医師の診断・処方箋が必要

May 02 [Fri], 2014, 23:54
日本では米国での市販から間もない同年6月頃より、狭心症を患ってニトログリセリンなどの硝酸塩薬を服用している者(主に高齢者)が個人輸入で入手して性行為を行った直後に心停止に陥り死亡する事例が数件発生した。このため安全性を図るべく医師の診断・処方箋が必要となる医療用医薬品として正規販売する運びとなり、厚生省は副作用死(薬害)抑止の観点もあり国内での臨床試験を実施せず米国の承認データを用いるスピード審査を敢行し、1999年1月25日に製造承認、3月23日よりファイザーから医療機関向けに販売された。
ドイツのロマン主義文学はゲーテの作品や疾風怒濤期の作品から理論の形成に大きな影響を受けたが、ゲーテ自身はロマン主義に批判的であった。
ドイツ文学におけるロマン主義運動は北部のイエナを中心とした。
イエナにはワイマール公国の宰相でもあるゲーテの政策によって、国内を代表する学者たちが教授として招かれていた。ドイツの初期ロマン派(ドイツ・ロマン派、イエナ・ロマン派)の文学者には文学誌「アテネーウム」を主宰したシュレーゲル兄弟、ティーク、ノヴァーリスなどがいる。イエナのサークルにはゲーテ、シラー、シュライエルマッハー、フィヒテ、シェリングが関わった。
またこのサークルには加わらなかったが、ヘルダーリンもイエナでフィヒテの講義を聴講している。この初期ロマン派は哲学への志向を持った。この傾向はシュレーゲルに強く近代の特徴的所産としてフランス革命・フィヒテの知識学・ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスター』を挙げている。
しかしこの文学者からの接近は哲学者からは必ずしも歓迎されなかった。シュレーゲルはイエナ大学で哲学の講義を行ったが、哲学界からは黙殺された。またヘーゲルやシェリングはシュレーゲルの思想を浅薄なものと非難している。
しかしフィヒテの後期知識学や、シェリングの後期哲学(積極哲学)には明確にロマン主義の影響が認められる。
人間の研究のうちでも特に人間行動にかかわる分野を行動科学と称し、別個に学問の分類に加える場合がある。
この場合、教育学、心理学、社会学、宗教学などは人文科学でなく行動科学に分類される。これは学問手法による分類でなく、学問の目的・対象による分類である。
ただし、人文科学という語が揶揄的に用いられる場合を除いて、実際に研究者が自分の学問が自然科学か人文科学か社会科学かという事にこだわることはなく、あくまで分類上の問題である。
研究者は自分の興味に基づいてテーマを選択し、目的に応じて手段を選ぶからである。
これらのドイツ観念論とは異なる哲学的思索については、後にヴァルター・ベンヤミンが芸術批評の思想として発掘し、カール・ハインツ・ボーラーなどにより積極的に評価された。哲学史的意味においてこの時期の古代ギリシア研究にアポロンと対置されたディオニュソス的な存在を見出した影響は大きく、ニーチェらがこの分類を用いたほか、世紀末芸術等にモチーフが受け継がれた。
彼らのグループ・イェナロマンティカーは各人の転居や死などにより1800年には解消した。後にベルリンのアルニムらによるサロンを中心とする小説家群が輩出された。
この文学者群を後期ロマン主義と呼び、グリム兄弟、シャミッソー、ホフマンらが挙げられる。
人文学(じんぶんがく、英語: humanities)とは、学問の分類の一つ。
一般には自惚れなどとも同一視されるが、ここでは社会心理学における自己の概念に関連して高揚もしくは維持されようとする態度、あるいは精神医学(QOL)上の『ありのままの自己を尊重し受け入れる』態度とする。
広義には自然学が学問的対象とする自然(nature)に対して、人間・人為の所産 (arts) を研究対象とする学問であり、またそれを可能にする人間本性(human nature)を研究する学問である。
社会における人間のさまざまな行動は時に構造的な原因ではなく個人的な原因によって左右される場合がある。ここで問題となるのはそのような個人の行動を決定している自己(self)の状態である。
自己には誰でも直感的に自覚できる主体としての自己(self as knower)と身体や役割などから属性として評価することができる客体としての自己(self as known)があるが、心理学者ウィリアム・ジェームズは客体としての自己を取り上げて分析している。
ジェームズによれば、自己には身体や家族、住居など生理的欲求の充足に関連している物質的自己、名誉や羨望など社会的欲求の充足に関連している社会的自己、そして知性や道徳など知的欲求の充足に関連している精神的自己の領域がある。そして、これらのうちどの領域を最も重要な自己概念として選択するかによって自尊心は決定される。ジェームズは自尊心=成功(success)/願望(pretensions)という定式化によって自尊心は分母となる願望の水準と成功の水準によって規定されると論じた。
この定式は一般に大きな成功を収めていたとしても、願望がより大きければ自尊心の水準が低くなることを表している。
これは学問を人文科学と自然科学に二分する分類法で、この場合、社会科学は人文科学に含まれる。
一方、社会を人間と対比された形で一個の研究対象と見るとき、学問は人文科学・社会科学・自然科学に三分される。こちらの方が、今日では一般的である。
シュレーゲルの友人であるスタール夫人によりドイツのロマン主義はその源流であるフランスに紹介された。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wkfhad
読者になる
2014年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/wkfhad/index1_0.rdf