読書「ミレニアム・ドラゴンタトゥーの女」

May 25 [Fri], 2012, 20:05
昨日、最近映画公開もされたミレニアムドラゴンタトゥーの女っていう本を読みました。
上下組みだったのですが、昨日一日で読みきっちゃいました。
なぜなら面白かったから。
夕方から読み始めて、夜中の4時くらいまでの一気読みでした。
舞台はスウェーデン。
ある一族の闇を、休業中のジャーナリストが暴いていくミステリーなのですが、そこにスウェーデンの女性虐待の現実をおりまぜながら話は進んでいきます。
副題にもなっているドラゴンタトゥーの女は、凄腕のハッカーであり、どんなところからでも情報を引っ張ってこれる天才なのです。
スウェーデンに昔住んでいたお客さんから絶賛されたので買ってみたのですが、一時間ほど読んだところで完全に持っていかれちゃっ村上涼子て止まらなくなってきました。
変態好きの僕としては全ての要素が楽しめました。
映画の方は007のニエルクレイグが主演なので観てみたいのですが、あれだけの分量を2時間ほどの映画に落としこめるかどうかが心配ですが、映画も観てみようと思います。
惜しむらくは、作者がもう亡くなってしまっているということ。
第3部まで出版されていますが、もうこれ以上は読めないんですね。
なので、今日は続きを買いませんでした。
ゆっくり読んでいこうと思います。
そして、何故仕事中にも関わらず一気読みできたのかというと、誰も来なかったから。
一日開けていて、誰も、一人も来なかったから。
お客さんが、誰も、来なかったから。
蚊は何匹か来てた。
血を差し上げた。
いやー、こんなこともたまにはあるんですが、恐ろしいですねえ。
怖いですねえ。
昨日はしおりちゃんはお休みでした。
それで良かったかなって思います。
ゆっくり本も読めたし。
ということでした。
そういえば、しおりちゃんもこのお店に来て2年以上の月日がたちました。
しおりちゃんも今ではこのお店の看板娘になっています。
うちのお客様の中にも、しおりちゃん目当ての方がたくさんいらっしゃいます。
いつも元気で明るく、可愛い彼女はみんなに元気を与えてくれる大事な存在なんですね。
まだ若いのに、色んな方の話をよく聞いて、明るく接していてくれるので僕も安心して料理に専念できます。
最近は彼女に会いに来る男性のお客様でカウンターがいっぱいになることもしばしばです。
ちょっと嫉妬しちゃいますけどね笑今日はしおりちゃんお休みなんですかしおりちゃんがいない日は、そうやって聞いてそのまま帰る人もいます。
肩まで届くくらいの髪を、お店に来たらキュッと後ろで結んで一生懸命仕事をする彼女もそろそろ大学を卒業です。
あたり前の話なんですが、社会人になっちゃうんですよね。
僕は、それまでの時間、うちで楽しくお小遣い稼ぎをしてくれたらいいと思っているんですが、寂しくもあります。
このごろは昼は就職活動が忙しいみたいです。
何がしたいのかそれをしっかりと自分の中で理解していれば、彼女は持ち前の元気と明るさで自分のこれからの人生を切り開いていけると、僕は信じています。
僕に出来ることは見守ることだけです。
彼女が大学を、そして蘭桂坊を卒業するときまで、僕はそっと見守っていようと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wl87ibhvp8
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wl87ibhvp8/index1_0.rdf