも少ないのかな?
確かKH1は、各ワールドクリアする毎に、そのワールド独特のキーホルダーがもらえた気がするんだけどなぁ…。
ちなみに、只今ソラ君の持ってるのは、ムーランの世界で貰ったやつで、これが記念すべき1本目。
前作でベルから貰った薔薇形のキーブレード、好きだったんだけどなぁ。
今回はお蔵入りなんだろうか……?

薔薇繋がり、ではないですが。
久々に予約してまでも欲しい!と思ったゲームが、
『RULE of ROSE(ルールオブローズ)』というAVGです。
※気になる方は、↑をコピって検索してみてくださいませ。
これがまた、かーなーり怖そうですけどね、夜中、一人でトイレ行けなくなりそうですけどね。
醸し出す雰囲気が、なんとも怪しくて素敵。
パートナーがわんこと言うところにもドキドキ。
わんこ君、『ICO』のヨルダ嬢ように、ほっとくとぽてぽて何処かに歩いてったり、遊んだりするのかな…?
で、ヒントを見つけると、プレイヤーを呼んでくれたりするのかな…?
……そしたらわんこ、可愛いな。可愛さ倍増だなぁ。撫で撫でしまくりたいな……。

KH2始めるまで、全くPS2などのゲーム機に触ってない状態でしたが、
身も髄も隠れゲーヲタな私です。TVゲームをやらない(と言うかやれない)代わり、携帯ゲームにハマってしまいました。
今私の中で最も熱いのが、『逆転裁判』です(笑)
いやはや、面白い。「異議あり!」とか「くらえ!」とか、決まるとスカッとします。
出てくるキャラクターも無駄に濃くて、笑えます。



それにしても、腰が痛い。
最近、長時間立ったり座ったりすると腰にくるようになってしまった。
ついこの間歳とったばかりだし、これって…『衰え』ってやつでしょ…げふげふ。

草刈り終了(+KH2簡易プレイ感想1) 

January 03 [Tue], 2006, 2:55
実に3ヶ月ぶりの日記…ですねぇ。
草ぼうぼうな廃墟を何とか見られる形にせにゃあかんと、庭掃除に明け暮れてましたが、庭掃除だけで力尽きてしまいました。
久しぶりに現れた矢先に何ですが。
また、今度は本格的に冬篭り生活に入ります。
と言うのも、オフ生活がWEBの繋げない環境になってしまうからです。
暇と気力があれば週末に更新したいな〜とは思いますが、特に1〜3月はまず無理かなぁ…。
それから、AC後の感想その他もろもろ。
いつぞやか日記でも「書きます」と宣言したものの、どうしようかなと思ってしまってます。
発売直後辺りは、色々書き連ねたい事があったのですが、月日が経つ内に
勢いがなくなってしまったというか、熱し過ぎず冷め過ぎずないつも通りの恒温状態に戻ってしまったと言うか。
もし書くとしたら、KH2をクリアした後にまとめてUPするかもしれません。
夏に打ち始めた書きかけ文があるのですが、これも当分はお蔵入りですねぇ。
ACが出て以降、自分の中でモチベーションみたいなのがふっと消えてしまった所もありますし;
ただ、内容的には自分がいつか形にしたいなと思ってたものなので、永久凍結させないようにはしたいです、はい。

まずは軽く近況を。
KH2、プレイし始めました。
ただいま、ビーストキャッスルをクリアしたところです。
ここまでプレイした感想として、まず何よりも言いたい事は。
マップ、分かりづらいよ!
高低差あるともう訳分からん。街中・城内・塔の中、いつでも何処でも迷子になりまくってます。
後、バイトやらのミニイベントがメンドクサイ。
グミシップもメンドクサさ200%UPで、説明読む気も起こらず撃沈。
ソラのフォームとか、△押すと必殺技が出るとか、きっと慣れれば面白く感じるだろうなと思います。
でも個人的にはもっとシンプルでいいのでさくさくストーリーを進めたいな、と。

欠点ばかり挙げ連ねてしまいましたが、物語展開は結構いいんじゃないかなと思います。
特にロクサス。
ソラのようにまっすぐで素直な天真爛漫タイプではなく、あの歳独特のちょっとひねた感じが良く出ていて、ゲームキャラで久々にいいなぁと思いました。
彼とハイネ、ビンツ、オレットの仲良し四人組の物語もいい味出てました。

うわおー 

September 19 [Mon], 2005, 19:38
昨日、予告をしていたFF7AC含めエトセトラ語りは、UPするのにもうちょっと時間がかかりそうです。
オフ生活が立て込んでてやばやばってのもあるんですけど、語り出したら物凄く長くなりそうなので…。と言うより、長々語りたいのです。
あまりにも長くなりそうだったら、日記頁ではなく白昼夢あたりに載せるかもです。
今週末までにUPできればいいなぁ〜なんて希望しておりますが、とりあえずまた近いうちにm(_ _)m

すくえにのこうげき! かいしんのいちげき!! 

August 28 [Sun], 2005, 0:28
まず始めに、謝罪をば。
メールのお返事は、今日明日中に必ずしますので; 溜めてしまっていてすみません;

あぁ、だから嫌だったのに。あえて距離を置いてきたのに。
不意打ち的に見せ付けられたもんだから、私の紙っぺら程に薄い決意なんてぐらぐらですよ。ぐらぐら。
何言ってるのかと申しますと、今日、初めてFF7ACのCMを見てしまいました。
そりゃ発売まで1ヶ月を切ってる訳ですし、いつかは目にするだろうな〜と覚悟してたのですが、まさかこんな形で、心構えもなーんにも無いこの状態で見せ付けられるとは…。
バレット、ユフィ、ヴィンセント、クラウド、シド、ティファ……と次々に現れる面々にも既に釘付け状態でしたが、トドメは最後に映った握り合う手のシーンでした。
そして数秒間放心。
次の瞬間には矢も盾も止まらずビデオを巻き戻してました。
で、コマ送り再生&一時停止×数回。
昨日のオールから帰宅して以降、17時過ぎまで惰眠をむさぼってたぐうたら頭が一気に覚めました。


エアリスだ……。

差し伸べ、握り合うあの手にはエアリスの腕輪がありました。
黒い手袋をはめた手は、クラウドのものなのでしょうか…。
クラウド(予想)の手に手袋がはめられている、と言うことは、少なくともあのシーンはFF7のED場面ではないようですが。

…………。



反則だよ! ■e!!


よりにもよって、FF7の数ある名シーンの中で私が最も好きで、最も思い入れがあって、最も感動したあの場面を、美麗映像で再現くれるなんて……!(涙)
それも、FF7EDでは繋がり合う事が叶わなかったふたりの手。
CMシーンででは、優しく握り締め合えているじゃありませんか…。

近況羅列 

August 20 [Sat], 2005, 2:15
日記も随分とサボり気味になってしまいました;
取り敢えず近況としては、まあ色々…。
結論を先延ばしにしてしまったのですが、こんなんで良かったか分からないです。
ただ、自分のしがらみとか何というかエゴの為に、都合良く言いつくろった感が否めません。
否めないと言うより、まさにその通り。ホント、どうしようもないな;

けど、こないだのオールで、一時凌ぎとは言え発散できて良かったです。
まー、友人と二人、やさぐれまくってました。
怒り出したり、鬱入ったり、お互い変わりばんこにやってた気がします。
店出て、あの時は友人は怒りの渦に、私はぐるぐるスパイラルに嵌っている中、ちょっとだけストレス発散にカラオケしよう、と言うのが結局オールに。
やっぱり、ストレス発散するには内に篭って経って良くない。声出すのが一番ですね。
ホント、楽しませてもらいました。たっぷり色んな情感込めて歌わせていただきました。
今度は予定通りのカラオケオールがあるんで、その日を心の支えに日々過ごしている今日この頃であります。

意味不明話題は、ここで終了させといて。
ずーっとほっぽらかし状態のHPに喝を入れるつもりで、最近ぽちぽちと文を打ち込んでます。
このタイミングで言うのもアレですが、WEB拍手で拍手やコメントを下さった方々へ。
ありがとうございます。励みになります。今まで全然触れていませんでしたが、目を通しております。
コメントで少々意外に思ったのは、サイキス文を求めて来てくださる方がウチに来てくれているのだな〜、と言う事です。
ひところに比べたら浸透しているのかなぁとは思いますが、やっぱりクラエアと比べるとサイキスは全然ですし、そもそも、普通にゲームプレイしてりゃ、あり得ない組み合わせですからね。
なので、こんな辺境の地までサイキスを求めて訪れてくださる方がいる事をとても嬉しく思ってます。
と、……こんな風に書いてると、今打ってる文がサイキスのようなのですけど。
ごめんなさい、サイキス文じゃないのです;次はサイキス書くつもりでいます。はい。
けど、普通のクラエア文でもありません。
マトモな更新が無いのに、図々しくも新生AERITH LINK様に登録してしまった身です。
一日も早くUPできるよう、善処したいな〜と思ってます。

ままならない。 

August 13 [Sat], 2005, 0:59
別に日昼夜ずっーと思いあぐねてる訳ではないけれど、ふとした瞬間にずどんと来る、ぐるぐるスパイラル。
まだ嵌ってます。というより、逃げ続けているといった方が正しい、か;;
然るべき時にもうちょっと近くなったら、実行しよう。
そう思いつつ、日にちが経てば経つほど、いざ実行する時のしんどさが増すだけなんだけどさ。

大黒摩季のベストアルバムを最近良く聴いています。
今も聴きながらぽちぽち打ってるんですが。
とある曲の某フレーズがすごく耳に痛いです。
何とも言えない思いが湧き上がって、針で心をチクチク刺されてるような気分になります。
共感は共感でも、痛い共感。何と言うか、色々ままならないですな。
然るべき時前にオールあるんで、愚痴酒上等。
大黒摩季メドレーを思いっきり歌ってストレス発散しよう。これが今の私の一番癒しかも。


↓以下は私信になります。

>>Rさん
意味不明日記にコメントくださってありがとうございますm(_)m
『cry for the moon』じゃなくて、『blue moon』だと捕らえられればいいのかもしれないですね。
欲張り心と向上心(?)って、実は紙一重なものなのかもしれないなぁ、と思ったりします。
今の状況は紛れも無く95%位が、自分の欲張りから生じている不満や我侭なのですが、
少しでも青いお月様が見れるように、気持ちを切り返したいです。

たぶん逃避だ。 

August 09 [Tue], 2005, 23:08
HPの引越し作業に明け暮れながら、色々と逃避しています。
今日は到って真面目な話。(てか、単なる愚痴)
私は両極端の物を両方欲しがってる、ただの欲張りなんだなぁ…と改めて思う。
『cry for the moon』とはよく言ったもの。
絶対に届かない・手に入らないお月様を欲しがって泣く子供そのものなのかもしれない。
自分でこっちの方が大切、こっちの方重視、って思っていたはずなのに、本心で思ってたのに、
今になって、選ばなかった要素を求めてしまっている事に気付いてしまいました。
もし、もう一度選択するチャンスが巡ってきたら、おそらくまた、今と同じ要素を選ぶだろうな、とは思う。
なのに、現在の選択結果に不満だらけになりつつある今日この頃。
選んだ要素をもういい方に取れなくなってしまってる、だから悪い面ばかり気になってしまうのでしょうね。
白黒ハッキリさせたいと思いながら、今自分の決め付けが入っている中、結論を出すのは早いんじゃないか、とも思い……。
と、こんな風にぐるぐるもやもやのスパイラルに陥ってます。
まあ、どんなに愚痴った所で、然るべき時が来ないと結論なんか出ない。
今出来る事は、一人でもやもや考え込んでたってしょうがない。
然るべき時、このスパイラルな思いを忘れて、とにかく楽しく過ごせるよう、
ハッキリさせたいところは、そうするようにする事だけなのかも。
と、思い込むしか無い。時間が経つのを待つしかない。
ややこしくしてるのは自分の欲張り心なのですが、でもホント、色々ややこしいなぁ、と…;;

以上、意味不明日記でした。

book baton回答。 

August 06 [Sat], 2005, 23:17
『朝霞亭』のあさがすみ様から、book batonを頂いておりました。1ヶ月ラグでごめんなさい;m(_ _)m

■今読んでいる本
無いですな〜…。
5月頃に読んだ『電車男』が最近になるのだろうか…?orz

■最後に買った本
4月に買った、村上春樹著『海辺のカフカ』文庫版。

■よく読む、または思い入れのある作家
・村上春樹
私が作者買いする数少ない作家さんの一人。
歪んでいるのは果たして世界か自分なのか。静かに壊れていく者と、それでも生きていく者と。
一人称小説でありながら、どこか第三者風な視点。飄々と淡々と語られる文体が好みです。
・浅田次郎
私が作者買いする数少ない作家さんのもう一人。
人と人との『情』を見事に書き上げてくれる作者さん。
『どうしようも無い』男と、その男を全身全霊で愛し抜く『恵まれない』女。
どんなに技巧を凝らした千の言葉よりも、飾らない何気ない一言が実は一番人の心に響くんだ、と実感させられます。
・皆川ゆか
ティーンズハート世代時に作者買いしていた方。全くティーンズハートっぽくない作風が好きでした。
表向きはポップな文章だけど、一皮向けば、ドロドロな人間模様が垣間見える。
当時まだまだぴゅあ〜な少女だった私に色んな意味で『違う世界』を見せてくれた作者さん。

■よく読む、または思い入れのある本。
・ダンス・ダンス・ダンス
私を村上ワールドへ誘った運命の一冊。
失ったものの為に泣き、これから失うものの為に泣いた『僕』に幸あれ。
・プリズンホテル
はちゃめちゃだけど、人の心をぐっと掴む。魅力的な娯楽小説。
四部作の最後である『春』は、涙なくして読めません。
・こころ
夏目漱石の晩期作品。打算、裏切り、愛。
吐き出された告白は、ただどうしようもなく哀しい。
・スカーレット
『風と共に去りぬ』は映画版の方が好きです。
逆に『スカーレット』はどんなに駄作だと言われようが、小説版が好き。(映画は同タイトルの別作品ですか?って感じです…)
人を殺せそうな辞書並の本を2日掛けて読破した思い出が忘れられない。
・百万回生きた猫
私の最愛の絵本。読む度に涙だばだば

SH-from the new world-簡易プレイ日記・4 

August 05 [Fri], 2005, 1:11
バイトが無いのをいい事にプレイしまくりです。
今回はプレイ日記らしく書いてみようかと思います。

マチュピチュ
リオデジャネイロの新聞記事に掲載されたレディ&キラーの情報を頼りに訪れた遺跡。
色の組み合わせで扉を開けていくダンジョン。めんどくささ度80%。
最後の扉の開け方がなかなか解らなくて延々とさ迷った記憶しか無いっす…。

ここを出ると、オババ様の使者(幼女)のご案内でモアナ村へ。
シャナイア、とにかく焦ってます。
……やっぱり彼女の命がどうのこうのという話になってしまうのでしょうか…。



モアナ村
位置的にはハワイ諸島の村っぽいです。
世の中に憎悪を振り撒き災いを呼ぶ赤い光・マリス最後の封印を守って欲しい、というご依頼を受けました。
シャナイア、『そんなの知ったこっちゃない。私はレディを倒したい。それだけ』という姿勢を貫いてます。
まぁ、いきなり人呼びつけておいて助けを求めるオババ様もオババ様ですが、ここまできっぱりした態度を取るシャナイア嬢はある意味すげー漢らしい(笑)
でもって、そのオババ様にすまなそうな顔をして一礼して去る主人公・ジョニー君はとてもヒロインチック。
なんつーか、ヒロインって、自分の復讐とかそういう感情を抱えていたとしても、
他の人が助けを求めている時は自分を省みずに助けようとする、というような『博愛主義=ヒロイン』法則が世に横行していますが、ここまで自分の復讐という感情のみで独走し続けるヒロインさんって珍しいなぁ。
私はこんなシャナイア、好きですけどね。
バトル曲も変化しましたし、物語は後半に入っているようですが(SHは物語後半になるとバトル曲が変化する、というお約束があり)、シャナイア嬢の心に宿る復讐の炎は簡単に消えない様子。
いつかは『憎しみだけじゃ何も生まれない』と諭されるイベントがあるのかなぁ、という気もしますけど。オババ様もそれっぽいことほのめかしていたし。
それにつけても、今回のSH−NWは主人公とヒロインは、戦闘能力・性格・身長差、どれをとってみてもお互い逆っぽい気が(笑)


一時的反省。+SH簡易プレイ日記・3 

August 01 [Mon], 2005, 23:48
バイトに買い物、ドライブ、飲み、家でのんびり兼ゲーム(笑)……と、
自分的には毎日有意義に過ごしているなぁ☆と密かに満足してたのですが。

夏 休 み の 課 題 は ど う し ま し た ?

今日、学校友と某講習に行ったのですが、学校友さんのお陰で現実に帰りました。
否、帰らざるを得なくなりました。
課題が膨大なのは誰もが一緒。
忙しければ、忙しいなりに、時間を上手く調整して、計画的にやらなきゃなりません。
ですが、解っていながら、私は時間の有効利用がホンットへたくそで、誘惑に激弱。
「まだ大丈夫だよね〜」と根拠の無い自信の基、先延ばしにしまくって
いよいよ切羽詰った時に我に返り、半泣きになりながら課題やらをこなして行くというパターンの繰り返し。
「ギリギリにやる、あの緊迫感がたまんないぜ!」みたいなワイルド人じゃ全然ないのに…。
こんな心臓に悪い状況続けている私はもしかしてマゾなのでしょうか。
いや、違う。ただの学習しないおバカさんですね(涙)
後で泣きをみないように、ぽちぽちやってこう。うん、そうしよう。
……と、今日は殊勝な事を言ってますが、この思いが続かないのもまた真実。
とりあえず今日は、SHプレイして、明日からやろっと。…と思ってる私は全然懲りてません。
ここからは、SH簡易プレイ日記。
リオデジャネイロまで進みました。主要キャラは全員揃ったことになるのかな?
物語は中盤に入った感じです。
なんとなくな予感ですが、ヒロイン・シャナイア嬢の命がどうこうなりそうで怖いです…。
主人公ジョニー君と謎の女性レディの関係も気になります。
…ってか、ぶっちゃけあの二人って姉弟なんじゃ…って気がしますけどね。

そんな主人公ジョニー君ですが。
レベルは上がれど、ひたすら弱いです(涙)
新たな特殊能力を手に入れましたが、なんてことない『掃除機』でした。
……今回の主人公はイロモノキャラ道を目指しているのでしょうか…。
P R
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wlglass-blog
読者になる
Yapme!一覧
読者になる