カトちゃんで浦野

February 11 [Sat], 2017, 10:05
テレビCMをみかけることもある看護師の転職サイトは、看護師をターゲットにしていて、一般には公開されていない転職先を紹介してくれる場合もあるみたいです。

さらに、求人情報だけに頼っていては、知ることが不可能な転職先の雰囲気まで確認することができるでしょう。

転職をしてしまってから、悔やまないように、転職サイトを使ってください。



他の病院に看護師が転職しようとするには、何から始めるべきでしょう。看護師に限ったことではないですが、転職を望む際には、いろいろな原因があげられるでしょう。家族の転勤や妊娠とか出産といった都合で望む勤務条件が変わったり、労働環境、職場の人間関係への不満など、人によって困ってしまうことがあるはずです。

日本全国の病院等では、長い期間ずっと看護師不足の状態が解消されずにいます。そのため、就転職に関して看護師は極端な売り手市場だということができます。
看護師資格を取得していれば、自分の希望条件や適正に合った職場を割と容易に選ぶことができます。
食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、たやすい部類に入るのではないでしょうか。
そして、看護師を育てる専門機関はいくつか種類があるのですけれど、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。同じ病院に長く勤務していると昇進します。例えば、婦長という階級は分かりやすい役職ですが、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。



最近では、学生やパートの看護師も珍しくなくなってきましたから、資格を持った正看護師という地位も上の役職であることは理解できると思います。
当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。免許が必要な専門職である看護師は医療や介護など、様々な場面で求められています。
そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、丁寧に探してみれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。



近頃ではインターネット上に求人サイト、それも看護師専門のものが増えてきていますから、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。
看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、そうした規定に沿って支払われます。



一方、個人経営の病院になると、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。

どうしても、看護師という職業においては煙草を嗜む人が多くない印象がありますが、やはり平均的な禁煙率よりも、看護師の喫煙率は少ないそうです。病院で勤める以上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、自主的に禁煙している人が多い職業であるということが理解できると思います。「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。

双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。


漢字で表現した場合、どちらかで書き表されます。

昔は「看護士」が男性、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。それが、2001年に法律が改正され、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な看護師の呼び名に一元化しました。



看護師は挑戦しがいのある仕事だと多くの人がいいますどんな仕事でも一対一で人とかかわることが少ない傾向にあります。他方、看護師は他人と深く交わることができ、支えることができるという意味においてやってやろうと思う方が大勢いるのでしょう。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:輝
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる